2017年5月 9日 (火)

Dometic RMS 8400 イグナイター電池交換

 我が家のキャンピングトレーラーの冷蔵庫は、Dometic RMS 8xx0シリーズの8400が装備されています。

P1030368

 牽引時はDC12Vで使用することになっていますが、長時間の移動時には冷却能力に限界があって冷凍庫のものが融けてしまうため、禁止事項ですがガスで冷却しながら走っています。(良い子は真似しないこと(笑))

 今年のGWのキャンプから戻る時、ガスに切り替えたものの電池が切れたのかイグナイターから火花が出ず、仕方なくDC12Vで帰ってきました。

 自宅に戻ってから、電池を交換するために付属のマニュアルを読むと時計回りに90度回すと書いてあります。

P1030373

 冷蔵庫上部の銀色のボタンを親指で押しながら時計回りに回してもビクともしません。

P1030363

 押し方が足りないのかと力一杯押し込んで回しても回らず、親指の皮が剥けそうです。(^^;

 滑るからだろうと、キッチンの瓶詰の蓋を開けるゴムを当てても回らず、太めの輪ゴムをマジックインクのお尻に当てても回りません。

 暫く格闘したけれど回らず、きっと何かコツがあるに違いないとネットで調べましたが、電池交換の記事は見つかりません。

 Dometicのウェブサイトを探すと、冷蔵庫の8 SERIESのサポートページにマニュアルがあったので、どうせ同じものだろうと思いつつ一応読んでみました。

 そうしたら、な、何と以下の説明があります。

Manual1

 反時計回り? おいおい、付属のマニュアルとは逆じゃないの!(-"-)

 試しに反時計回りに回してみました。

 思いっきり強く押しながら回しても回りません。

 ひょっとしたらと軽く押しながら回すと、スルッと回って外れました。

P1030359

 今までの努力は何だったんだ。(-"-)

 マニュアルに嘘を書くなよぉぉ。(T_T)

 電池は単四1本で、+側を筒に差し込む形になっています。

P1030361

 電池を交換し、軽く押しながら「時計回り(-"-)」に回してセット完了。

 押すと元気に火花の飛ぶ音が聞こえます。

 めでたしめでたし。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

なんちゃってSnow Peak竹テーブル作成

 キャンプで使っているマイテーブルは相当昔に買ったCAPTAIN STAGの製品で、使えない訳ではありませんが、合板の天板の縁がささくれ立ってきているし、傷も酷くて新しいのが欲しいなぁとずうっと悩んでいました。

P1030303

 欲しかったのはSnow Peakの「Myテーブル 竹 . LV-034T」ですが、税込価格が10,584円で夫婦で揃えると21,168円にもなり、小さなテーブルにそこまで出せないしなぁと。

 で、Snow Peakの製品を見ていて目に付いたのが「ウッドテーブルW竹 . CK-126T」(税込5,940円)で、本来はアイアングリルテーブルにセットして使用する天板のみの商品です。

 眺めているうちに閃きました。

 サイズは500×360×12。

 CAPTAIN STAGのテーブルを計ってみると600×300×12。

 面積は同じだ。(笑) しかもLV-034T(450×300)より広い。

 ひょっとして、CAPTAIN STAGのテーブルの脚を移植して使えるんじゃない?

 脚と付属の金具を計ると、何とか行けそうな感じ。(^^)

P1030304

 そんな折、スポーツオーソリティから新年セール15%オフのDMが届き、今がチャンスと1月に天板を2枚購入しておきました。

P1030296

 GWのキャンプまで1ヶ月を切ったので、まだ寒いけれど工作に取り掛かりました。

 CAPTAIN STAGの脚の位置を計測し、CK-126Tに線を引いて金具の位置決めをします。

P1030305

 古いテーブルから外したネジを締めていて事件発生!

