2017年5月 9日 (火)

Dometic RMS 8400 イグナイター電池交換

 我が家のキャンピングトレーラーの冷蔵庫は、Dometic RMS 8xx0シリーズの8400が装備されています。

P1030368

 牽引時はDC12Vで使用することになっていますが、長時間の移動時には冷却能力に限界があって冷凍庫のものが融けてしまうため、禁止事項ですがガスで冷却しながら走っています。(良い子は真似しないこと(笑))

 今年のGWのキャンプから戻る時、ガスに切り替えたものの電池が切れたのかイグナイターから火花が出ず、仕方なくDC12Vで帰ってきました。

 自宅に戻ってから、電池を交換するために付属のマニュアルを読むと時計回りに90度回すと書いてあります。

P1030373

 冷蔵庫上部の銀色のボタンを親指で押しながら時計回りに回してもビクともしません。

P1030363

 押し方が足りないのかと力一杯押し込んで回しても回らず、親指の皮が剥けそうです。(^^;

 滑るからだろうと、キッチンの瓶詰の蓋を開けるゴムを当てても回らず、太めの輪ゴムをマジックインクのお尻に当てても回りません。

 暫く格闘したけれど回らず、きっと何かコツがあるに違いないとネットで調べましたが、電池交換の記事は見つかりません。

 Dometicのウェブサイトを探すと、冷蔵庫の8 SERIESのサポートページにマニュアルがあったので、どうせ同じものだろうと思いつつ一応読んでみました。

 そうしたら、な、何と以下の説明があります。

Manual1

 反時計回り? おいおい、付属のマニュアルとは逆じゃないの!(-"-)

 試しに反時計回りに回してみました。

 思いっきり強く押しながら回しても回りません。

 ひょっとしたらと軽く押しながら回すと、スルッと回って外れました。

P1030359

 今までの努力は何だったんだ。(-"-)

 マニュアルに嘘を書くなよぉぉ。(T_T)

 電池は単四1本で、+側を筒に差し込む形になっています。

P1030361

 電池を交換し、軽く押しながら「時計回り(-"-)」に回してセット完了。

 押すと元気に火花の飛ぶ音が聞こえます。

 めでたしめでたし。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

Adria Altea 390PS スポットライトLED化

 アドリアはほとんどがLED化されていますが、唯一4ヶ所のスポットライトだけはハロゲンランプが使われています。

 電球はG4の12V10Wでそんなにワット数は大きくありませんが、全て点灯させると3.25Aの電流が流れますし、意外と発熱量が大きくて、スポットライトの筐体は触ると危険なほど熱くなります。

P1030143

 G4のLED電球はないかと調べると色々とヒットしたのですが、12V2Wが5個で899円という格安の商品に辿り着きました。

 説明によるとハロゲンの12V20W相当の明るさらしいので、駄目でも懐は痛くないだろうと購入してみました。

 下の写真がその製品で、パッケージにはハロゲン20W相当で90%節電すると書かれていますね。(^^;

 ハロゲン電球と並べてみると若干長いですが、使用する分には問題ありません。

P1030136

 パッケージの裏面です。

P1030139

 今日、色々と比較写真を撮りながら交換してみました。

 まず、点灯していない状態の比較です。

 これはハロゲンランプ。

P1030178

 こちらがLEDランプ

P1030180

 ちょっとだけ筐体から飛び出しています。

 続いて、点灯時の比較写真です。

 こちらはダイネット最後部のハロゲン。

P1030174halo

 同じくLEDランプ。

P1030165led

 こちらはダイネット前部のハロゲン。

P1030176halo

 同じくLEDランプ。

P1030168led

 そして常設ベッドのハロゲン。

P1030172halo

 同じくLEDランプ。

P1030164led

 コンデジのオート撮影なので、ホワイトバランスや露出補正などが勝手に替えられて、肉眼で感じるほどの違いが出ていないのが残念です。(^^;

