2018年8月10日 (金)

Colemanツーバーナー MODEL5435 レストア

 友人から無償でいただいたプロパン仕様のツーバーナー、貰ったときからかなりの使用感があったものの、使うには支障がないので私は満足していました。

 ところが、今年6月のキャンプ時に女房が繁々と覗き込んで一言、「悲しいね」。

 確かにレンジは油汚れが激しく焼け付き、ケースもサビとか塗装の剥げが目立ちます。

 レストア前に写真を撮っていなくて、キャンプ時に偶然写り込んでいたのが下の写真です。

P1030021

 レンジ部分の汚れが凄いですね。

 で、分解してワイヤーブラシでこすってみると、意外と簡単に汚れが落ちます。

Dsc_3444

 この時点で「しまった、レストア前の写真を撮っていない」と気付きました。(^^;

 ワイヤーブラシで焼き付いた汚れを落とした後、純石鹸と重曹で磨きましたが、黒いシミは錆なのか取れません。

Dsc_3460

 ケースも油汚れが酷かったので純石鹸でこすったら、何と塗装が剥げてしまいました。(T_T)

Dsc_3462

 仮に組み立ててみましたが、あんまりです。

Dsc_3464

 こうなったら全塗装しかありません。(^^;

 レンジ部分には、アサヒペンのつや消し銀の耐熱塗料を買いました。

P1030989

 バーナーと点火装置をマスキングして塗装すると、何ということでしょう、まるで新品のような輝きが戻りました。(^^)

P1030991

 ケースもマスキングして塗装します。

P1030993

 オリジナルの塗装はかなり暗いグリーンで、ホームセンターで探してみましたが同じような色は見つかりませんでした。

 そんな中、一番暗い緑だったのがアスペン(アサヒペン)のローングリーンです。

P1030996

 下の写真、左側がオリジナルの塗装で、右側がローングリーンですが、かなり明るくなってしまいそう。(^^;

P1030999

 塗料が乾いたところで組み立てて着火してみました。

P1040012

 まるで新品じゃないですか。(^^)

 色についても、こんなコールマンあるよねと思える色合いです。(^^)

 来月、再デビューします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

FIAMMA Rain Guard

 キャンピングトレーラーのサイドオーニング、壁との間に若干の隙間があるために雨が降ると隙間から雨が入り、トレーラーの壁際に置いたバーナーや踏み台、靴などが濡れることがあります。

P1030946

 色々とオーニングのパーツなどをショップのサイトで見ていて、これはいいかもと思ったのがフィアマレインガードでした。

Rainguard

 トレーラーに付けているオーニングはFIAMMA F1s 2.6mですが、レインガードは1m単位の切り売りのため3m購入しました。

P1030944

 ちょっと苦労しつつも付け終わると、何とレインガードが浮き上がっていて隙間がたっぷりあります(^^;

P1030949

 FIAMMAの画像と比較するとオーニングの取り付け位置が大きく異なり、オーニング本体の上部が屋根の高さとほぼ同じで、しかも少し外側に傾いています。

 真っ直ぐ上からとか、写真の右方向からの雨ならいいけど、左から吹き付けると雨を集めるかも。(^^;

 今は寒くてレインガードの素材がカチカチだけど、夏になると柔らかくなって屋根にくっ付くかなぁと淡い期待。(^^;

 重石を載せて強制的に癖を付けなきゃだめかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

HOPE MANASLU 121

 物置整理第2弾はケロシンストーブのHOPE MANASLU 121です。

P1030508

 私が持っているのは青缶ですが、何時購入したのか記憶に残っていません。

 これの前は赤缶だったようですが、何年から青缶に変わったのかと調べても分かりませんでした。

 高校生時代は山岳部の備品のスベアとかホエーブスを使っていて、その流れでMANASLU 121を購入したのですが、大学生時代だったのか、社会人になってからなのか覚えていません。

 女房に聞くと結婚した後ではないと言うので、1979年よりも前であることは間違いなさそうです。(^^;

 このストーブ、最後に使ったのはハリケーンランタン DIETZ NO.20を購入した1988年だったことはハッキリと覚えています。

 初めて子供をキャンプに連れて行ったときに使ったのですが、回りのキャンパーがコールマンのツーバーナーやシングルバーナー、ガスストーブなどを使っていて、登山とキャンプではこんなに道具が違うのかとても驚きました。

 この後、すぐにコールマンのツーバーナーを購入したので出番はなくなってしまったのです。

 でもこのキャンプの時、隣のサイトの方がコールマンのシングルバーナーが故障して困っていたのですが、我が家は既にご飯が炊き上がっていたのでMANASLUを貸してあげました。

