« 沖縄旅行野鳥観察編 2010.12.06(月) 金武町その2 | トップページ | 沖縄旅行野鳥観察編 2010.12.06(月) 金武町その4 »

2010年12月12日 (日)

沖縄旅行野鳥観察編 2010.12.06(月) 金武町その3

■スズメ目セキレイ科

 キマユツメナガセキレイ。
Dsc06953t

 北海道で観察される本種はツメナガセキレイとされ、キマユツメナガセキレイは旧亜種名となっていますが、その理由は良くわかりません。

 こちらは眉斑が黄色くないのでツメナガセキレイなのでしょう。
Dsc07265t

 後趾の爪が長いですね。

 悩まされたのがこの子。
Dsc06942t

 撮影している時はタヒバリだと思っていたのですが、パソコンでじっくり見るとちょっと違います。

 肩羽、小雨覆ともに縦斑があり、頭部には少し赤みがあります。多分、ムネアカタヒバリの冬羽ではないかと思います。

 正面からの写真でも、頭部から胸にかけて赤みがあります。
Dsc06938t

 更に悩ましい子がいました。

 撮影したのは億首川河口部近くの住宅地にある小さな公園の芝生です。

 コンビニで飲み物などを調達して億首川河口部に戻る途中に迷い込んだのですが、こんな所にもタヒバリがいると、かなり遠かったけれど撮影しました。

 改めてじっくり見ると、やけに明瞭な白い眉斑があります。
Dsc06983t

 ビンズイにしては茶色いし、手持ちの図鑑のタヒバリはこんなに明瞭な眉斑はありません。
Dsc06986

 さて何かな? やっぱりタヒバリかなぁ。

 他に観察したセキレイ科は、キセキレイ、ハクセキレイ。

SONYα700+SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

|

« 沖縄旅行野鳥観察編 2010.12.06(月) 金武町その2 | トップページ | 沖縄旅行野鳥観察編 2010.12.06(月) 金武町その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄旅行野鳥観察編 2010.12.06(月) 金武町その3:

« 沖縄旅行野鳥観察編 2010.12.06(月) 金武町その2 | トップページ | 沖縄旅行野鳥観察編 2010.12.06(月) 金武町その4 »