 ネジが空回りしたので板のネジ穴を舐めてしまったと思ったら、ネジが劣化していたのか、ネジそのものがねじ切れてしまいました。(@_@。

P1030306

 ドリルで切れて残ったネジに穴を開けてみましたが、適当なサイズのタッピングネジが手元にないので、後日修理することにしました。(^^;

 さて脚の取り付けと、外した脚を置いてみると何かが変で収まりが良くありません。

 元はどうだったかなと別のテーブルを見てみると、天板の長さが100mm短くなったために取り付け部を天板に収めると、折りたたんだ脚がきちんと収まらないことが判明しました。(^^;

P1030307

 ま、使う時には支障がないので良しと。(笑)

 脚のネジを締めていてまたもや事件発生。

 そう、ネジがねじ切れました。(笑)

P1030313

 ドリルドライバーのトルクを16にしていてねじ切れたのですが、14だと大丈夫のようです。

P1030317

 しかし、ネジそのものがねじ切れるというのは初めての経験だなぁ。(^^;

 脚が見えなければSnow Peakの製品のような出来栄え。(^^)

P1030310

 脚にはサビが浮いているので、そのうちに磨きます。(^^;

P1030311

 2台目はネジを切ることなくスムーズに作業が終わりました。

P1030318

 2台で材料費10,098円也。(^^)

 欲しかったテーブルが2台で21,168円もするので、ほぼ半額。(笑)

 脚を取られてしまった2枚の天板、きっと何かの役に立つときが来るでしょう。(^^)

P1030319

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

Logmatic LM-250で薪割り

 キャンプで使う焚き火用の薪、細く割るためにキンドリング・クラッカーを購入しましたが、実は昨年の11月にLogmatic LM-250という薪割りグッズも買っていました。

P1030098

 手斧では大変なので購入したのですが、キンドリング・クラッカーを買ったのでLogmatic LM-250はキンドリング・クラッカーに入らない太い玉切りの薪割り専用に使います。

 薪は良く乾燥させた方が割やすそうに感じますが、どうやら広葉樹の場合は乾燥すると強度が増すらしく、昨年の秋に伐採した楓は早く割ってから乾燥させた方が良さそうです。

 ということで、早速玉切りの薪割りに挑戦してみました。

 YouTubeなどで見ると、薪を古タイヤの中に入れてバカバカと割るのが楽そうですが、古タイヤを調達するのは面倒だし、保管も場所を取るのでゴムベルトで纏めても行けそうです。

 ホームセンターで3mのフック付のゴムベルトを買い、玉切りにした薪を3個束ね、突き抜けたときにアスファルトを傷めないように合板の上に置きました。

P1030284

 斧と違って狙いを外す心配はまったくありませんが、思ったよりもパカッとは割れず、結構な運動になりました。

 音も結構大きく、窓を開ける夏場だと使いずらいですね。(^^;

 斧で割るのとどっちが楽かわかりませんが、比較するために斧を買う訳にも行かず、私はLogmatic LM-250で頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

キンドリング・クラッカーを板にセット

 今日は暖かい(+0.7度)し、二日酔いでどこにも行けない(笑)ので、外で工作をしました。

P1030256

 キンドリング・クラッカーを集成材に固定するための位置決め。

P1030258


 8mmのボルトを通すための穴開け。

P1030259


 ボルトの頭が床に当たらないようにするのと、集成材の補強を兼ねてゲタを履かせました。

P1030261


 ボルトでしっかりと固定します。

P1030262


 底はこんな感じ。

P1030263


 早速割ってみました。

P1030264


 最後は初Youtube。(^^;

 昨年秋に切り倒した楓の生木も割れました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

KINDLING CRACKER

 BE-PALの3月号を読んでいると魅力的な商品が紹介されていました。

 その名はキンドリングクラッカー。

 キャンブ用の薪は林業の友人から暖炉用のものを分けてもらっていますが、そのまま焚き火台に入れるにはちょっと太いのです。

 そのため手斧で割っているのですが、結構狙いが外れます。(^^;

 もっと簡単に割れるものはないかなぁと思っていたので、「これは素晴らしそうだ!」と飛びつきました。

 BE-PALで読んだ人が大量に注文して品薄になるかもしれないと、速攻でポチッ。(笑)

Dsc_0706


 キャンプシーズンが始まる前に台座を作らなければなりませんが、パイン材の集成材あたりで何とかなるだろうと安直に考えています。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

