2009年2月 6日 (金)

愛犬との別れ

 忙しくてblogに書き込めない日々が続いていますが、久し振りの書き込みは悲しいお知らせになってしまいました。

 我が家の愛犬、ヨークシャーテリヤのクッキーが、2月2日(月)10時20分に他界しました。11才3ヶ月と、室内犬としては少し早かったと思います。

 昨年の8月に心臓発作で心肺停止となり、女房が胸を叩いて甦生させ、その後は心臓の薬を飲ませていましたが、その後2度の発作があり、3度目だった1月31日(土)は私が甦生させたものの、かなり重篤で苦しそうでした。

 発作の度に体力が低下して歩いてもふらつく状態で、3度目の発作後はトイレに行くのもやっとの状態でしたが、私が出勤した後、「くっ」という小さな声をあげ、もう二度と息をふき返すことはなかったとのことでした。

 仕事を早く切り上げて19時30分頃に帰宅すると、居間のソファの上でいつもと同じように寝ている姿がありましたが、頭を撫でても、冷たくて、固くて、死を受け入れるしかありませんでした。

 24時間営業というペット霊園に電話すると、帰宅して風呂をあがったばかりという社長さんが快く引き受けてくれ、車で40分程のところにある施設で火葬していただき、もともと小さな犬でしたが、小さな小さな骨箱に入れて、自宅に連れて帰って来ました。

 生前は、多くの知人やキャンプ仲間の皆さんに可愛がっていただき、ありがとうございました。

Dsc00109
生前のクッキー 2008/11/16撮影

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004年12月19日 (日)

年賀状用

 そろそろ年賀状を印刷しなくてはと愛犬をモデルにして撮影したが、我が家のワンコ嬢は写真に撮られるのが大嫌い。魂を抜かれると信じているらしく、カメラを向けると物陰に逃げ込むかレンズを見て凍りつくかのどちらかである。
 気付かれないようにして撮った1枚だが、年賀状用としては没となった。
041219-112112

| | コメント (0) | トラックバック (0)