« 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.5 | トップページ | 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.7 »

2014年4月28日 (月)

石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.6

2014.04.16 その1

 4月16日は石垣島でレンタカーを借りている最終日で、明日の朝には沖縄本島へ移動します。

 まだ石垣市内を満足に見ていないため、野鳥観察は午前中で切り上げなければなりません。

 リュウキュウアカショウビンを満足に撮影できていませんが、果たして逢えるのでしょうか。

 今日はどの辺りに行くの?と聞かれ、「この山と、この水田地帯」という当てずっぼの回答。(^^;

 まずはホテルからそう遠くない山へ向かいました。

 山道を走っていると、またまた女房が「あそこにアカショウビン!」と見つけてくれました。

 いい場所に止まっています。運転席から半身を乗り出して撮影しました。

Dsc06283

 尾羽をピンと跳ね上げた姿。

Dsc06286

 しかし、程なくキョロロロロロと鳴きながら飛び去ってしまいました。

 山頂に着くと、見晴らしの良い木にイシガキヒヨドリが止まっていて、綺麗に撮影することができました。

Dsc06287

 しかし、黒いですねぇ。(^^;

 山頂からの下り道で、運転席側の繁みから後方に向けて鳥が飛び立ちました。

 一瞬しか目に入りませんでしたが、ひょっとしたら見たい鳥No4じゃないかな?

 車を止め、カメラを持って飛び去った方向へ歩いて行くと、車が2台走ってきて、驚いた鳥は更に後方へ飛び去りました。

 しかし、今度は路肩に降りたため姿が良く見えています。

 双眼鏡で確認すると、思った通りズグロミゾゴイでした。

 距離があり薄暗いことから、まずはISOを800まで上げて、飛ばれないようにジワジワと前進です。

 まずは1枚。

Dsc06316

 少し近づいてもう1枚。

Dsc06323

 これ以上近付くと警戒して飛ぶだろうなと思い、ゆっくりと後退して別れました。

 ズグロミゾゴイは石垣島で観察したかった鳥No4で、どのような場所にいるのかの下調べをしていませんでしたが、逢えたのはラッキーでした。

 山を下りて水田地帯に向かうと、大きな川にカルガモが2羽。

Dsc06342

 石垣島では水田、海岸、湿地、川と、カルガモが沢山いましたが、他のカモ類は見かけなかったのですが、冬場は色々と入るようです。

 北海道にはいない小さな鳥のセッカ。鳴き声はよく聞くのですが、草叢から飛び出しては戻るという行動で、中々撮影できずにいました。

Dsc06422

 電線止まりですが、一番良く取れたシマアカモズ。

Dsc06469

 今の季節、水田にはどんな鳥がいるのかなぁ。

 続く

SONYα700 + SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

|

« 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.5 | トップページ | 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.6:

« 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.5 | トップページ | 石垣・沖縄の旅 野鳥編 No.7 »