« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

沖縄旅行 観光グルメ編 2009.11.17(火)

 朝、窓を打つ雨の音で目が覚めました。天気予報では、前線の通過に伴う強い雨、強風、落雷に注意と言っています。

 到着した初日は雨でしたが車で移動するだけだったので傘は使わず、中3日は天気予報が良い方に外れてくれたため傘は必要なかったのですが、今日こそは必要かもしれません。

 朝食は沖縄に来てから初めてホテルで食べます。ロコアナハの朝食バイキングは人気らしいのですが、朝からそんなに食べられる訳でもなく、まぁ普通に。ただ、焼き魚がシシャモだったのは驚きです。そして牛乳は口に合いませんでした。(料理の写真撮り忘れました)(^^;

 帰りの飛行機は14:20と時間はたっぷりあるので、のんびりと片付けながら外を見ると、県庁へ出勤する人の傘が強風に煽られています。

 時間はありますが、早めに空港に行ってお土産を買ったりしたいので、雨が小降りになった時を見計らってチェックアウトし、徒歩150m程のゆいレール県庁前駅に向かいましたが傘は必要ありませんでした。でも、ゆいレールを待っている間に雨が強くなってきたので運が良かったようです。

 那覇空港についてまず搭乗手続きです。羽田-帯広はクラスJを予約していましたが、節約のため那覇-羽田は普通席にしていました。確認するとクラスJに空きがあったので変更し、めでたく全航程がクラスJになりました。(^^)

 外は悪天候で東シナ海も荒れていて、慶良間諸島も霞んでいます。
Cimg1666

 空港でお土産の買い物を済ませ、昨日コインロッカーに預けたキャリーバックに詰め込んで荷物を預け、機内持込みの手荷物をコインロッカーに入れてやっと身軽になりました。

 少し時間は早いけれど昼食を済ませることにして空港内のロイヤルコーヒーショップに入り、沖縄最後の生ビールです。オリオンもあったけれど、久し振りにキリンが飲みたくなっちゃって。(^^;
Cimg1669

 私はグリルセット。
Cimg1671

 女房は琉球御膳。
Cimg1672

 雨が上がったので展望デッキに行き、ジェット戦闘機が離陸する時の轟音を聞きましたが、観光だからいいけれど、毎日聞かされている基地周辺の人は堪らないだろうなぁと思いました。

 いよいよ沖縄とお別れです。那覇発の777-200には、石破茂元大臣も乗っていました。

 羽田空港で半袖から長袖に着替えて北海道の気温に備え、無事に着陸した帯広は空気がピリッとしていました。

 帰宅直後にCFカード紛失というショッキングな事実が発覚しましたが、天候にもそこそこ恵まれ、とても楽しい沖縄旅行でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沖縄旅行 観光グルメ編 2009.11.16(月)

 今日は那覇近郊で野鳥を観察した後、レンタカーを返却する予定です。そのため、昨日のうちにもう使わない着替えやお土産などを自宅に発送したため荷物は軽くなっています。

 ホテルをチェックアウトして6:10頃に出発し、一路豊見城市与根の通称三角池まで走り、まずは池の横にあるファミリーマートで朝食です。沖縄に来てからの朝食はコンビニばかりだなぁ。(^^;

 三角池で野鳥を観察し、次の観察地の漫湖を目指して「環境省漫湖水鳥湿地センター」へ行きましたが、月曜日は休館日ということで駐車場が閉鎖されていました。(T_T)

 路上駐車して観察に行こうかと悩みましたが、道路が狭くて周りに迷惑を掛けそうなので諦め、再び豊見城市に戻り、与根漁港に向かいましたが、途中で三角池を通ると大型バスが停まって大勢の人が野鳥を観察していました。先に寄って正解でした。

 与根漁港の北防波堤やあしびなー北側の干潟で野鳥を観察した後に10:00にアウトレットモールあしびなーへ向かい、女房がショッピングしている間に豊崎海浜公園へ行ってみましたが、あまり野鳥が見られないのであしびなー北側の干潟へ戻って11:00まで野鳥観察を堪能しました。

 女房と合流して那覇空港へ向かい、大きな荷物2個をコインロッカーに預け、一泊分の最低限の荷物にしてレンタカーを返却するためにDFSへ向かい、やっと運転手から開放されました。いよいよ昼からビールが飲めるぞぉ。\(^o^)/

 お昼はDFSのフードコロシアムにしようかと思いましたが、女房が那覇市内に戻った方がいいんじゃない?と提案したので、今日の宿泊先のホテル「ロコアナハ」に電話してチェックイン前に荷物を預かってもらい、まずは昼食ということで国際通りを歩き、どこにしようかと物色です。

 写真はゆいレール県庁前駅から見たホテル「ロコアナハ」です。右側の建物は沖縄県庁です。
Cimg1663

 あるビルの外でお安いステーキのランチメニューが目に付き、入ったのはビル2階のステーキハウス88国際通り店ですが、メニューをいくら探してもお安いランチメニューがありません。変だなぁと思いながらも、私はリブアイステーキ250g、女房はテンダーロインステーキM180gをオーダーしました。

