« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年11月23日 (月)

畑の秋起こし

 昨日にひき続き、秋の三連休最終日も冬支度に勤しみました。

 畑を起こして落ち葉を漉き込むのはラストチャンスだと思っていたら、今朝の自宅の最低気温は氷点下5.7度になり、案の定、畑には霜柱が立ち、土も2cmほど凍結していました。

P1020387

 耕運機があるから大丈夫だろうと、午前中から準備に取り掛かります。

 作業開始前の畑、見た目には普通ですが表土は凍結しています。(^^;

P1020388

 貯めておいた枯葉を搬入しましたが、ちょっと多かったかな。

P1020389

 袋から出してみましたが、明らかに多過ぎです。(^^;

P1020391

 広げてみると、こりゃぁ多過ぎますね。漉き込めるかな。

P1020393

 耕運機のエンジンを掛けて作業を始めようとすると、すぐにエンストしてしまいました。

 気温はまだ氷点下なので、燃料のカセットガスの気化が弱すぎるようです。

 何度か掛け直しても症状は同じ。

 この耕運機を使いだして初めてカセットガスの弱点を体験しました。

 寒冷地ではガソリンには敵わないのかなぁ。

 ガスボンベを日向に置いて少し温めてから再開したところ、最初はエンストしたものの、エンジンが暖まった効果なのか順調に動くようになりました。

 しかし、凍結の強いところでは注意しないと耕運機が跳ね回り、抑え付けるのに汗をかくほどです。

 何とか一回り起こし終えましたが、随分と枯葉が目立ちますねぇ。

P1020394

 一休みしてからもう一巡起こしてみました。

P1020395

 まぁこんなものかな。(^^;

 昼食後は土間の物置の水対策です。

 11月3日に雨水が流れてこないようにしたのですが、ほとんど効果がなかったのでカバーを付けることにしました。

 用意したのは90X30のプラダンというプスチックの板が4枚、繋げるためのパワーテープ、そして屋外OKの超強力両面テープです。

P1020396

 プラダンを縦に繋げ、両面テープを貼り、折れ曲がるようにカッターで切れ目を入れました。

P1020397

 それをインターロッキングブロックに被さるに物置に接着します。

P1020399

 これでバッチリと思ったものの、記事を書いているうちに、これは雪の重みで壊れてしまうなと気付きました。

 来春の様子を見てまた考えなくては。(^^;

 続いてチューリップの球根植えをしました。

 東京に行っている女房に頼まれていたのですが、まさか土が凍るほど寒くなると思っていなかったので心配です。

 一応調べたら肥料などは必要ないようですね。

P1020380

 何もないのも寂しいかなと、土を被せる前に保温?も兼ねて枯葉も掛けておきました。(^^;

