« ニオイヒバ植樹 | トップページ | 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.10 »

2014年6月 8日 (日)

石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.9

 何かと忙しくて更新が滞っています。

 このペースでは全てが完結するのは何時になることやら。(^^; ということで、再開です。

2014.04.18

 今日はヤンバルへ向かうため、ホテルの朝食を待たずに出発し、途中のコンビニでおにぎりで済ませました。

 ヤンバルの手前最後の道の駅「ゆいゆい国頭」で休憩していると、街灯の上でイソヒヨドリ雄が綺麗な声で囀っていました。

Dsc06591

 道の駅を出発し、県道2号線から70号線に入ると道路の法面にヤンバルクイナがいましたが、すぐに横の藪に入ってしまいました。

 女房は見れなかったというので、少し離れた場所で出てくるのを待ちましたが、通過する車が多くて出てくる気配がないので断念です。

 前回(2010年12月19日)ヤンバルクイナを撮影した場所に近付いたので、スピードを落とし、ゆっくりと脇道に入ると何やらニワトリのような姿が。(^^;

 双眼鏡で確認するとヤンバルクイナじゃありませんか。

 まったく同じ場所で見られるとは驚きです。

Dsc06596

 1羽しかいないと思いつつ撮影していると、ビデオを回している女房が「もう1羽出てきた」と言います。

 私は気づいていませんでしたが、写真には写っていました。(^^;

Dsc06601

 2羽とものんびりと羽繕いしています。

Dsc06612

 目が気持ち良さそうですねぇ。(^^)

Dsc06613

 羽づくろいで変な形になってしまいました。(^^;

Dsc06620

 尾羽をピンと立ち上げた後姿です。

Dsc06638

 この後すぐに2羽とも藪に入ってしまいましたが、姿を現していたのは5分弱程度と、本当にピンポイントの観察でした。

 この近辺の脇道では、若そうな2羽と、川沿いの道で1羽を目撃しましたが、カメラを構える暇もありません。

 それでも狭い範囲で6羽のヤンバルクイナを見ることができ、寒い冬とは随分と違うことを実感しました。

 次は大国林道に入るため辺土名に戻ります。

SONYα700 + SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

|

« ニオイヒバ植樹 | トップページ | 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.9:

« ニオイヒバ植樹 | トップページ | 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.10 »