 まずはオリオン生。沖縄に来て初めての「お昼からビール」です。(^^)
Cimg1623

 写真はリブアイステーキです。
Cimg1629

 満腹になって外にでてメニューを確認すると、お安いステーキのランチメニューのお店は3階でした。(^^;どおりでいくら探してもメニューに無いはずです。でも美味しかったので満足しました。

 ホテル「ロコアナハ」にチェックインした後に「やちむん通り」に向かいましたが、2年ぶりに歩くと随分と景色が変わっています。古い建物は無くなっているし、壺屋焼物博物館の隣の空き地だった場所には大きな建物が建っていました。

 女房が焼物を見ている間、私は外で那覇市内の野鳥観察です。

 女房が国際通りのお店を見たいというので、先にホテルに戻って一休みしてビール。(^^;
Cimg1659

 ホテルの部屋は広くはありません。前回もそうでしたが、那覇市内のホテルはリゾート地のようには行かないですね。

 入り口側からの写真。窓の外には沖縄県庁が見えています。
Cimg1635

 ベッド。
Cimg1634

 ユニットバス。
Cimg1630

 沖縄最後の夕食はネットで探しまくって一番良さそうに見えた「和風だいにんぐ楽家 久茂地店」にしました。
Cimg1656

 18時少し前に行ったらお客さんはいません。月曜日の夕方なので早すぎるのでしょう。(^^;

 まずはクーポンで乾杯ビールです。
Cimg1638

 海ぶどう(\490)ですが、粒も大きくびっしりと付いて、沖縄に来て一番の海ぶどうでした。
Cimg1643

 島らっきょう塩漬け(\750)と手作りじーまーみー豆腐(\490)です。島らっきょうはまだ早いようで少し小ぶりでしたが、沖縄の楽しみの一つでした。もちろんどちらも美味しいですよ。
Cimg1645

 島ウニの造り(\700)ですが、一緒に乗っているのは「赤マチ」というフエダイ科の魚の刺身で、サービスで付けていただいたそうです。
Cimg1646

 ウニは北の海というイメージでしたが、島ウニもちゃんとウニでしたし、赤マチも脂が乗って美味でした。

 赤マチのことを聞くと頭の部分を持ってきて見せてくれました。結構大きそうですね。
Cimg1647

 ゴーヤチャンプルー(\510)です。今まで食べたなかでは一番美味しいと思いました。
Cimg1648

 泡盛のロックセット。中身は琉球王朝だったかなぁ。忘れちゃった。(^^;
Cimg1650

 アグー豚味噌炙り(\900)。旨いです。
Cimg1652

 ヒラヤーチ(\400)。
Cimg1653

 最後はふーいりち(\510)。これまた美味しくて大満足。
Cimg1655

 お店の対応も良くて、クーポンに住所を書いていたので「北海道からお越しいただき、ありがとうございます」と丁寧な挨拶をいただきました。良いお店でした。(^^)

 ホテル「ロコアナハ」の1階にファミリーマートがあり、そこで今夜の飲み物とおつまみを買い、初めてバスタブにお湯を張ってのんびりと疲れを落としました。
Cimg1660

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

沖縄旅行 観光グルメ編 2009.11.15(日)

 今日はやんばるを目指すため、5:50にホテルを出発し、名護市宮里のローソンで朝食を買い込んで北へ走ります。

 道の駅ゆいゆい国頭で一休みとトイレを済ませ、国道58号線と県道2号線の分岐点のPで、東シナ海の美しいけれど激しい荒波を眺めながら朝食を食べ、いよいよやんばるに入ります。

 今の季節はヤンバルクイナの交通事故はほとんど無いようですが、一応制限速度で慎重に走りました。しかし、地元ナンバーの車は結構なスピードで追い抜いて行きます。

 いくつかのポイントをチェックしながら走りますが、途中でホントウアカヒゲの姿を見かけたものの、あまり野鳥に出会うことはありませんでした。

 楚洲ではほぼ骨だけになったハブの死体を2匹見たので、極力車から降りずに走り、楚洲から伊江へ抜ける林道をさまよい県道に戻りましたが、驚いたことに地元沖縄ナンバーの四輪と二輪が爆音を上げて走り回っています。

 県道2号線と70号線の曲がりくねった道を、まるでサーキットのようにアクセル全開で大型バイクが走る様は、やんばるの秘境を訪れていることを吹き飛ばすような異常な世界でした。

 確かに沖縄の南部・中部は、どこも道は狭いし車も多く、走り屋にとっては格好の場所なのかもしれません。

 安田から安波に行ってみましたが、安波の共同店の前にもかなりの数の大型バイクが駐車しており、こやつらもこれから走り回るのかと思うと、もうやんばるにはいたくないと思い、早々に引き返すことにしました。

 突然カーブからアクセル全開で現れるバイクに怯えながら国道に戻り、道の駅で一休みしてから奥間林道、大国林道に入りましたが、伊江の林道と比べると広くて(と言っても一車線)走りやすいし、どこに繋がっているか分かっているため不安なく走れます。

 長尾橋まで行って比地から国道に戻り、喜如嘉の喫茶店「小春屋」で小春うどんセットの軽い昼食を食べました。
Cimg1551

Cimg1552

 小春屋の奥さん?に話を聞くと、ヤンバルクイナを見ようと思って行けば必ず見ているとのことで、何とも羨ましい話です。
Cimg1545

 喜如嘉の水田地帯で野鳥観察の後、芭蕉布会館へ行ってみましたが日曜定休でした。残念。(^^;