Coleman FRONTIER PZ LANTERN

 キャンプシーズンはまだ先ですが、ランタンを新調しました。(^^)

 購入したのはコールマンのフロンティアPZランタン。

P1030215


P1030217


 燃料はガスで、約108CP、80W相当とガソリンランタンほどは明るくありません。

 個別に流し台の付いているオートキャンプ場で、手元を照らすのに利用します。

 実は同じようなランタンを持っています。

 知る人ぞ知る「555ランタン」(GF-120)です。

P1030219


P1030220


 パソコン通信全盛期の頃に関東方面のホームセンターで売られていて、価格は確か980円だったと記憶しています。

 残念ながら北海道では売っていなくて、毎年北海道にキャンプにやって来る千葉県のしもさんにお願いして陸送してもらったものです。

 壊れている訳ではないのですが、ちょっと暗いのでちゃんとした(笑)ランタンを買いました。

 点火するかを確認するため、ガスカートリッジに取り付けてマントルをカラヤキし、いざ点火・・・。

 ガスが出ません。(^^;

 何日も-20度以下になる物置に置いてあったため、まったく気化しないようです。(笑)

 マントルを壊さないようにそっと本体を外し、カートリッジをお湯で温め、暖房の効いた玄関ホールで点火すると見事に点灯しました。(当たり前(^^;)

 555ランタンと比較するとかなり明るく、見ていると目が痛くなりそうです。

P1030224


 マントルが小さいから暗いのかなと思っていましたが、同じマントルを使用していても随分と明るさが違います。

 555ランタンはガスの出が悪くなっているのかもしれません。

 ちなみにカートリッジのメーカーは違っていますが、中身は同じカセガスを再充填したものです。(自己責任)

 さて、暗い555ランタンはどうしようかな。

 ランタンコレクションの一つとして保存しておきますか。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

伐採した木などを玉切りにしました。 2016.11.26

 まずはチェーンソーのソーチェーン(ややこしい)を交換し、地面から2mほど残っていた楓の幹を切りました。

 新品のソーチェーンの切れ味は素晴らしく、安価なのにこんなに切れるようになるのなら、2年ごと位に交換しても良さそうです。

 楓の幹は、最初から薪サイズに玉切りにしました。

P1030127

 切り株は取りようがないので放置。(^^;

P1030126


 ガーデンシュレッダで処理できなかったサイズの枝なども切りました。

P1030130


 写真の自作折畳式薪切り台、結構役立っています。(^^)

 取り敢えず家の南側の壁際に置きましたが、時間を見て移動させ、数年乾燥させる予定です。

P1030135


 ついでに、薪棚に入れてあった長めの幹などを引っ張り出し、こちらも玉切りにしました。

P1030131


 昔、当時の上司が庭木を整理したときに貰ったもので、桜、オンコ、松などは良かったのですが、ちょっと困ったのはナナカマド。(笑)

 貰った時の生木はめちゃくちゃ重たくて、これはそう簡単に燃えないだろうなと思っていました。

 ところが、7年ほど放置しておいたら凄く軽くなっており、チェーンソーで切った感触も柔らかく、ひょっとすると良く燃えるかもしれません。(^^)

 乾燥した玉切りは薪棚の奥に入れ、既に割ってある薪を前に出しましたが、この分だと玉切りにした薪の出番は暫くないかも。(^^;

P1030134


 来シーズンのキャンプではガンガン燃やさないと在庫が処理し切れませんね。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

Coleman Season's Lantern 2015 Limited Edition Model 2000021976 ターコイズ

 コールマンのシーズンランタン、昔はLimited Editionとだけ言っていて、最初に購入したのは1993年モデルでした。

 その次に購入したのは2012年モデルで、その後に1954年製のヴィンテージモデルも購入し、ガソリンランタンは4台になっていて、もうこれ以上は買わないつもりでいました。