 さて、物置から発掘した缶の蓋を開けると懐かしい姿が現れました。(^^)

P1030509

 缶の中には全ての部品が欠けることなく入っていました。

P1030540

 HOPE MANASLUのロゴの入ったスパナとmanasluと刻印されたニップル清掃用のニードル。

P1030541

 ジョウゴにはHOPEのロゴ。

P1030545

 ジョウゴが割れていましたが、使用する分には問題ありませんでした。

P1030560

 バーナーの底が変形し、鉛パッキンも傷だらけです。

P1030549

 風防をちょっとこすってみました。

P1030555

 さて点火してみます。

 まずタンクに残っていた灯油を抜きましたが、29年を経過した灯油は黄色く変色しています。

P1030519

 ひょっとすると燃えるかもしれないので、来年のキャンプの時に焚き火で処分することにします。(^^;

 ポンピングするとスカスカ。(笑)

 皮製のポンプカップはカチンコチンに固くなっています。

P1030522

 コールマンのリュプリカントをタップリまぶし、ラジオペンチで揉み揉みしたら柔らかくなりました。

P1030524

 このリュプリカント、実は29年前に購入したもので、当時は安かったんですね。(^^;

 しかも買ったのはviviホームという地元のホームセンターですが、懐かしすぎます。

 ニップルを清掃し、灯油を入れてポンピングすると圧が掛かって灯油が噴き出しました。

P1030525

 そうだった、このストーブにはバルブが無いのでした。(^^;

 受け皿にアルコールを入れて予熱。

P1030530

 アルコールが燃え尽きる直前にポンピングすると見事に着火しました。(^^)

P1030533

 少し赤い炎が出るのは、ニップルの清掃不足かタンクに残っていた古い灯油のせいなのかは不明です。

 ピカールで磨くと綺麗になりそうですが、使い込んだ感があった方がいいのかなぁ。

 悩みます。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

ハリケーンランタン DIETZ NO.20

 キャンプが本格的になるにつれ、コールマンのガソリンランタン、プロパンランタンとパワーアップしてきましたが、最近はコールマンのルミエールとか、スノーピークのノクターンといった炎だけのランタンの暗い炎が焚き火とお酒にピッタリで、夜更けには好んで使っています。

 そんな折、物置の整理をしていると古いランタンが出てきました。

 ホヤが汚れきったハリケーンランタン DIETZ NO.20です。

P1030504a

 学生時代は山岳部にいて、夜の照明はキャンドル(蝋燭)が当たり前と思っていましたが、結婚して子供が出来て初めてキャンプに行くときに、流石にキャンドルは無理だろうと29年前(1988年)に買ったものです。

 その頃は照明はキャンドルが普通と思っていたので、ハリケーンランタンを買ったのは物凄く画期的だったのですが、いざキャンプ場に行ってみると「コー」という音と眩い灯りのガソリンランタンの存在を知り、ハリケーンランタンはすぐに使うことが無くなってしまいました。

 埃に塗れたハリケーンランタンが出てきたとき、懐かしい思いとともに、これの灯りでお酒を飲んだら美味しいだろうなぁと。(^^)

 買った当時は商品名を気にすることも無かったのですが、ホヤには「DIETZ」と刻印されています。

P1030512a

 品番は「DIETZ NO.20」で購入した当時はエバニューが販売していたのですね。

P1030513a

 背面には「JUNIOR」と書かれています。

P1030516a

 上部には「MADE IN HONG KONG」とあります。

P1030518a

 ホヤを磨き、平芯を整えて着火してみると、おお~!いいじゃないですか。(^^)

P1030538a

 またキャンプの荷物が増えてしまうな。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

Dometic RMS 8400 イグナイター電池交換

 我が家のキャンピングトレーラーの冷蔵庫は、Dometic RMS 8xx0シリーズの8400が装備されています。

P1030368

 牽引時はDC12Vで使用することになっていますが、長時間の移動時には冷却能力に限界があって冷凍庫のものが融けてしまうため、禁止事項ですがガスで冷却しながら走っています。(良い子は真似しないこと(笑))

 今年のGWのキャンプから戻る時、ガスに切り替えたものの電池が切れたのかイグナイターから火花が出ず、仕方なくDC12Vで帰ってきました。

 自宅に戻ってから、電池を交換するために付属のマニュアルを読むと時計回りに90度回すと書いてあります。

P1030373

 冷蔵庫上部の銀色のボタンを親指で押しながら時計回りに回してもビクともしません。

P1030363

 押し方が足りないのかと力一杯押し込んで回しても回らず、親指の皮が剥けそうです。(^^;