 大宜味村の道の駅おおぎみに寄ると、「えすの里」でおいしそうな島バナナを売っていたので、ほど良く黄色くなったバナナを選んで「もう食べごろですか?」と聞くと、なんと黄色いうちは渋くて食べられないとのことで、黒くなって束になっている付け根が自然に取れる位まで熟させないとダメだそうです。
Cimg1557

 持って帰ることにして話をしていると、お店の方の義理の姉が音更町に住んでいたとのことで盛り上がり、230円の島バナナを買っただけなのに、お土産にとシークワーサーを一袋頂いちゃいました。ありがとうございました。(^^)
Cimg1558

 帰る途中、古宇利大橋を渡ってみようということになり、渡っている最中に女房にデジカメの動画を撮ってもらったのですが、動画を撮っていると素晴らしい景色が見られなかったというので屋我地島に戻ってから再度橋を渡ることにしました。
Cimg1573

 もう一度古宇利島に渡り、橋を過ぎて少し行くと道の駅のようなきれいな施設があったので、車を降りて古宇利港の方へ歩いてみたら、いかにも沖縄らしいネーミングの船があるではありませんか。(^^;
Cimg1583

 午後4時過ぎにホテルへ戻り、一休みしてから名護で最後の夕食です。

 今日は朝食はコンビニのパン、昼食はうどんだったので夕食はホテルから歩いて200m位のところにある安くて美味しいと評判の「朝鮮焼肉ムットリ」に行きました。(酷い写真でごめんなさい)
Cimg1593

 営業時間は月~金18:00~23:00 土・日・祝17:30~23:00ということなので、18時少し前に行きましたら既にお客さんが数組入っていました。

 そして、私たちが注文して待っている間に満員となり、入れなくて帰ったり、外で待っているお客さんがいるなど、かなり人気があるようです。

 まずは生ビール(400円と安い)を頼み、お肉が出てくるのを待ちますが、先に来ていた2組の家族連れは誰もお酒を注文しておらず、黙々とお肉とご飯を食べています。お酒を飲まずに焼肉だなんて、私にはできないですねぇ。(^^;
Cimg1594

 お通し?のミニサラダとタレ。箸袋が沖縄らしいです。
Cimg1598

 注文したお肉等は、ハラミ800円×2、アグー三枚(塩コショウ)1,200円×1、テッチャン750円×1、石焼ビビンバ750円×1で、聞いていたほど安くはないなぁと思い少なめに注文し、足りなかったら追加しようと思っていました。

 さてお肉が出てきました。まずはハラミ2人前。結構な量があります。
Cimg1599

 焼き野菜がもれなく付いてくるようです。
Cimg1601

 石焼ビビンバ、タレ、コチュジャンです。
Cimg1602

 スープも付いてます。
Cimg1606

 アグー三枚1人前です。随分と多くない?
Cimg1607

 アグー用のレモン汁です。
Cimg1611

 テッチャン1人前です。これで1人前なの?
Cimg1610

 そうなんです。北海道の焼肉屋の感覚で注文すると食べきれないかもしれません。どれも倍の量があります。なるほど、これなら安いですね。(^^)

 そして味も抜群。頼んだ4品はいずれも美味しく、アグー三枚は油がしつこくなくて甘味があって、テッチャンは柔らかくジューシーで、そして丁度良い量でした。毎日来れば良かった。(^^;

 泡盛を1合(500円)ロックで注文すると「ジョッキでいい?」と聞かれ、ジョッキでお願いしたらなみなみとつがれて出てきました。かなりアバウトで、絶対に1合以上ありそうです。(少し飲んだ後の写真です)(^^)
Cimg1614

 いやぁ、本当に安くて美味しくて最高のお店でした。また行きたいなぁ。

 ムットリのそばに「やんばる酒店」があったので、シャワーの後のビールでも買いましょうと立ち寄ってみました。
Cimg1617

 道の駅などで女房に「家に持ち帰る泡盛は買わないの?」と言われていたけれど、泡盛は沖縄で飲めばいいと思っていました。ところが、「やんばる酒店」の泡盛は観光地より一桁安いんです。(と言っても数百円ですけど)(^^;

 写真はないけれど泡盛は「山原くいな」の30度、あとオリオンの発泡酒にも興味があったので、おつまみと一緒に買ってシャワーの後に飲みました。
Cimg1620

 今日も長い一日で疲れ果てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

沖縄旅行 観光グルメ編 2009.11.14(土)

 沖縄の朝は遅く、5:00に目覚めても真っ暗です。6:40にホテルを出発し、名護の街外れにあるローソンでの朝食は、多分沖縄限定だと思いますが「ポーク増量玉子油みそおにぎり」にしてみました。
Cimg1501

