« D.I.Y.でヘロヘロ その2 | トップページ | 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.12 (完結) »

2014年7月 8日 (火)

石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.11

2014.04.19 その1

 4月19日は那覇市に戻ります。

 朝起きてテラスから海を見ると、定置網に漁師さんが来ていて、良くみるとサギがおこぼれを狙っています。

Dsc06720

 遠くてはっきりしませんが、大きさと嘴の色からチュウサギのようですね。

 ホテルをチェックアウトし、許田インターから一気に豊見城市まで走り、まず訪れたのは与根の通称「三角池」です。

 相変わらずゴミだらけの汚れた池ですが、鳥の濃さはいつも通りです。

 サギの夏羽はなかなか観察する機会はないのですが、流石沖縄は4月でも夏羽に衣替え済でした。

 美しいチュウサギの夏羽と、セイタカシギが佇んでいます。

Dsc06727

 羽繕いに夢中のバン。

Dsc06793

 これはチュウサギかなぁ、ダイサギかなぁ。

Dsc06798

 ダイサギとコサギ。

Dsc06821

 アオサギも北海道とはちょっと違った感じがします。

Dsc06830

 シギは本当に分かりません。アオアシシギですかねぇ。

Dsc06845

 池のフェンスに飛来したリュウキュウキジバト。

Dsc06947

 ダイサギ夏羽。

Dsc06956

 コサギの羽ばたき。

Dsc06984

 ここでのお目当てのクロツラが見当たりません。

 春はいないのかなぁと思いつつ、ちょっと移動することにします。

 つづく

SONYα700 + SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

|

« D.I.Y.でヘロヘロ その2 | トップページ | 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.12 (完結) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.11:

« D.I.Y.でヘロヘロ その2 | トップページ | 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.12 (完結) »