 色温度はLEDが3000Kでハロゲンは不明ですが、LEDの方が若干白っぽく、明るさはLEDの方が若干明るいものの、倍という感じではないですね。

 最後に消費電力。

P1030156

 ハロゲン換算のワット数が違うので単純比較は出来ませんが、3.25Aが0.37Aとなり88.6%が節約されたことになります。

 ちなみに、この消費電流ですが、照明器具を点灯してすぐよりも、少し時間を置くと若干少なく表示されるようになります。

 どうしてかは分かりません。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

少しずつ冬支度

 今日は絶好の鳥見日和ですが、絶好の冬支度日和でもあります。(^^;

 やることはやらなければならないので、鳥見は諦めて朝から働き続けました。

 まずは落ち葉掃除。

 家の前の市が管理する「花の小路」も枯葉だらけですが、我が家の楓が犯人なので綺麗に掃除しました。

 集めた枯葉は畑に漉き込むので大事に保存してあります。(^^;

 さて今日のメイン作業は土間タイプの物置の止水です。

 オートバイ、除雪機、耕運機などを入れてある物置は床のない土間のため、雨が降ると後ろ側から水が流れてきます。

 水に濡れて困るようなものは無いのですが、冬の間に降り積もった雪が氷になり、春先はいつまでも水が流れてきて気持ちよくありません。

 あまりコストを掛けずにと、レンガサイズのインターロッキングブロックを15個(3m)並べることにしました。

 まずはコンベックスを定規代わりにしてチョークで線を引きます。

P1020287

 線に沿って仮置きし、目視で(^^;直線にして外側にもチョークで線を引きます。

P1020288

 コーキングに必要なシーリング材の量が分からないので、取り敢えず3本用意しました。

P1020289

 ブロックをずらし、にょりにょりと適量?を押し出して

P1020290

 ゴムハンマーで叩いてシーリング材を押し伸ばしながら敷いていきます。

P1020292

 最後に隙間を埋めて完成です。

P1020294

 結局、1本と1/3位で足りてしまいました。

 何かコーキングするものはないかな。

 雨が降るのが楽しみですが、日曜まで待たなければなりません。(^^;

 続いてニオイヒバのピラミダリス コンパクタの冬囲いの準備です。

 昨年よりかなり成長したようなので、かなり長めの姫竹を準備したのですが、あまり余裕はありませんでした。

P1020295

 ちなみに昨年の写真。(違いが良くわからない(^^;)

P1000555

 来年はもっと伸びるだろうし、どうしようかな。

 ちなみに、まだそんなに寒くなていないので、ネットは11月下旬頃に掛けます。

 午後からはトレーラーを車検に出すために中の物を片付けました。

 いつの間にか色々な物が詰め込まれ、重量もかなりありそうです。

 久し振りに空っぽになったトレーラー。(^^;

P1020297

 2年に一度の断捨離ですね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

トレーラーにバックカメラ 配線編

 バックカメラのトレーラー内部の配線を行いました。

 アドリアの上部収納の内部を覗きこむと、配線に適した穴や配線のモールがあるので、それを利用することにしました。

Cimg5915

 モールに沿ってケーブルを引き込みます。

Cimg5916

 あらら、ここで90度に曲がっていて、その先への配線は難しそう。

Cimg5919

 この先はクローゼットで、穴を開けると赤丸のあたりに出てきそうです。

Cimg5920

 ということで、ヒューズボックスを通す必要がありそうなので、ここに20mmの穴を開けました。

Cimg5921

 モールの曲がり角から真っ直ぐに配線します。

Cimg5926

 目測を誤りました。ヒューズボックスはクローゼット内に残りましたので、穴は6mmで良かった。(^^;

Cimg5927

 Truma Ultraheatのコントローラーの配線用モールに同居させることにして、ついでにAVモニターのモニター部もクローゼット内に取り付けて配線を隠しました。