 最初の目的地、金武町の億首川河口近くの水田で野鳥を観察した後、向かったのは読谷村の「読谷やちむんの里」です。週間天気予報が外れたようで陽が射してきました。

 2005年3月に訪れた時は読谷山焼売店に行きましたが、今回は北窯に行き、女房が数点の陶器を購入し、その間私は鳥を探しました。
Cimg1504

 続いて行ったのは読谷村渡慶次の琉球ガラス「工房日月」ですが、撮影お断りの札がありましたので現地の写真はありません。

 ここではスピカグラスとペーパーウェイトのような卵型のガラスの塊(計り売り)を購入しましたが、素朴で繊細で味わい深い琉球ガラスの作品です。使うのは勿体無いかもしれません。

 左側の底に青いガラスが入っているのを私が、右の無色のを女房が選びました。
Pict0345

 グラスの底には「Hizuki」と銘が刻んであります。
Pict0351

 昼食は読谷村都屋の都屋漁港を見下ろす高台にある「島やさい食堂てぃーあんだ」です。

 入り口には営業時間なのに準備中の札がありましたが、営業中にするのを忘れていたようです。(^^;
Cimg1508

 お客さんがいなかったので縁側見晴らし席に座りましたが、真っ青な海が見え、心地よい風が吹き抜けて素晴らしいロケーションでした。
Cimg1517

Cimg1514

 私はラフテーがメインの「くぇーぶー定食」。
Cimg1522

 女房は読谷産紅芋と旬野菜の天ぷらがメインの「あかばなー定食」です。
Cimg1525

 食後には紅芋チップスが添えられた「ミニぜんざい」が出てきました。
Cimg1530

 時間もあるし天気も良いので、まだ行ったことのない世界遺産「今帰仁城跡」に行くことにし、名護湾沿いを走っていると宿泊している「ゆがふいんおきなわ」が見えました。
Cimg1691t

 写真の左側が本館、ちょっと隙間があって右側があがり館です。ホテル全景の写真はこれが唯一です。(^^;
Cimg1691t2

 今帰仁城跡は一番上の駐車場が満車だったのですが、係員の誘導が良く分からず、うっかり城跡の敷地に続く道に入ってしまいました。第2Pの前で誘導してくれた方が理解しやすいと思うんだけどなぁ。

 沖縄の観光地を訪れたのは久し振りでしたが、修学旅行生などで賑わっています。

 さほど大きくない石をよくもここまで集めて積み上げたものだと驚きの城址でした。
Cimg1699

 この花は「風鈴佛桑花」(フウリンブッソウゲ)と言うそうです。
Cimg1712

 ホテルへ戻る前に一休みしようと、2007年11月5日に訪れた本部町伊豆見のログ喫茶「いずみが森」へ向かいました。
Cimg1732t

 雲の切れ間で晴れていたので、前回同様に外のテーブルに座って私はホットコーヒー、女房はチーズケーキセットを注文しましたが、待っている間に急に雲が出て雨が降り出したので建物の中でいただくことにしました。
Cimg1722

Cimg1724

 前回行った際にブログに書いた記事を読んでいただいたそうです。ありがとうございます。

 のんびりしたかったのですが、朝早くから走り回っていて疲れていたので、庭の写真などを撮らせていただいて早々にホテルへ引き上げることにしました。
Cimg1726

 今夜の夕食はホテル「ゆがふいん」のバイキングです。料理の写真は最初に運んできたこれだけです。(^^;
Cimg1544

 今日も疲れてバタンキューです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

沖縄旅行 観光グルメ編 2009.11.13(金)

 やっとスケジュールの調整が付いて連続休暇を取得し、女房と結婚30周年の沖縄旅行に行ってきました。

 まずは観光グルメ編ということで4泊5日の旅行内容を書き始めますが、いつ完結するかは分かりません。(^^;

 ちなみに、コンデジで撮影したストロボオフの写真は手ぶれの連発なのと、帰宅してからホワイトバランスを太陽光に固定していたことに気付いたため、補正はしたものの色が変な酷いものばかりですが、それしか記録が無いもので見逃してください。m(_ _)m

 なお、出発前の沖縄地方の週間天気予報は、金曜-雨、土曜-曇り、日曜-曇り時々晴れ、月曜-曇りのち雨、火曜-曇り時々雨という、悲しい内容でありました。(T_T)

 さて出発の朝です。車の窓は真っ白に凍っています。この日の最低気温は氷点下5.2度とこの冬一番の冷え込みとなりました。
Cimg1457

 とかち帯広空港からのA300です。
Cimg1458

 今回の旅行では、行きの羽田-那覇、帰りの羽田-帯広はクラスJにしていましたが、先に予約すると倍の2,000円もするため、他の便は当日空いていれば取ることにしていました。

 前日の空席情報は4席、当日朝の情報では2席だったので諦めていましたが、受付カウンターで聞くと2席空いているとのことです。窓側に隣り合って空いているとのことで、めでたくクラスJに変更です。(^^)

 羽田での乗り継ぎ時間はほとんど無いため、売店でサンドイッチとお茶を買い、雨の那覇空港に無事到着。荷物が出てきたのが一番最後になってしまったため、レンタカーの送迎バスに乗り込んだのも一番最後でした。

