« 弟子屈町美留和への旅その1 いざ弟子屈へ | トップページ | 弟子屈町美留和への旅その3 美留和の森の小鳥たち »

2014年7月19日 (土)

弟子屈町美留和への旅その2 きらの宿すばる

 色々と寄り道しながら辿り着いたのは、たけさんの経営するペンション「きらの宿すばる」です。

Dsc03222

 2009年にオープンするときに案内をいただいていながら、5年も経ってやっと訪れることができました。

 初めてお会いする奥さんと挨拶し、まずは部屋へ案内してもらいました。

 部屋は全部で5室あって、2階の天窓のある部屋に案内されました。

Dsc03220

 トイレと洗面所があり、もちろん私には必須のシャワートイレ付です。

 ちなみにテレビはありませんが、ここはで部屋に籠ることはないですからね。(^^;

 一階は入って右側にフロントとダイニング。

Dsc03230

 座卓の奥には薪ストーブ。

Cimg5648

 薪ストーブいいですねぇ。

Dsc03298

 まずは天然温泉かけ流しの風呂で汗を流します。

Cimg5646

 私のコンデジ、広角じゃないのでお風呂の全容を伝えられません。(^^;

 ちなみに露天風呂もあります。(写真なし(^^;)

 風呂から出たら、皆で冷た~いビールで安着祝い。プファァァ。(^^)

Dsc03233

 写真に写っているのは秘伝の味付けのギョウジャニンニク。

 ついつい沢山飲んでしまいました。

 外で鳥の写真などを撮ったりしてまったりと過ごしていると、夕食の時間となりました。

 今日のお品書きです。

Dsc03237

 ワインは「Navaelus Merlot-Cabernet 2010年」をチョイスしました。

Dsc03240

 ワインを語るほどの知識はありません。美味しければ良しです。(^^;

Dsc03243

 まずは「アボガドとリンゴのサラダ」、美しい盛り付けです。

Dsc03239

 続いて「コンソメスープ」、ピンとを合わせる場所が違うよねぇ。

Dsc03245

 「標津産帆立の貝焼」、なまら旨い。(^^)

Dsc03247

 「新筍のグラタン」

Dsc03248

 「女将生家でとれたライス」は、私が夜は米を食べないため、しもさん夫婦に塩にぎりとして出されました。

 物凄く美味しかったそうで、食べれば良かったなぁ。(T_T)

 ということで、写真は無し。(^^;

 「道産牛のベーコン巻 赤ワインソース」、手が込んでますねぇ。

Dsc03250

 最後は「ミルクゼリィ、フルーツ」、もちろん手作り。

Dsc03257

 いやぁ素晴らしい。

 実はペンションに泊まったのは初めてなのですが、料理がこんなに素晴らしいとは。

 温泉旅館よりも充実してるなぁ。(^^)

 さてご主人の仕事も一段落したので、たけさん夫婦、しもさん夫婦、私夫婦の6名で直会開始です。

 私が持参した「十勝晴れ」とチーズ色々。江戸切子のグラスがいい。

Dsc03264

 たけさん家の泡「BRUT SELECCION ESPECIAL」

Dsc03270

 グラスもいいね。

Dsc03267

 しもさんからは久保田の千寿。

Dsc03276

 わかさぎとギョウジャニンニクの天ぷら。ヤヴァい。

Dsc03271

 ホヤの塩辛。酒に合うねぇ。

Dsc03279

 夜も更けて、オーナーのたけさんが舟を漕ぎだしたのでお開きとしました。(^^;

 さて翌朝、若干酒が残っていますが、気分は最高です。

 小雨は降っているものの、餌台に色々な小鳥がやってきて退屈しません。

 朝食はキッシュ、ベーコン、ソーセージ、ハム、チーズ、ブロッコリー、キウイフルーツ、ヨーグルト。

Dsc03282

 地元の牛乳と女将実家手作りのトマトジュース。

Dsc03291

 実は私、市販のトマトジュースは苦手で飲めません。

 でもこのトマトジュースは激うまで、クイクイ飲めます。

 すべて手作りのベーグルとパン。美味しいです。

Dsc03295

 最後にコーヒー。

Dsc03297

 何と素晴らしい宿でしょう。

 みんなで集合写真を撮影し、私は一足先に出発することにしたのですが、今日は予約もないのでもう一泊して弟子屈の居酒屋で飲まない?と誘われてしまいました。

 予定があったので後ろ髪を引かれながら帰りましたが、しもさん夫婦はトラップに捕まったようでした。(^^;

 お土産に頂いたお酒。

Cimg5838

 しもさんのZiL480Skipに張ってあったので、私にもとおねだりしたステッカー。

Cimg5835

 たけさん、大変お世話になりました。また行きます。(^^)/

 続く

SONYα900 + SONY 50mm F1.4
CASIO EXILIM EX-FC100

|

« 弟子屈町美留和への旅その1 いざ弟子屈へ | トップページ | 弟子屈町美留和への旅その3 美留和の森の小鳥たち »

コメント

こんばんは!その節はお世話になりました。
いや〜こんなに詳細に記録していたとは…流石です。
こうやって拝見すると随分と飲んだんですね(笑)
後日の帯広でもお世話になりましたm(_ _)m

投稿: しも | 2014年7月23日 (水) 22時12分

しもさん、お久しぶりです。
楽しかったですねぇ。
たけさんが居眠りしちゃうのも納得の内容でした。(^^;
次回は冬?
ご一緒できないかもしれません。(^^;

投稿: ちょんぱぱ | 2014年7月24日 (木) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弟子屈町美留和への旅その2 きらの宿すばる:

« 弟子屈町美留和への旅その1 いざ弟子屈へ | トップページ | 弟子屈町美留和への旅その3 美留和の森の小鳥たち »