Cimg5930

 こちらはAVモニターの分流器ユニットですが、正式市販前の超初期型のため、現在販売されているものとは配線図が異なります。

Cimg5962

 下向きに配線していますが、いくらクローゼット内で普段は見えないといえ、ちょっと雑ですね。

Cimg5958

 で、ホームセンターでモールを買ってきました。

Cimg5959

 バックカメラの電源は走行中は常時オンにするため、「エーモン 1293 ロッカスイッチ」をダイネットシートの足元に取付けます。

 まずは20mmの穴を開け、回転止め用の切込みを入れます。

Cimg5936

 スイッチを取り付け、配線をハンダ付けします。

Cimg5938

 工作用のワニ口クリップでバッテリーに接続しました。

Cimg5939

 電源をオンにすると、ブルーのLEDが点灯します。

Cimg5941

 モニターに接続するAVケーブルをフロントトランクまで持って行くため、フロントベッドの下の壁に穴を開けました。

Cimg5935

 トランク側から見た穴とAVケーブルです。

Cimg5932

 プラグをこの位置まで持ってきて、牽引車側から伸ばしてきたAVケーブルと接続すればOKです。

Cimg5933

 ちなみに、赤いプラグはカメラメーカーが製造時にテストのために使用するもので、通常は黄色のプラグに接続します。

 後方の距離の目安となるガイドラインは不要なので、グリーンの線をカットしました。

Cimg5942

 ちなみに白い線をカットすると鏡像から正像に切り替わります。

 牽引車に接続し、動作確認とカメラの上下を調整しました。

Cimg5977_2

 ガイドラインが消えてスッキリしています。

 モニター画面中央の下ギリギリに見える白い丸は目安に置いたガスカートリッジで、横から見るとこの位置にあります。

Cimg5979

 また画面下部に白く写っているのはリヤバンパーで、これでギリギリまで寄せることが可能になりました。

 さて20mmの穴を開けた2ヶ所ですが、特にトランク側は虫の侵入や冷気が入る恐れがあるために埋める必要があります。

 ホームセンターで何かないかと物色すると、こんなものがありました。

Cimg5967

 固まらないということで、まぁ粘土みたいな物ですね。(^^;

 クローゼット内はこんな感じ。

Cimg5970

 トランク内はちょっと雑な仕上がりになりましたが、目的は達成されているので良しと。(^^;

Cimg5973

 最後に、AVケーブルを引き回すためにAフレームのサイド面にコードクリップを貼り付けました。

Cimg5968

 Aフレーム側面。

Cimg5982

 カプラーまで貼り付けました。

Cimg5983

 これでバックカメラの取り付け作業は完了です。

 おまけの作業として、カーポート支柱の反射材を追加しました。

Cimg5981

 奥の赤と手前の白の反射材は上の部分だけだったのですが、トレーラーの後退灯の位置が低いため、それに合わせた高さに追加して貼り付けました。

 最後は盗難防止のためにカプラー部に南京錠を付けました。

 普通の南京錠は長いもので70mm程度と間に合うか微妙だったので、ツルの長さが100mmから160mmまでの可変タイプを購入しました。

Cimg5992

 取付けるとこんな感じ。

Cimg5990

 ツルには黒いビニールの被膜がありましたが、カプラー部の穴にギリギリ入らなかったので、穴に通す部分だけ剥ぎ取っています。

 やっと快適なトレーラーライフの準備が整いました・・・と思ってAフレームのカバーを眺めているうちに、「ここがこうだったらいいな」と、次なる改良欲が湧いてきました。(^^; それはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

トレーラーにバックカメラ 取付け編

 昨年末に入れ替えたキャンピングトレーラー、バックカメラの取り付けがGWに間に合わなかったのですが、痛い・・・じゃなくて、重い腰をよっこらしょと持ち上げて片付けました。

 外壁に穴を開ける必要があるため、天気の良い土日じゃないとまずいですしね。

 まずカメラ本体(new003『M-TECH 2』搭載)ですが、標準(下の写真)のまま垂直面に取り付けると画像が上下逆さまになってしまいます。

Dsc03064

 色々と思考錯誤の結果、ネジを1本諦めてステーを逆にして2本で止めることにしました。

Cimg5856

 使わなかったネジ穴は、貫通しているのか不明なので接着剤を充填しておきました。

 いよいよ穴開けです。失敗は許されません。(^^;

 ハイマウントストップランプの配線が通っていないことを確認し、エンピツで印を付けます。

Cimg5857

 ドリルは、コネクタが通るサイズということで6mmをチョイス。

Cimg5860

 さあ、行くぞぉ。

Cimg5863

 ちょっとバリが残ってしまったけど、問題なし。(^^;

Cimg5894

 内側はこの位置に穴が開きました。ちなみに左の丸いキャップはハイマウントストップランプの配線です。

Cimg5897

 ビニタイの長いのがあったので、内側から外に出し

Cimg5898

 カメラを仮留めしてケーブルを引き込みます。

Cimg5899

 引き込み完了。

Cimg5900

 ケーブルの隙間がありますので、コーキングしなくてはなりません。

Cimg5901

 コーキングの前に、カメラを仮配線して位置を決めて両面テープで固定します。

Cimg5910

 カメラは鏡像に設定。左右の角度はまぁこんなものかな。(^^;

Cimg5940

 カメラの位置が高いため、ガイドラインは意味をなしませんね。

 数年前にバーストナーのコーキングをしたときのコーキング材をコーキングガンにセットして出そうとしても、出てくる気配はありません。

Cimg5902

 まぁ口を切って何年も経っているので、出る訳はないよなぁ。(^^;

 で、口を切っていない予備のコーキング材をセットすると・・・、やっぱり固まっていて出ません。(T_T)

 割り箸を突っ込んでみると、内部はまだやわらかくて使えそうです。

 ということで、割り箸を削ってヘラを作り、

Cimg5911

 ほじくり出したコーキング材をちょこちょこと付けました。

Cimg5913

 う~ん、見た目は悪いけど、これで水は入らないだろうし、下から見ると良く見えないので良しとするか。(^^;

 これで外側は完了です。

 問題は内部の配線ですね。

 写真の容量の関係で、「トレーラーにバックカメラ 配線編」に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

トレーラーの修理等

 4月中旬、GWキャンプの準備のため、一度も使っていない水回りの洗浄を行いました。

 まずは清水タンクに水を入れて軽く洗って排出し、新たに入れた水をシンクの混合栓を全開にして流しました。

 排水口の位置を確認してエントランスに戻ってくると、な・何と水がポタポタと外部に漏れています。

Cimg5842
(写真はそのときを再現したものです)

 更に、後部のカセットトイレの下からも漏れだしました。

Cimg5843
(写真はそのときを再現したものです)

 最初は排水管のどこかから漏れているのかと思って床下を覗き込むと、配管からではなく床板そのものから滲みでています。

 それでは内部だなとシンクの下を確認すると、床面に漏れた水が溜まっていて、調べると混合栓の付け根(赤丸)から水が漏れていました。

Cimg5840
(写真は部品交換後)

 そのときは、屋根に水が溜まらないように前を高くして設置していたことから、後部の水漏れは床を伝ったものと思っていたのです。

 すぐに販売店へ持ち込み、状況を説明・確認してもらい、混合栓のアッセンブリーを取寄せることになりましたが、もしGWに間に合わなくてもキャンプ場の流し台とポリタンクで対応できるので、入り次第修理してもらうことになりました。

 案の定キャンプには間に合わず、5月下旬になってやっと部品が届き、持ち込みではなく自宅に来て修理してもらい、交換後は混合栓からの水漏れが止まっていることが確認できたので担当者は会社へ戻りました。

 改めて水回りの洗浄をしましょうとシンクの混合栓を全開にしていると、ガーン!、またもやカセットトイレ下から激しく水滴が。

 すぐに電話して来てもらい、今度はトイレルームの洗面台の混合栓を調べましたが、シンクと同様に水が漏れていることが判明しました。

 洗面台の混合栓を開けてはいませんでしたが、水を送るポンプの圧力が混合栓の根本まで伝わり、使わなくても漏れていたのです。

 部品は準備していませんでしたが、分解してしっかりと組み直したら水漏れは止まりました。

 ひょっとしたら、シンクの混合栓もそれで治ったのかもしれません。

 ショップの担当者は「出荷のときに確認していないのかなぁ」と呆れていましたが、これからアドリアの導入を検討されている皆さん、納車時には水回りまで点検してもらいましょうね。(^^;

 続いて、トレーラーのカプラーの位置が高くなったため、連結したときに前下がりになることへの対処です。

 GWのキャンプへ出発する前、キャンプ道具を積んだ状態での高さを確認しておきました。

Cimg5508

 コンベックスが斜めになっていますが、赤い矢印の位置で約330mmとなっています。

 トレーラーを切り離し、水平にした状態で測ってみると、約420mmとなっています。

Cimg5554

 つまり、ヒッチボールを90mm上げる必要があるということですね。

 ショップの話では、今のヒッチボールよりも首の部分が長い製品があったはずとのことなので、ネットで調べまくりました。

 あるにはあったのですが、ボールの径が50mmではなくて2インチしかなく、高さも30mm程度しか上がらず、強度も弱くなってしまいます。つまり、使えません。(^^;

 後はヒッチボールマウントを交換するしかないと探しましたが、適当なものがなかなか見つかりません。

 ある日、ヒッチボールマウントをボーッと眺めていて閃きました。

 これって、逆さまにしたら何センチ上がるんだろうと。

 現状はこのように取り付けています。

Pict9301c
(写真は取付けた当初のもの)

 高さを確認してから逆さまに差し込んで見ました。

Cimg5845
(写真はボール付替え後)

 赤い矢印の位置での高さの差は、何と83mm。

 前上がりよりも多少は前下がりの方が安定するので、ベストじゃないですか。\(^o^)/

 すぐにショップに走り、ヒッチボールを逆にしてもらいました。

 ナットの締付けにはネジロックと適切なトルクが必要なので、素人作業は禁物です。

 ちなみに、混合栓の交換は補償期間内、ヒッチボールはサービスということで全て無料。(^^)

 まだ牽引していませんが、計算上はほぼ水平になるはずです。楽しみですねぇ。

CASIO EXILIM EX-FC100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

新トレーラーで初キャンプ

 昨年12月に納車になったキャンピングトレーラーで、初のキャンプに行ってきました。

 と言っても、実は今年の5月3日~5日の話です。(^^;

 最近ブログの更新が遅延していて、アップする順番も滅茶苦茶ですがお許しください。

 GWはパソコン通信時代からのキャンプ仲間とのオフ会が恒例行事となっています。

 私は2012,2013年と家の建て替えで忙しく、キャンプは3年振りとなりました。

 5月3日、キャンプ道具を満載したプラドとトレーラーを連結し、初めて使用する延長ミラーも取り付けて出発準備が整いました。

Cimg5504

 しかし、トレーラーが若干というか、結構前下がりです。

Cimg5505

 バーストナーとアドリアを比較するとタイヤの径も違いますし、床の地上高がかなり高くなっているので予想はしていましたが、プラドは荷物満載でお尻が下がっているので、なおさら前下がりになってしまったようです。

 今回は仕方ないので、次回キャンプまでに何とかしなくてはなりません。

 キャンプの目的地は日高町の沙流川オートキャンプ場です。

 今までは高速道路が休日割引で半額でしたが、社会化実験も終了し、牽引すると中型となるので割引は一切ありません。

 距離も大したことはないので久し振りに日勝峠を越えましたが、道も良くなって快適に走ることが出来ました。

 峠を下りた頃、左側の延長ミラーが内側を写すようになってきました。

 変だなぁと思いつつ直線道路を走っている時、突然延長ミラーが視界から消え、女房が「落ちたー」と叫びました。

 サイドミラーには、路肩に落ちてバラバラになる様子が写っています。(^^;

 幸い直線道路だったので、急遽路肩に停車し、走って回収に行ったところ、ミラーを固定しているゴムの部品が外れてバラバラになっていたものの、鏡は奇跡的に割れずに済みました。

 どうもサイドミラーへの取り付けが不完全だったようです。

 そんなトラブルに会いながらキャンプ場に到着すると、既に第一陣としてサダ吉さんが到着していました。

 今回は参加者が多いため、私は皆と少し離れた場所に設営しました。

Cimg5509

 埼玉県から参加のMAKUさん&MOKUさんのRoadtrek。

Cimg5512

 札幌のコーさんはテント設営中。

Cimg5513

 苫小牧のサダ吉さんのIndiana。

Cimg5514

 札幌の吉丸さんはBurstner Viseo。

Cimg5545

 札幌のおおたにさんはCatalina sport。

Cimg5546

 札幌の西野さんも遅れて参加しましたが、車の写真撮っていなかった。(^^;

 サダ吉さんのビッグタープ。寒い夜も快適に過ごせます。

Cimg5515

 収穫してきたギョウジャニンニクをたっぷり使った「ギョウジャギョウザ」。

Cimg5526

 緑色なのはタープの屋根の色ですが、餡は結構緑色です。(^^;

 焼けたぞぉ!

Cimg5534

 夜はタープの中で焚き火を囲んでの宴会でしたが、写真をまったく撮っていません。

 二日目の午後は素晴らしい晴天となりました。

Cimg5540

 夕方のサイト。トレーラー率が高いですね。

Cimg5548

 5月5日の撤収後、GW気分を味わうために「道の駅樹海ロード日高」に寄りました。

Cimg5552

 お昼は、十勝清水駅前で友人が経営している「中華料理 四川」で、牛玉ステーキ丼とラーメンのセット。

Cimg5553

 すっごく美味しいのですが、食べ切れずに残してしまいました。ゴメン。

 芽室町で買い物を済ませて帰宅しましたが、久し振りのキャンプだったため何となくスムーズじゃなかった感じ。

 トレーラーは水回りを除いてとても快適でした。

 Truma Ultraheatはガスを使わずに電気だけの暖房にしてみましたが、春・秋であれば十分に暖まります。

 電源付のサイトではガスの出番はなさそうですね。(^^)

 水回りの不具合については別途報告します。

CASIO EXILIM EX-FC100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

キャンプの準備

 消費税が上がるのが分かっていながらキャンプシーズンに入ってから買うのも癪なので、一点購入しました。

 取り寄せたのはワンタッチで取り付け簡単な延長ミラー「クリップオンミラー」です。

Dsc03167

 平成7年にトレーラーを購入した際に買いましたが、流石に老朽化が激しく、ゴムベルトは切れているし、アームには錆が浮いていて、もう何年も使用していませんでした。

 SUVにしてからは後ろが見えないことはないものの、追い抜きを掛けられてから後続車の挙動に気づくなど、やはり危険だと思っていて、新しいトレーラーに入れ替えたのを機に延長ミラーも購入することにしました。

 ネットをうろつき、使用している方のブログを読んだり、ショップの説明などから選択したのは「REPUSEL CARAVAN MIRRORS」のALUFORとい商品で、Maid In the Netherlandsです。

 箱の中を確認すると、予備なのかプラスチックのベルトと吸盤は4セット入っていました。

 ということは、ひょっとて切れやすい? (^^;