 16時頃にレンタカーの手続きを済ませ、まずは長袖シャツを脱いでTシャツ1枚になりました。暑いです。

 今日は真っ直ぐ名護市のホテル「ゆがふいんおきなわ」を目指すことにしてカーナビにセットしましたが、那覇ICから乗れとの指示です。

 ちょっとデータが古いなと無視し、1月に来た時の記憶で那覇空港自動車道の豊見城・名嘉地IC経由で那覇自動車道に入りました。途中、帯広ではちょっと経験の出来ないような土砂降りの雨に遭遇しました。

 中城PAに寄り、その後一気に(と言っても近い)道の駅許田まで走って今夜のおつまみなどを仕入れました。

 ホテル「ゆがふいんおきなわ」に到着したのは17:45です。

 部屋は「あがり(東)館」のスタンダードツインで4階の東側でした。テラスから海は見えないこともないけれど、リゾートホテルではないので景色は期待しない方が良いようです。

 入り口側から見た室内。
Cimg1464

 窓側から見た室内。
Cimg1463

 ユニットバス。
Cimg1587

 冷蔵庫は恐ろしく小さくて、500mlのペットボトル4本が限界です。(クラスが上の部屋は不明です)
Cimg1585

 冷蔵庫の上はこんな感じ。
Cimg1586

 夕食は色々と調べてありましたが、雨も降っているのでホテルの隣の「居食屋 夕焼市場」にしました。写真は雨の降っていない別の日に撮影したもので、後ろに写っているのが「あがり(東)館」です。
Cimg1590

 メニューの表紙。
Cimg1465

 まずはオリオンビールの生、左はピーチなんちゃらサワー。(名前忘れました)
Cimg1468

 お通しはタコの頭ですが、美味しかった。
Cimg1469

 海ぶどうとジーマミー豆腐。海ぶどうは茎が多くて不思議でしたが、茎が固いということはありません。つぶつぶが取れてしまったのでしょうか?
Cimg1472

 グルクンカラアゲとスーチカー。スーチカーは豚の三枚肉を味付けて焼いたもののようで、歯応えがかなりあります。(^^;
Cimg1475

 アボガドとトマトのサラダ。
Cimg1477

 玉子焼き(アーサー入り)。
Cimg1479

 麩ちゃんぷる。これは美味いです。
Cimg1480

 チャーグー三枚肉ニンニクソース。絶品です。
Cimg1482

 泡盛は王朝の邦だったかなぁ。(^^;
Cimg1485

 最後にミミガーの料理を頼みましたが、意外に量が多くて食べ切れませんでした。(^^;
Cimg1488

 道の駅許田で買った品々。
Cimg1499

 左から琉球島豚ジャーキー、ミミガーの珍味ピリ辛(旨い)、ドラゴンフルーツ(カットして売っていた。150円と安い)、一口サイズのまんじゅう(美味い)、もずくの天ぷら(いまいち)。

 泡盛は大宜味村のマルタ。これが素朴で一番好きかも。

 シャワーを浴びて少し飲んでバタンキュー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

雁消滅

 沖縄の記録を書く前に、今日の観察記録を先に書きます。(^^;

 先々週は濃霧、先週は沖縄とハクガン達の動向を確認できなかったので、今日も十勝川下流域を目指しました。

 途中で見かけたタンチョウのファミリーは、いつもほぼ同じ地域で観察されています。親鳥の片方には「52V」「1052」の二種類の標識、幼鳥には「104」の標識があります。
Dsc08459

Dsc08469

Dsc08473

 大沼は一部氷結し、オオハクチョウが氷上で休んでいました。
Dsc08480

 この辺りから不安になってきました。先々週まで大量に見られたオオヒシクイの姿がまったくありません。そして畑や日陰には結構な雪が残っています。

 M沼を臨む位置から確認したところ、水面には何も見られません。雁類はもちろん、カモ、オオハクチョウさえも見られません。そして、いつも大量に降りていた牧草地も、別世界のように静まり返っていました。

 11/17に観察された記録がありましたが、どうやらそれが最後だったようで、本州に渡ってしまったようです。

 あっさりと(^^;諦めて、大津漁港を覗くとスズガモ、クロガモ、ヒドリガモが結構見えますが、すぐ目の前にハマシギが2羽いました。
Dsc08510

 手前のハマシギは左脚を負傷しているようで、片脚だけで不器用に移動していました。

 ハジロカイツブリ(冬羽)は久し振りです。
Dsc08520t

 十勝川中流域へ戻る途中、電線に小さな猛禽がいます。チゴハヤブサだと思うのですが、夏に見た時より色が薄く感じます。
 野鳥の会十勝支部の幹事さんに、チョウゲンボウの♀もしくは幼鳥と同定していただきました。
Dsc08542

 獲物を見つけて草むらに降りましたが、この後の写真はピンボケばかりでした。見た感じでは狩に失敗したようです。
Dsc08543

 十勝川に出ると、対岸の上空や森林を背景にオオワシが飛翔していましたが、川面はカラスとカモメばかりです。
Dsc08563t

 どうしてだろうと思って上流に向かうと、川岸ぎりぎりを徒歩で観察している人が数名いました。地元紙に、この場所にオオワシ、オジロワシが飛来していると報道されたためでしょうか、観察に訪れている人が結構いましたが、一様に車から降りていたり、わざわざ車を遠くに停めて徒歩で川岸を目指しています。