 滑るからだろうと、キッチンの瓶詰の蓋を開けるゴムを当てても回らず、太めの輪ゴムをマジックインクのお尻に当てても回りません。

 暫く格闘したけれど回らず、きっと何かコツがあるに違いないとネットで調べましたが、電池交換の記事は見つかりません。

 Dometicのウェブサイトを探すと、冷蔵庫の8 SERIESのサポートページにマニュアルがあったので、どうせ同じものだろうと思いつつ一応読んでみました。

 そうしたら、な、何と以下の説明があります。

Manual1

 反時計回り? おいおい、付属のマニュアルとは逆じゃないの!(-"-)

 試しに反時計回りに回してみました。

 思いっきり強く押しながら回しても回りません。

 ひょっとしたらと軽く押しながら回すと、スルッと回って外れました。

P1030359

 今までの努力は何だったんだ。(-"-)

 マニュアルに嘘を書くなよぉぉ。(T_T)

 電池は単四1本で、+側を筒に差し込む形になっています。

P1030361

 電池を交換し、軽く押しながら「時計回り(-"-)」に回してセット完了。

 押すと元気に火花の飛ぶ音が聞こえます。

 めでたしめでたし。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

なんちゃってSnow Peak竹テーブル作成

 キャンプで使っているマイテーブルは相当昔に買ったCAPTAIN STAGの製品で、使えない訳ではありませんが、合板の天板の縁がささくれ立ってきているし、傷も酷くて新しいのが欲しいなぁとずうっと悩んでいました。

P1030303

 欲しかったのはSnow Peakの「Myテーブル 竹 . LV-034T」ですが、税込価格が10,584円で夫婦で揃えると21,168円にもなり、小さなテーブルにそこまで出せないしなぁと。

 で、Snow Peakの製品を見ていて目に付いたのが「ウッドテーブルW竹 . CK-126T」(税込5,940円)で、本来はアイアングリルテーブルにセットして使用する天板のみの商品です。

 眺めているうちに閃きました。

 サイズは500×360×12。

 CAPTAIN STAGのテーブルを計ってみると600×300×12。

 面積は同じだ。(笑) しかもLV-034T(450×300)より広い。

 ひょっとして、CAPTAIN STAGのテーブルの脚を移植して使えるんじゃない?

 脚と付属の金具を計ると、何とか行けそうな感じ。(^^)

P1030304

 そんな折、スポーツオーソリティから新年セール15%オフのDMが届き、今がチャンスと1月に天板を2枚購入しておきました。

P1030296

 GWのキャンプまで1ヶ月を切ったので、まだ寒いけれど工作に取り掛かりました。

 CAPTAIN STAGの脚の位置を計測し、CK-126Tに線を引いて金具の位置決めをします。

P1030305

 古いテーブルから外したネジを締めていて事件発生!

 ネジが空回りしたので板のネジ穴を舐めてしまったと思ったら、ネジが劣化していたのか、ネジそのものがねじ切れてしまいました。(@_@。

P1030306

 ドリルで切れて残ったネジに穴を開けてみましたが、適当なサイズのタッピングネジが手元にないので、後日修理することにしました。(^^;

 さて脚の取り付けと、外した脚を置いてみると何かが変で収まりが良くありません。

 元はどうだったかなと別のテーブルを見てみると、天板の長さが100mm短くなったために取り付け部を天板に収めると、折りたたんだ脚がきちんと収まらないことが判明しました。(^^;

P1030307

 ま、使う時には支障がないので良しと。(笑)

 脚のネジを締めていてまたもや事件発生。

 そう、ネジがねじ切れました。(笑)

P1030313

 ドリルドライバーのトルクを16にしていてねじ切れたのですが、14だと大丈夫のようです。

P1030317

 しかし、ネジそのものがねじ切れるというのは初めての経験だなぁ。(^^;

 脚が見えなければSnow Peakの製品のような出来栄え。(^^)

P1030310

 脚にはサビが浮いているので、そのうちに磨きます。(^^;

P1030311

 2台目はネジを切ることなくスムーズに作業が終わりました。

P1030318

 2台で材料費10,098円也。(^^)

 欲しかったテーブルが2台で21,168円もするので、ほぼ半額。(笑)

 脚を取られてしまった2枚の天板、きっと何かの役に立つときが来るでしょう。(^^)

P1030319

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

Logmatic LM-250で薪割り

 キャンプで使う焚き火用の薪、細く割るためにキンドリング・クラッカーを購入しましたが、実は昨年の11月にLogmatic LM-250という薪割りグッズも買っていました。

