« 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.11 | トップページ | 弟子屈町美留和への旅その1 いざ弟子屈へ »

2014年7月 9日 (水)

石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.12 (完結)

2014.04.19 その2

 やっと石垣・沖縄の旅 野鳥編の完結編です。(^^;

 三角池から次の目的地へ向かう途中、ちょっと与根漁港に立ち寄りました。

 この漁港の北側には干潟があり、過去に色々なシギ類・サギ類を観察しています。

 護岸からそおぉっと覗くと・・・満潮でした。(T_T)

 良く考えたら、沖縄で海岸に観察に行くときに干満の時刻を確認したことがありません。

 今までは偶然干潮だったようです。(^^;

 諦めて豊崎干潟の水路の出口に行きましたが、当然満潮で水没しています。(T_T)

 仕方ないので真っ直ぐ「あしびなー」に向かいましたが、3年4ヶ月ぶりのあしびなーはすっかり変わってしまい、元駐車場だったところにも店舗がたくさん出来ていて、野鳥観察のために車を止めていた空き地が立派な立体駐車場になっていました。

 駐車場に入る前に満潮の豊崎干潟を見てみると、いつの間にか作られた人工の中島に6羽のクロツラヘラサギっぽい姿が見えます。

Dsc07039

 全員嘴を隠していますが目元は隠せません。クロツラです。(^^;

 暫くすると数羽が動き出し、立派な嘴と目元を見せてくれました。

Dsc07045

 また全員がうたた寝状態になってしまったため、後でゆっくり観察することにして駐車場に車を停めてあしびなーに入りましたが、キャンプ用品の店だけ見て、女房は買い物、私は鳥見に専念することにしました。

 車に戻って双眼鏡とカメラと一脚を準備し、道路を横断して豊崎干潟を見てみると、ガーーーン! クロツラが1羽もいません。

 多分、三角池に移動したんだろうなぁ。(T_T)

 他に鳥はいないかなぁと探していると、川岸のギンネムの木から美しい鳴き声が聞こえます。

 声の主はリュウキュウメジロでした。(^^)

Dsc07148

 今までで一番接近して撮影することが出来ました。

 リュウキュウツバメも飛び交っていて、時おり電線で休憩してくれたので、こちらも過去一番近い距離での撮影です。

Dsc07159

 そうこうしているうちに随分と潮が引いてきて、浅瀬にコサギが飛来しました。

Dsc07206

 別のコサギが大物をGETしました。

Dsc07225

 随分と苦労しているけど、呑みこめるのかなぁ。

Dsc07253

 まだ尾びれが見えてるよぉぉ。(^^;

Dsc07268

 遂に呑みこみましたが、首の形が凄いことになっています。

Dsc07286

 先に飛来したコサギも小魚を追いかけていますが、まるでダンスを踊っているよう。(^^)

Dsc07333

 チュウサギの飛翔を撮影して、沖縄の野鳥観察は終了です。

Dsc07351

 この後はDFSでレンタカーを返却し、ゆいレールで県庁前まで行ってホテルにチェックインし、明日は那覇市内を少しだけ観光して寒い北海道へ帰ります。

 そうそう、「観光・グルメ編」も書きたいのですが、まずは写真の選択から始めなくては。(^^;

SONYα700 + SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

|

« 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.11 | トップページ | 弟子屈町美留和への旅その1 いざ弟子屈へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.12 (完結):

« 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.11 | トップページ | 弟子屈町美留和への旅その1 いざ弟子屈へ »