 購入先は、いくつかのショップから群馬県の「フィールドライフ」さんを選択しました。

 カード決済は使えませんが、信頼が持てそうでしたので銀行振込での購入です。

 先週の土曜日に在庫確認と見積もりを依頼し、月曜日に振り込んだら水曜日に到着しました。

 使うのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

キャンプの準備

 まだ雪が30cmほど残っていますが、消費税が上がる前にいくつかのキャンプ用品を仕入れました。

 まずはFIAMMAの製品を3点。

Dsc03045

 最初の写真の右上は「タイダウンキット S」で、サイドオーニングが風でバタつかないようにするものですが、強風ではボディ側が破損してしまいますので風には要注意です。

 箱の中にはベルト、スプリング、フック、ごっついペグがそれぞれ2セット入っています。

Dsc03056

 最初の写真の左上は「オーニング ハンガー 6P」で、サイドオーニングの縁に付けて軽量なものをぶら下げられます。

Dsc03049

 最初の写真の下側の長い物は「レインドリップストップ 75cm」で、雨水がドアから流れ込まないようにするものです。

 この写真のように、両面テープで曲げながら貼り付けますが、寒いと固いと思うので、もっと暖かくなってから取り付けます。

Dsc03053

 以前使っていたバックカメラは大柄だったので、下取りに出したトレーラーに付けたままにしました。

 バックカメラはピンからキリまで色々とありますが、鏡像、ガイドラインなし、白色という条件で探し、「new003『M-TECH 2』搭載」という製品にしました。

Dsc03058

 実はこの商品、吊り下げタイプなのですが、カメラ後部のステーを逆に付ければ壁面に付けられると踏んで購入しました。

 似たような構造の他製品では、ステーがネジ2本で取り付けられているのが写真で分かったので、多分この製品も同じだろうと思って。

 しか~し世の中甘くないですね、この製品はネジ3本で止めてあり、逆さに付けることが出来ません。(^^;

Dsc03064

 でも良く観察するとステーのネジ穴を別の位置に開ければ逆さに出来そうなので、これまた暖かくなったら改造しようと思います。

 最後の製品は「TOTO 携帯ウォシュレット」で、ポーチ付きです。

Dsc03066

 これのどこがキャンプ用品なの?と突っ込まないでください。(^^;

 実は私は「大地主」ならぬ「大ぢ主」で、シャワートイレが必須なんです。

 稀にはシャワートイレのあるキャンプ場もありますが、殆どの場合は良くて洋式がある程度ですし、もちろん私のトレーラーのトイレもシャワートイレではありません。

 そんな時は、道の駅やショッピングセンターを探すことになりますが、全部が全部シャワートイレじゃないんですよね。

 また、日本のホテルはほぼ付いていますが、海外では付いていないホテルも多いと聞いています。

 電動のシャワートイレはTOTOとパナソニックで出していますが、機能や口コミを元にTOTOを選びました。

 何たって「ウォシュレット」はシャワートイレの代名詞ですから。

 また、この製品は洗浄力を切り替えられること、吐水量がパナソニックより多いことが決めてとなりました。

 使用する時はタンクを引き伸ばし、折り畳まれたノズルを起こします。

Dsc03068

 標準では穴が3つの状態で使用します。

Dsc03071

 ノズルのカバーをスライドさせると穴が5つになり、水流がソフトになります。

Dsc03074

 口コミではウォシュレットの一番弱い水流程度とのことですが、それでも洗えるだけ幸せだと思います。

Dsc03083

 インプレッションはいずれ。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

Adria Altea 390PS 外まわり

 まずフロントのトランクです。

 左側にはスチールホイールのスペアタイヤが格納されています。

Dsc02899

 中央にはプロパンガスボンベのホルダーが2ヶ所と、右側にはオプションの25リットル排水タンクが格納されています。

Dsc02900

 この排水タンク、取り出すためにはガスボンベをずらす必要があり、ちょっと面倒です。

 ドアキャッチャーはプラスチックの一般的なもので、このタイプは1~2年で磨り減ってダメになります。

Dsc02908

 バゲッジドアのキャッチャーも同じタイプです。

Dsc02907

 ステンレス製に替えるか、安いので沢山在庫しておくかのどちらかにしなくちゃ。(^^;

 タイヤはGT RADIALのKargoMax ST-6000というものです。

Dsc02921

Dsc02924

 サイズは185R14C Load Indexは104/102、 Speed IndexはNと表記されていて、M+Sのようです。

 写真には写っていませんが、TRAILER USE ONLYと書かれています。

 こちらはオプションのエントランスステップ。

Dsc02794

 サービスしてくれたトレーラープレート。

Dsc02979

 まだ紹介しきれていないものがあると思いますが、追々載せたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)