P1030098

 手斧では大変なので購入したのですが、キンドリング・クラッカーを買ったのでLogmatic LM-250はキンドリング・クラッカーに入らない太い玉切りの薪割り専用に使います。

 薪は良く乾燥させた方が割やすそうに感じますが、どうやら広葉樹の場合は乾燥すると強度が増すらしく、昨年の秋に伐採した楓は早く割ってから乾燥させた方が良さそうです。

 ということで、早速玉切りの薪割りに挑戦してみました。

 YouTubeなどで見ると、薪を古タイヤの中に入れてバカバカと割るのが楽そうですが、古タイヤを調達するのは面倒だし、保管も場所を取るのでゴムベルトで纏めても行けそうです。

 ホームセンターで3mのフック付のゴムベルトを買い、玉切りにした薪を3個束ね、突き抜けたときにアスファルトを傷めないように合板の上に置きました。

P1030284

 斧と違って狙いを外す心配はまったくありませんが、思ったよりもパカッとは割れず、結構な運動になりました。

 音も結構大きく、窓を開ける夏場だと使いずらいですね。(^^;

 斧で割るのとどっちが楽かわかりませんが、比較するために斧を買う訳にも行かず、私はLogmatic LM-250で頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

キンドリング・クラッカーを板にセット

 今日は暖かい(+0.7度)し、二日酔いでどこにも行けない(笑)ので、外で工作をしました。

P1030256

 キンドリング・クラッカーを集成材に固定するための位置決め。

P1030258


 8mmのボルトを通すための穴開け。

P1030259


 ボルトの頭が床に当たらないようにするのと、集成材の補強を兼ねてゲタを履かせました。

P1030261


 ボルトでしっかりと固定します。

P1030262


 底はこんな感じ。

P1030263


 早速割ってみました。

P1030264


 最後は初Youtube。(^^;

 昨年秋に切り倒した楓の生木も割れました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

KINDLING CRACKER

 BE-PALの3月号を読んでいると魅力的な商品が紹介されていました。

 その名はキンドリングクラッカー。

 キャンブ用の薪は林業の友人から暖炉用のものを分けてもらっていますが、そのまま焚き火台に入れるにはちょっと太いのです。

 そのため手斧で割っているのですが、結構狙いが外れます。(^^;

 もっと簡単に割れるものはないかなぁと思っていたので、「これは素晴らしそうだ!」と飛びつきました。

 BE-PALで読んだ人が大量に注文して品薄になるかもしれないと、速攻でポチッ。(笑)

Dsc_0706


 キャンプシーズンが始まる前に台座を作らなければなりませんが、パイン材の集成材あたりで何とかなるだろうと安直に考えています。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

Coleman FRONTIER PZ LANTERN

 キャンプシーズンはまだ先ですが、ランタンを新調しました。(^^)

 購入したのはコールマンのフロンティアPZランタン。

P1030215


P1030217


 燃料はガスで、約108CP、80W相当とガソリンランタンほどは明るくありません。

 個別に流し台の付いているオートキャンプ場で、手元を照らすのに利用します。

 実は同じようなランタンを持っています。

 知る人ぞ知る「555ランタン」(GF-120)です。

P1030219


P1030220


 パソコン通信全盛期の頃に関東方面のホームセンターで売られていて、価格は確か980円だったと記憶しています。

 残念ながら北海道では売っていなくて、毎年北海道にキャンプにやって来る千葉県のしもさんにお願いして陸送してもらったものです。

 壊れている訳ではないのですが、ちょっと暗いのでちゃんとした(笑)ランタンを買いました。

 点火するかを確認するため、ガスカートリッジに取り付けてマントルをカラヤキし、いざ点火・・・。

 ガスが出ません。(^^;

 何日も-20度以下になる物置に置いてあったため、まったく気化しないようです。(笑)

 マントルを壊さないようにそっと本体を外し、カートリッジをお湯で温め、暖房の効いた玄関ホールで点火すると見事に点灯しました。(当たり前(^^;)

 555ランタンと比較するとかなり明るく、見ていると目が痛くなりそうです。

P1030224


 マントルが小さいから暗いのかなと思っていましたが、同じマントルを使用していても随分と明るさが違います。

 555ランタンはガスの出が悪くなっているのかもしれません。

 ちなみにカートリッジのメーカーは違っていますが、中身は同じカセガスを再充填したものです。(自己責任)

 さて、暗い555ランタンはどうしようかな。

 ランタンコレクションの一つとして保存しておきますか。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