 これではワシ類は警戒して寄って来ません。観察の方法についても一緒に記事に書いて欲しいものですね。

 最後に市内の帯広川をチェックしましたら、例年になくアメリカヒドリ(混血含む)が入っていました。逆光になるため見ずらいのですが、5羽以上はいるようです。
Dsc08576t

 クビワキンクロはいないかなぁと双眼鏡で探すと、特徴のある嘴は隠していましたが、体側のラインと色が異なる(白ではなく銀色っぽい)のですぐに発見できました。
Dsc08585t

 左のキンクロハジロと比較すると、体側の線の形と色の違いが判ると思います。
Dsc08619t

 さて、沖縄で撮影したデータの現像をしなくては。(^^;

SONYα700 + SIGMA APO 50-500/F4-6.3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

CFカード紛失

 先の記事で沖縄へ行って来ますと書きまして、無事に帰宅はしているのですが、さっぱり報告を書く意欲が湧いて来ません。

 実は、沖縄で3日間撮り溜めた、800枚を超える野鳥の写真を記録したCFカードを紛失してしまいました。(T_T)

 紛失に気付いたのは帰宅した直後で、すぐにパソコンに移そうと思ってカバンを見たら・・・ありませんでした。

 ホテル、レンタカー会社、那覇空港、立ち寄った施設などに電話しましたが、今も見つかっていません。

 沖縄県警の遺失物情報のHPもチェックしていますが、届けられてはいないようです。

 億首川河口、やんばるの林道、喜如嘉の水田地帯、豊見城近郊などで撮影した沖縄の固有種や渡り鳥などの、私にとっては貴重なデータが全て消えてしまいました。

 ナベヅル幼鳥、ヘラサギ(クロツラではない方)、クロサギ、リュウキュウハシブトガラス、リュウキュウキジバト、正体不明の小鳥など、北海道では見られないか迷鳥の野鳥の数々が、全て消えてしまいました。

 誰か検索してくれるかもしれないので、紛失に関する情報を書いておきます。

 紛失したのは、SanDisk ExtremeⅣ CompactFlash 16GB。
 紛失した日は11月16日か17日。
 移動先はカードを交換した豊見城市与根漁港北防波堤→与根と豊崎の境→あしびなー→那覇空港→DFS→ロコアナハ→やちむん通り→国際通り→居酒屋→ホテルで宿泊→那覇空港。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

職場離脱

 私の勤務先は、相互牽制のために年に一度連続5日間の休暇が義務付けられています。

 しかし、昨年度7月と3月末に部下の役席者2名が退職し、4月の人事異動で配置されたのは残り年数1年しかない役席者が1名のみだったため、私の担当業務を指導するどころか、役席者が不足している業務まで兼務しなければならず、例年夏の終りに取得している連続休暇のキャンプは勿論断念し、土日祝日さえも仕事に出なければならなくなりました。

 そのため、特に専門知識を要する業務を4月以降若い役席候補者に特訓していましたが、何と8月の人事異動で支店に転勤となってしまったのです。(T_T)

 義務付けられている休暇を取るため、急遽残り年数半年となった役席者を猛特訓し、不安がる部下を残して、何とか今日から土日を挟んで連続7日間の休暇となりましたが、もうキャンプに行ける季節でもないし、今年は結婚30周年の節目でもあるため、女房と沖縄へ旅行してくることにしました。

 日程は、前後1日を残し、明日11月13日から4泊5日とちょっと短めですが、ヤンバルでの野鳥観察や女房の行きたいところなど凝縮した旅になりそうです。

 沖縄は女房とは3回目、私は今年の1月下旬以来の4回目ですが、行く度にいわゆる観光地巡りは少なくなり、それぞれが本当に見たいところがメインになってきましたし、宿泊するホテルも毎年北に上がって行き、今年は北へ行くにも南へ行くにも都合のよい名護市内にしました。

 今回は、モバイルパソコンがご臨終のためパソコンを持参しません。そのため、旅行中は書き込みも読むことも出来ませんので、帰宅してから少しづつ報告することになります。

 では、最低限の撮影機材を持って沖縄地方の固有種に会いに行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

初積雪

 既にちらつく程度の初雪は観察されていましたが、今朝、この冬初の積雪となりました。

Cimg1456t
CASIO EXILIM EX-FC100

 10月31日に冬タイヤに取り替えてたし、ワイパーブレードは昨夜冬用に取り替えておいたので安心です。

 急遽バスで通勤した同僚がいましたが、週間天気予報で判っていたはずなんですけどねぇ。(^^;

 雪が降って一番心配なのは野鳥の動向です。ハクガンはもう少し残っていてくれるでしょうか。今週末は観察に行けないので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

とんかつ つかさ

 今日の昼食は幕別町札内あかしや町の「とんかつ つかさ」です。
Cimg1453

 以前、地元のケーブルテレビOCTVで紹介されてから一度は行こうと思い、先週の11月3日に行ったら定休日だったのでリベンジです。(^^;

 駐車場は店の前に5台程度でしょうか、着いた時は満車で、空くまで待ちました。

 店内はカウンター3席、小上がりのテーブルが4卓です。

 丁度大人数が出たところで片付けるのも大変そうだし、女房と二人だったのでカウンターにしました。

 カウンターにしたのは正解で、手際よく調理する姿を見ながら待つことが出来ました。

 私はAロース定食。
Cimg1451

 女房はSミックスフライ定食。(ピンボケ)
Cimg1452

 とても美味しく、何一つ残さずに完食しました。(^^)
Cimg1449

Cimg1450
CASIO EXILIM EX-FC100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濃霧で見えない

 今日の帯広市の天気予報はピーカンの快晴。

 いそいそと準備して7時前に出発しましたが、幕別町本町に入ったところから濃霧に突入です。まぁ、日が高くなれば晴れるだろう。(^^;

 途中立ち寄った沼にはタンチョウの親子がいました。標識No.102の幼鳥を連れた家族で、10月24日に観察したのと同一の場所、個体ですが、親鳥には標識の無いことが確認できました。
Dsc07074
SONYα700 + SIGMA APO 50-500/F4-6.3 (230mm)

 現地手前のM沼は濃霧でまったく見えず、窓を開けて鳴き声を探しましたが何も聞こえません。

 8時30分頃に目的地に着きましたが、オオヒシクイはいるものの濃霧でほとんど見えません。
Dsc07075
SONYα700 + MINOLTA AF600/F4

 少し引いた写真ですが、こんな状況でスコープで観察したもののマガンもハクガンもカリガネもシジュウカラガンも見えません。オオヒシクイのみです。(^^;
Pict0320
KONICA MINOLTA α-7D + SONY 70-300/F4.5-5.6 G SSM (135mm)

 車外に出て周りを双眼鏡で観察していると、道路脇の木にホシガラスが飛来しました。

 ホシガラスは初見、初撮影ですが、こんな悲しい写真しか撮れません。決してモノクロではありません。(^^;
Pict0324t
KONICA MINOLTA α-7D + SONY 70-300/F4.5-5.6 G SSM (300mmをトリミング)

 ホシガラスって高山とかにいるようですが、まさか海岸近くの畑地で見るとは思いませんでした。

 現地で2時間半ほど霧の晴れるのを待ちましたが、風があるのにさっぱり晴れません。

 少し見通しが効くようになってもこの程度なので、今日は諦めることにしました。(T_T)
Dsc07079
SONYα700 + MINOLTA AF600/F4

 帰り道で見かけたNo.012のタンチョウ成鳥です。
Dsc07086t
SONYα700 + MINOLTA AF600/F4 (トリミング)

 まだそんなに寒くないし、積雪も無いので、多分ハクガン達はまだいることでしょう。でも来週は観察に行けません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

大腸内視鏡検査

 8月4日に受けた大腸バリウム検査でポリープの疑いがあるとの所見から、今日は大腸内視鏡検査を受けてきました。

 3日前から消化の良い食事ということで、白米と具のない味噌汁と紀州産梅塩だけの朝食や、ネギも何も乗せない素うどん、そばの昼食とか、夕食のうどん鍋はうどんしか食べないなどの努力を重ね、昨日の夕食はお粥を19時前に済ませ、万全の準備を整えました。

 昨日の21時にプルゼニド2錠、コップ一杯の水に溶かしたラキソベロン液を飲んで排便を促したものの、前回同様さっぱりもよおしてきません。(^^; その間に、翌朝に飲む経口腸管洗浄剤「ニフレック」を2リットルの水で溶かしておきました。

 翌朝は5時30分からニフレックを飲まなければならないのに、なかなか便意がやってこないので23時30分に無理やり頑張りましたが、下痢ではなくて普通のうんちが少し出ただけです。仕方ないので0時に就寝しました。

 今日は5時に起床してニフレックにガスコンドロップを溶かし、5時30分から飲みはじめて決められた量を決められた時間に飲んだものの、1リットル飲んでも便意がきません。(^^;

 ひょっとして検査は延期かなと思いましたが、1.2リットル飲んだところで最初の便意がやってきて排便したものの、透き通った水様とはかけ離れています。こりゃまずいかな。

 途中でもう一回トイレに行った後で2リットルを飲み切りました。ちなみに、ニフレックはスポーツドリンクを薄めたような感じで、思ったより苦も無く飲めました。

 飲みきって10分後くらいから順調に便意がやってきます。いかにも腸内を洗浄しているといった勢いです。でも、まだ濁りがあるような気がするんですよねぇ。ところが、自宅を出る直前になって説明書通りの透き通った黄色い水だけになりました。よかったぁ。(^^;

 病院で受付を済ませ、検査着に着替えて点滴の針を刺し、いよいよ大腸カメラです。

 横になって麻酔(眠くならない)を打って肛門にカメラが挿されました。最初は「おおおっ!」という感触ですが痛くはありません。そして腸内に残った水分を吸い取りながらカメラが押し込まれて行きます。

 腸の曲がり角なのか、時々軽い痛みはありますが大したことはありませんでした。それよりも、横になっているので背面にあるモニターが見えず、患者には見せないんだぁとちょっとがっかりです。