 最後は除雪機の準備です。

 エンジンを掛けて問題ないことを確認し、土間の物置の端に置いてあったのを取り出しやすい位置に移動させました。

P1020401

 さぁ雪よいつでも来い!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

庭木に冬囲い

 旭川地方は本格的な雪となり、十勝の週間天気予報にも雪だるまがちらほら現れてきたので、今日も鳥見は断念して冬支度をしました。

 11月3日にニオイヒバの冬囲いの準備だけしてあったので、今日はネットで囲いました。

 寒さ対策というより、雪で枝が折れないようにするのが目的です。

P1020381

 午後からはヤマアジサイ(多分)に菰を巻きました。

 こちらは寒さ対策件雪対策です。

P1020382

 何年か前、何も対策をしなかったら枝が酷く傷んでしまいました。

 背丈の低いガクアジサイ(多分)は菰では大きすぎるし、菰を裁断するとバラバラになってしまうため、今年からジュートの根巻四角布にしてみました。

P1020383

 この四角布は庭木を移植するときに根に巻いて、そのまま植えると土に返るというものなので、そんなに長持ちはしないかもしれません。

 冬の間限定の小鳥用の餌台も設置しましたが、まだ雪も降っていなくて自然界には餌が豊富なので、まだ餌は入れていません。

P1020384

 順調に進んだので明日は鳥見かなと思ったら天気が良くないのか。

 じゃ、チューリップの球根植えと畑の秋起こしでもするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

立冬に初積雪

 今年の冬、初雪は10月25日に観測されましたが、今日は初積雪となりました。

P1020298

 家の横の小さな畑はすぐに解けず、かなり白くなっています。

P1020299

 車のタイヤはスタッドレスタイヤに交換してありましたが、ワイパーブレードも冬用に交換しました。

 トレーラーを昨日車検に出したので、2台ともカーポートの下なので快適な作業です。

 女房のタントはゴムの交換が可能なPIAA SILICON。

P1020300

 私のプラドはだいぶ古くなってきたNWBの安いやつ。(^^;

P1020302

 プラドの夏用リヤワイパーのゴムが千切れそうになっていました。来春は交換しなくちゃ。

 さて、先週施工した土間の物置の床、解けた雪が流れてきています。

P1020303

 こんなはずじゃなかったのにと後ろを見ると、物置の屋根から落ちる雨だれがインターロッキングブロックの上に直接当たるため、まったく意味がありませんでした。(>_<)

P1020304

 塀際に積もった雪が解けたときには効果がありそうですが、屋根の雪が解けた水は流れてきてしまいますね。

 何らかの方策を考えなくちゃ。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

少しずつ冬支度

 今日は絶好の鳥見日和ですが、絶好の冬支度日和でもあります。(^^;

 やることはやらなければならないので、鳥見は諦めて朝から働き続けました。

 まずは落ち葉掃除。

 家の前の市が管理する「花の小路」も枯葉だらけですが、我が家の楓が犯人なので綺麗に掃除しました。

 集めた枯葉は畑に漉き込むので大事に保存してあります。(^^;

 さて今日のメイン作業は土間タイプの物置の止水です。

 オートバイ、除雪機、耕運機などを入れてある物置は床のない土間のため、雨が降ると後ろ側から水が流れてきます。

 水に濡れて困るようなものは無いのですが、冬の間に降り積もった雪が氷になり、春先はいつまでも水が流れてきて気持ちよくありません。

 あまりコストを掛けずにと、レンガサイズのインターロッキングブロックを15個(3m)並べることにしました。

 まずはコンベックスを定規代わりにしてチョークで線を引きます。

P1020287

 線に沿って仮置きし、目視で(^^;直線にして外側にもチョークで線を引きます。

P1020288

 コーキングに必要なシーリング材の量が分からないので、取り敢えず3本用意しました。

P1020289

 ブロックをずらし、にょりにょりと適量?を押し出して

P1020290

 ゴムハンマーで叩いてシーリング材を押し伸ばしながら敷いていきます。

P1020292

 最後に隙間を埋めて完成です。

P1020294

 結局、1本と1/3位で足りてしまいました。

 何かコーキングするものはないかな。

 雨が降るのが楽しみですが、日曜まで待たなければなりません。(^^;

 続いてニオイヒバのピラミダリス コンパクタの冬囲いの準備です。

 昨年よりかなり成長したようなので、かなり長めの姫竹を準備したのですが、あまり余裕はありませんでした。

P1020295

 ちなみに昨年の写真。(違いが良くわからない(^^;)

P1000555

 来年はもっと伸びるだろうし、どうしようかな。

 ちなみに、まだそんなに寒くなていないので、ネットは11月下旬頃に掛けます。

 午後からはトレーラーを車検に出すために中の物を片付けました。

 いつの間にか色々な物が詰め込まれ、重量もかなりありそうです。

 久し振りに空っぽになったトレーラー。(^^;

