« FIAMMA Rain Guard | トップページ

2018年8月10日 (金)

Colemanツーバーナー MODEL5435 レストア

 友人から無償でいただいたプロパン仕様のツーバーナー、貰ったときからかなりの使用感があったものの、使うには支障がないので私は満足していました。

 ところが、今年6月のキャンプ時に女房が繁々と覗き込んで一言、「悲しいね」。

 確かにレンジは油汚れが激しく焼け付き、ケースもサビとか塗装の剥げが目立ちます。

 レストア前に写真を撮っていなくて、キャンプ時に偶然写り込んでいたのが下の写真です。

P1030021

 レンジ部分の汚れが凄いですね。

 で、分解してワイヤーブラシでこすってみると、意外と簡単に汚れが落ちます。

Dsc_3444

 この時点で「しまった、レストア前の写真を撮っていない」と気付きました。(^^;

 ワイヤーブラシで焼き付いた汚れを落とした後、純石鹸と重曹で磨きましたが、黒いシミは錆なのか取れません。

Dsc_3460

 ケースも油汚れが酷かったので純石鹸でこすったら、何と塗装が剥げてしまいました。(T_T)

Dsc_3462

 仮に組み立ててみましたが、あんまりです。

Dsc_3464

 こうなったら全塗装しかありません。(^^;

 レンジ部分には、アサヒペンのつや消し銀の耐熱塗料を買いました。

P1030989

 バーナーと点火装置をマスキングして塗装すると、何ということでしょう、まるで新品のような輝きが戻りました。(^^)

P1030991

 ケースもマスキングして塗装します。

P1030993

 オリジナルの塗装はかなり暗いグリーンで、ホームセンターで探してみましたが同じような色は見つかりませんでした。

 そんな中、一番暗い緑だったのがアスペン(アサヒペン)のローングリーンです。

P1030996

 下の写真、左側がオリジナルの塗装で、右側がローングリーンですが、かなり明るくなってしまいそう。(^^;

P1030999

 塗料が乾いたところで組み立てて着火してみました。

P1040012

 まるで新品じゃないですか。(^^)

 色についても、こんなコールマンあるよねと思える色合いです。(^^)

 来月、再デビューします。

|

« FIAMMA Rain Guard | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157207/67042631

この記事へのトラックバック一覧です: Colemanツーバーナー MODEL5435 レストア:

« FIAMMA Rain Guard | トップページ