 実際、2013年モデル、2014年モデルとチェックはしていたものの、これ以上あってもなぁとパスしてきました。

 2015年モデルが発表になったときも、チラッと見ただけで買うつもりはありませんでした。

 先週、女房がBE-PALを買ってきたのですが、後ろの方に2015年モデルのグローブの写真が載っていました。

 な、何と、クラシックなキャンピングトレーラーが描かれているじゃありませんか。

 ほ、欲しい。

 シーズンランタンはどこのサイトも定価販売ですが、ヨドバシだと10%のポイントが付きます。

 何々?「在庫残少 ご注文はお早めに!」だって?・・・・・ポチッ。(^^;

 ということで、今日届きました。(^^)

 外箱のデザインもクラシカルです。

Dsc04062

 ちょっと派手な色のクラムシェル。

Dsc04064

 ジャジャーン。本体は淡いターコイズブルーです。

Dsc04068

 グローブにはクラシックなアメ車。

Dsc04071

 そして、心を動かされたキャンピングトレーラーが連結されています。

Dsc04076

 キャンプのセッティングをする男性と、犬と遊んでいる女性。

Dsc04074

 デカールは今までに無いタイプ。

Dsc04072

 来シーズンのキャンプが楽しみだなぁ。(^^)

SONYα900 + SONY 50mm F1.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

トレーラーにバックカメラ 配線編

 バックカメラのトレーラー内部の配線を行いました。

 アドリアの上部収納の内部を覗きこむと、配線に適した穴や配線のモールがあるので、それを利用することにしました。

Cimg5915

 モールに沿ってケーブルを引き込みます。

Cimg5916

 あらら、ここで90度に曲がっていて、その先への配線は難しそう。

Cimg5919

 この先はクローゼットで、穴を開けると赤丸のあたりに出てきそうです。

Cimg5920

 ということで、ヒューズボックスを通す必要がありそうなので、ここに20mmの穴を開けました。

Cimg5921

 モールの曲がり角から真っ直ぐに配線します。

Cimg5926

 目測を誤りました。ヒューズボックスはクローゼット内に残りましたので、穴は6mmで良かった。(^^;

Cimg5927

 Truma Ultraheatのコントローラーの配線用モールに同居させることにして、ついでにAVモニターのモニター部もクローゼット内に取り付けて配線を隠しました。

Cimg5930

 こちらはAVモニターの分流器ユニットですが、正式市販前の超初期型のため、現在販売されているものとは配線図が異なります。

Cimg5962

 下向きに配線していますが、いくらクローゼット内で普段は見えないといえ、ちょっと雑ですね。

Cimg5958

 で、ホームセンターでモールを買ってきました。

Cimg5959

 バックカメラの電源は走行中は常時オンにするため、「エーモン 1293 ロッカスイッチ」をダイネットシートの足元に取付けます。

 まずは20mmの穴を開け、回転止め用の切込みを入れます。

Cimg5936

 スイッチを取り付け、配線をハンダ付けします。

Cimg5938

 工作用のワニ口クリップでバッテリーに接続しました。

Cimg5939

 電源をオンにすると、ブルーのLEDが点灯します。

Cimg5941

 モニターに接続するAVケーブルをフロントトランクまで持って行くため、フロントベッドの下の壁に穴を開けました。

Cimg5935

 トランク側から見た穴とAVケーブルです。

Cimg5932

 プラグをこの位置まで持ってきて、牽引車側から伸ばしてきたAVケーブルと接続すればOKです。

Cimg5933

 ちなみに、赤いプラグはカメラメーカーが製造時にテストのために使用するもので、通常は黄色のプラグに接続します。

 後方の距離の目安となるガイドラインは不要なので、グリーンの線をカットしました。

Cimg5942

 ちなみに白い線をカットすると鏡像から正像に切り替わります。

 牽引車に接続し、動作確認とカメラの上下を調整しました。

Cimg5977_2

 ガイドラインが消えてスッキリしています。

 モニター画面中央の下ギリギリに見える白い丸は目安に置いたガスカートリッジで、横から見るとこの位置にあります。

Cimg5979

 また画面下部に白く写っているのはリヤバンパーで、これでギリギリまで寄せることが可能になりました。

 さて20mmの穴を開けた2ヶ所ですが、特にトランク側は虫の侵入や冷気が入る恐れがあるために埋める必要があります。

 ホームセンターで何かないかと物色すると、こんなものがありました。

Cimg5967

 固まらないということで、まぁ粘土みたいな物ですね。(^^;