P1020297

 2年に一度の断捨離ですね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

ハクガン飛来地での出来事

 2015年秋は昨シーズンを大きく上回る数のハクガンが飛来しており、各地から遠路はるばる観察に来ていらっしゃいます。

Dsc01746

 ただ、毎年野鳥観察のマナーをご存じない方が散見されるのは残念でなりません。

 十勝川下流域のガン類の飛来地は、そのほとんどが畑地であり、当然ながら私有地です。

 そのため、観察は公道上や堤防の上からに限られています。

 その公道も、交通量の多い国道であったり、脇道でも近所の農家さんが農作業に利用していることから、如何に迷惑を掛けないようにするか腐心しなくてはなりません。

 畑地に関しては私有地である他に、病原菌や害虫が入り込まないようにも、車でも徒歩でも立ち入ることは厳に慎まなければいけません。

 そのようなマナー意識が浸透してきて、どんなに距離があっても皆さん条件の悪い中で観察を楽しんでいます。

 しかし、先日 (2015.10.31)も十勝川下流域のハクガン飛来地で残念な光景を目撃しました。

 敢えて写真を公開しますが、ご本人のプライバシーのためにナンバーの一部などは加工しています。

 いつもながらハクガン達は公道から遠く離れた畑地に降りていて、ロクヨンでも綺麗な写真を撮ることは至難の業です。

 飛来数を確認することが目的だったので、50-500mmのズームレンズで飛翔シーンを撮影し、少し移動することにしました。

 そうしたら、何と畑への取り付け道路の奥深くに侵入している車がいました。

 「札幌583 〇 XX-84」の日産DAYSが、運転席から撮影をしています。

Dsc01809

 近くに寄れば良い写真が撮れるのでお気持ちはわかりますが、それは許されないことです。

 そのすぐ先はデントコーン畑でしょうか。

 家畜の飼料となるデントコーン畑は、口蹄疫などのウィルスが入り込まないように管理しなければなりません。

 飛翔を期待して場所を変えて待機しいてると、その軽四の後ろにもう一台侵入しているではありませんか。

Dsc01875

 類は友を呼ぶと言いますか、あそこに入れるなら私も・・・ってことなんでしょうね。

 夥しい数のヒシクイ、マガン、シジュウカラガン、ハクガンが飛翔し、またどこかに落ち着いたようです。

Dsc01833

 カウントに使えそうな写真が撮れていないので、降りたと思われる畑地に近い道路で粘り、何とかなりそうな撮影を終えて先程の畑地の横を通ると、何ともはや、先程の車が今度は単独で侵入しています。

 今度は「札幌339 〇 XX 23」のトヨタWISHです。

Dsc01985

 この2台の車の方、もし私のブログに辿り着いたら反省してくださいね。

 そして今後は農家さんに迷惑をかけることなく観察を楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

ハクガンは、多分190羽 (2015.10.31)

 冬の準備や悪天候などでなかなか観察に行けなかったのですが、昨日(2015.10.31)やっと行ってきました。

 何度か飛翔しましたが、多過ぎて重なって数えられないとか、マガン、オオヒシクイ、シジュウカラガンなどと一斉に飛び立ち、とても数えられないとかで諦めかけましたが、10:11からの飛翔は単独だったり少しずつ分散して飛び立ってくれて、何とかカウント可能な写真を撮ることができました。

 取り敢えずカウントに使用した写真を貼り付けますが、ピンボケやら露出ミスやらの醜い写真が多いけど許してください。<(_ _)>

 あと、重なっていて頭とか翼から「ここには3羽いるかな?」なんてものもありますが、もし「違うんじゃない?」なんて場合はコメントで指摘してください。(^^;

 なお、たまたま一箇所に固まって降りていた群の数が190羽ということで、ひょっとすると分散して他に降りていたハクガンもいるかもしれません。

1~5羽目
Dsc01885

6~8羽目
Dsc01900

9羽目
Dsc01901

10~11羽目
Dsc01902

12羽目
Dsc01904

13~15羽目
Dsc01905

16~17羽目
Dsc01906

18~19羽目
Dsc01910

20羽目
Dsc01912

21~28羽目
Dsc01915a

29~30羽目
Dsc01915b

31~43羽目
Dsc01919a

44~51羽目
Dsc01919b

52~64羽目
Dsc01945a

65~103羽目
Dsc01945b

104~117羽目
Dsc01945c

118~121羽目
Dsc01945d

122~124羽目
Dsc01946

125~129羽目
Dsc01952

130~172羽目
Dsc01967

173~186羽目
Dsc01976

187~190羽目
Dsc01983


SONYα700 + SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »