« HOPE MANASLU 121 | トップページ | FIAMMA Rain Guard »

2018年1月14日 (日)

ヒヨドリの悲劇

 昨日(2018.01.13)の朝、我が家の台所のすぐ前の木で、ヒヨドリがハイタカに捕食されました。

 台所にいた女房が異変に気付き、雪の上に羽毛が散らばっていると言います。

 窓から外を見ると、散らばった羽毛の右手、我が家の家庭菜園の裏手にある借家の前にハイタカが降りていました。

 足元にはヒヨドリらしき鳥が捕まっていたので、慌ててコンデジで数枚撮影し、その後動画に切り替えました。

 手持ちではグラついて酷いのでミニ三脚をセットし、あらためて動画での撮影をしつつ、一眼レフでの撮影もしたのですが、窓ガラス越しで綺麗に撮影出来ないため、動画は止めてそおっと窓を開けて一眼レフでの撮影を続けました。

 08:41 台所の窓ガラス越しにコンデジで撮影。

 ヒヨドリを捕らえた直後でヒヨドリはまだ生きており、必死にもがいています。

P1030629

 08:50 これ以降は窓を開けて一眼レフで撮影。

 羽毛をむしり取り、肉をむさぼっています。

 幸いにもヒヨドリの骸は見えませんでしたが、時折持ち上げこともありました。

Dsc07504

 09:50 捕らえてから70分を経過しました。

 素嚢がパンパンに膨らんでいて、この時は完食してまどろんでいるものと思いました。

Dsc07622

 09:57 立ち上がりました。いかにも猛禽らしい脚です。

Dsc07652

 10:08 また食べだしました。

 この後、尾羽をむしり取って肉を啄んでいました。

 厳しい冬を乗り切るためなのか、何一つ残さずに食べるようです。

Dsc07685

 この後も10:30までは観察を続けていましたが、出かけなければならなかったので断念しました。

 11:40頃に帰宅すると既に姿は見えませんでした。

 このハイタカは我が家近辺を狩場にしているようで良く見かけますし、時折小鳥の羽毛が散乱しています。

 自然の掟とは言え、小鳥が可哀そうな気もします。

 以下に動画を載せますが、かなり残酷なシーンがありますので見たくない方はスルーしてください。

 

Panasonic DMC-TZ60
SONYα700 + SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

|

« HOPE MANASLU 121 | トップページ | FIAMMA Rain Guard »

コメント

明けましておめでとうございます。
っていうか、早々にショッキングな映像で驚きました。でもこれが自然の摂理なんですね。

投稿: せんり | 2018年1月14日 (日) 19時16分

せんりさん、あけましておめでとうございます。
反応が遅くてごめんなさい。

動画、可哀そうでちょっと悩みましたが載せました。
野鳥に超詳しい方の話では、このハイタカはまだ若くて経験不足のため、トドメを刺さずに羽毛をむしってるとのことです。
ヒヨドリはずうっと苦しい思いをしながら死んだのでしょうね。
喰うか喰われるかの世界、人間でも戦争では殺すか殺されるかの世界、平和な日本に住んでいることに感謝です。

投稿: ちょんぱぱ | 2018年1月17日 (水) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157207/66277428

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリの悲劇:

« HOPE MANASLU 121 | トップページ | FIAMMA Rain Guard »