 クローゼット内はこんな感じ。

Cimg5970

 トランク内はちょっと雑な仕上がりになりましたが、目的は達成されているので良しと。(^^;

Cimg5973

 最後に、AVケーブルを引き回すためにAフレームのサイド面にコードクリップを貼り付けました。

Cimg5968

 Aフレーム側面。

Cimg5982

 カプラーまで貼り付けました。

Cimg5983

 これでバックカメラの取り付け作業は完了です。

 おまけの作業として、カーポート支柱の反射材を追加しました。

Cimg5981

 奥の赤と手前の白の反射材は上の部分だけだったのですが、トレーラーの後退灯の位置が低いため、それに合わせた高さに追加して貼り付けました。

 最後は盗難防止のためにカプラー部に南京錠を付けました。

 普通の南京錠は長いもので70mm程度と間に合うか微妙だったので、ツルの長さが100mmから160mmまでの可変タイプを購入しました。

Cimg5992

 取付けるとこんな感じ。

Cimg5990

 ツルには黒いビニールの被膜がありましたが、カプラー部の穴にギリギリ入らなかったので、穴に通す部分だけ剥ぎ取っています。

 やっと快適なトレーラーライフの準備が整いました・・・と思ってAフレームのカバーを眺めているうちに、「ここがこうだったらいいな」と、次なる改良欲が湧いてきました。(^^; それはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

トレーラーにバックカメラ 取付け編

 昨年末に入れ替えたキャンピングトレーラー、バックカメラの取り付けがGWに間に合わなかったのですが、痛い・・・じゃなくて、重い腰をよっこらしょと持ち上げて片付けました。

 外壁に穴を開ける必要があるため、天気の良い土日じゃないとまずいですしね。

 まずカメラ本体(new003『M-TECH 2』搭載)ですが、標準(下の写真)のまま垂直面に取り付けると画像が上下逆さまになってしまいます。

Dsc03064

 色々と思考錯誤の結果、ネジを1本諦めてステーを逆にして2本で止めることにしました。

Cimg5856

 使わなかったネジ穴は、貫通しているのか不明なので接着剤を充填しておきました。

 いよいよ穴開けです。失敗は許されません。(^^;

 ハイマウントストップランプの配線が通っていないことを確認し、エンピツで印を付けます。

Cimg5857

 ドリルは、コネクタが通るサイズということで6mmをチョイス。

Cimg5860

 さあ、行くぞぉ。

Cimg5863

 ちょっとバリが残ってしまったけど、問題なし。(^^;

Cimg5894

 内側はこの位置に穴が開きました。ちなみに左の丸いキャップはハイマウントストップランプの配線です。

Cimg5897

 ビニタイの長いのがあったので、内側から外に出し

Cimg5898

 カメラを仮留めしてケーブルを引き込みます。

Cimg5899

 引き込み完了。

Cimg5900

 ケーブルの隙間がありますので、コーキングしなくてはなりません。

Cimg5901

 コーキングの前に、カメラを仮配線して位置を決めて両面テープで固定します。

Cimg5910

 カメラは鏡像に設定。左右の角度はまぁこんなものかな。(^^;

Cimg5940

 カメラの位置が高いため、ガイドラインは意味をなしませんね。

 数年前にバーストナーのコーキングをしたときのコーキング材をコーキングガンにセットして出そうとしても、出てくる気配はありません。

Cimg5902

 まぁ口を切って何年も経っているので、出る訳はないよなぁ。(^^;

 で、口を切っていない予備のコーキング材をセットすると・・・、やっぱり固まっていて出ません。(T_T)

 割り箸を突っ込んでみると、内部はまだやわらかくて使えそうです。

 ということで、割り箸を削ってヘラを作り、

Cimg5911

 ほじくり出したコーキング材をちょこちょこと付けました。

Cimg5913

 う~ん、見た目は悪いけど、これで水は入らないだろうし、下から見ると良く見えないので良しとするか。(^^;

 これで外側は完了です。

 問題は内部の配線ですね。

 写真の容量の関係で、「トレーラーにバックカメラ 配線編」に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