« ハクガン、今日はソコソコ。(^^; | トップページ | ハクガンはいたけれど。 »

2017年3月27日 (月)

Logmatic LM-250で薪割り

 キャンプで使う焚き火用の薪、細く割るためにキンドリング・クラッカーを購入しましたが、実は昨年の11月にLogmatic LM-250という薪割りグッズも買っていました。

P1030098

 手斧では大変なので購入したのですが、キンドリング・クラッカーを買ったのでLogmatic LM-250はキンドリング・クラッカーに入らない太い玉切りの薪割り専用に使います。

 薪は良く乾燥させた方が割やすそうに感じますが、どうやら広葉樹の場合は乾燥すると強度が増すらしく、昨年の秋に伐採した楓は早く割ってから乾燥させた方が良さそうです。

 ということで、早速玉切りの薪割りに挑戦してみました。

 YouTubeなどで見ると、薪を古タイヤの中に入れてバカバカと割るのが楽そうですが、古タイヤを調達するのは面倒だし、保管も場所を取るのでゴムベルトで纏めても行けそうです。

 ホームセンターで3mのフック付のゴムベルトを買い、玉切りにした薪を3個束ね、突き抜けたときにアスファルトを傷めないように合板の上に置きました。

P1030284

 斧と違って狙いを外す心配はまったくありませんが、思ったよりもパカッとは割れず、結構な運動になりました。

 音も結構大きく、窓を開ける夏場だと使いずらいですね。(^^;

 斧で割るのとどっちが楽かわかりませんが、比較するために斧を買う訳にも行かず、私はLogmatic LM-250で頑張ります。

|

« ハクガン、今日はソコソコ。(^^; | トップページ | ハクガンはいたけれど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157207/65073968

この記事へのトラックバック一覧です: Logmatic LM-250で薪割り:

« ハクガン、今日はソコソコ。(^^; | トップページ | ハクガンはいたけれど。 »