2007年7月 9日 (月)

サウンドリーダー

 最近、定期購読している「BIRDER」(文一総合出版)にBIRD CALLというコーナーが出来、二次元ドットコードで掲載されている野鳥の声を聞くことが出来るのだが、そのためには新宿日本語学校の「サウンドリーダー」という機械が必要なので、この機械と文一総合出版の「声が聞こえる!野鳥図鑑」を同時に購入した。

Cimg3728

 野鳥撮影にはまり込んで野鳥に接する機会が増えたのだが、声を聞いても種類が判らない鳥、いつも見ているのに声を聞いたことのない鳥、図鑑で見て知ってはいても鳴声が判らない鳥がたくさんいる。

 「声が聞こえる!野鳥図鑑」は北海道で観察できる野鳥を網羅している訳ではないが、日本国内で良く見られる200種を掲載していて結構勉強になる。
 一番良いのは自分で観察し、自分で聴いて覚えることなのだろうが、脳細胞の破壊が進む年齢なので文明の利器に頼らざるを得ないのだ。(^^;

 まだ全部を聞いてはいないが、良く観察しているのに私の前では鳴いたことのないオオタカやオジロワシなどは「へぇ~」という鳴声だった。

CASIO EXILIM EX-Z3

| | コメント (2) | トラックバック (0)