 カメラが大腸の最後まで到達した時点で仰向けになるように指示されました。おおっ、モニターが見えます。

 検査はカメラを抜きながら行うんですね。私にも画面がはっきりと見え、ピンクの腸壁や毛細血管なども良く見えます。

 抜きながら所々で撮影したり、また少し挿し込んで良く観察したりしています。私には腸壁の凸凹が正常なのか異常なのか判りません。

 最後に直腸まで行ってカメラが外に出る瞬間は、自分の肛門がアップで映し出されました。(^^; ちなみに、抜いている時は痛みはまったくありませんでした。

 検査室のトイレで大腸に入れられた空気を抜いて医者からの説明です。癌が発見されたら、それなりの治療や身辺整理をしなくちゃいけないなと覚悟して臨みました。

 「う~ん、バリウム検査の時はカスが残っていたのかなぁ。ポリープは有ったけれど、1mm位なので取るまでもないですね。毎年のドックで経過を見ましょう。」

 覚悟はしていたものの、何も問題はないと言われた時は心底ほっとしました。思わず「ありがとうございました」の言葉に力が入りました。(^^)

 丈夫な内臓に産んでくれた両親に感謝です。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年11月 3日 (火)

シジュウカラガン 2009/11/03

 今日は、前回観察することの出来なかったシジュウカラガンを探しに行ってきました。

 走行ルートはいつもと同じでしたが、途中に多く見られたオオヒシクイの群が、少し小規模になったようです。

 それと、目的地に到着するまでの間タンチョウはまったく見ませんでした。出発時刻を1時間遅らせたことも関係しているかもしれませんが、今朝は-3.7度と冷え込み、朝早く起きるのが辛くって。(^^;

 十勝川下流域のM沼を見るとハクガンが降りています。やっぱり1時間遅かったかなぁ。でも今日は別の目的があるので悔しくはありません。(^^;
Dsc06994
SONYα700 + SIGMA APO 50-500/4-6.3

 いつもの牧草地に着くとオオヒシクイ、マガンの群が採食しています。双眼鏡で探すと、いましたいましたシジュウカラガン。

 順光の位置に移動し、まずはデジスコで撮影しましたが、最近デジスコでの遠距離の撮影が上手く撮れないので、今日は無精せずにロクヨンをセットしました。
Dsc07014t
SONYα700 + MINOLTA AF600/4 + SONY 1.4X TELECON

 首の付け根の白いリング、頭頂部が平であることがシジュウカラガンの特徴です。
Dsc07025t
SONYα700 + MINOLTA AF600/4 + SONY 1.4X TELECON

 ちょっとピンボケですが、羽を広げてくれました。意外と大きい翼ですね。
Dsc07029t
SONYα700 + MINOLTA AF600/4 + SONY 1.4X TELECON

 ちなみに、下の写真は今年の3月29日に同じ場所で撮影した個体ですが、首輪が無く、頭頂部が平でないことからヒメシジュウカラガンと思われますが、識別は難しいです。
Dsc02500t
SONYα700 + MINOLTA AF600/4 + SONY 1.4X TELECON

 車をブラインドにして一服していると、オオヒシクイが降りてきたので300mmで撮影してみました。
Pict0317t
KONICA MINOLTA α-7D + SONY 70-300/4.5-5.6G SSM

 写真は沼のハクガン以外はトリミングしています。

 最後はシジュウカラガンの動画です。

Kowa TSN-884 + TSN-VA3 + TSN-DA100 + CASIO EX-FC100

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

バードテーブル新築

 野鳥に餌をやることには賛否両論がありますが、我が家では積雪している厳冬期だけ庭にバードテーブルを設置して、野鳥の訪問を楽しみにしています。

 今年の春、老朽化したので修理しようと庭から撤去し、自宅の壁に立てかけておいたら強風に煽られて倒れてしまい、朽ちかけていたこともあって木っ端微塵に崩壊してしまいました。(^^;

 親の所で何年か使い、我が家の窓から見える所に移設してからも何年か使い、どれだけの年数を経過したか判りませんが、屋根の板などもポケポケになるほど朽ちていました。

 崩壊前の写真です。
Dsc09856t

 自作しようかとも思いましたが、毎日仕事は遅いし、休日も何かと忙しいのでホームセンターを覗くと、今まで使っていたものと同じと思われるバードテーブルが売っています。

 購入して、まずは補強です。

 各部材の接合はタッカーのような細い針で打ち込んであるだけで、以前のバードテーブルはこの針が錆びて折れてしまって屋根板が剥がれたことから、各接合部は木ネジで補強しました。
Cimg1352t

 更に、耐久性を持たせるために屋根など風雨に晒される部分はクリアラッカーで塗装しました。
Cimg1351t

 これで今までよりは長持ちすることでしょう。
Cimg1350t

 早く根雪にならないかなぁ。

 ちなみに、昨冬はシジュウカラ、ハシブトガラ、ヒガラ、シロハラゴジュウカラ、シメ、ヒヨドリ、エゾアカゲラ、スズメが訪れました。日中は仕事で見られないのでもっと他の鳥も来ているかもしれません。

 出勤前の朝が主な観察時間帯です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

仙美里ダム

 昨日、カメラの日付を一年前にしたまま撮影してきました。(^^;

 仙美里ダムは足寄より少し南の利別川にあります。存在は昔から知っていましたが、訪れたのは初めてです。

 水面に水鳥が見えますが、陸地から遠く離れたところにいるため、鮮明な写真は撮れませんでした。

 写真は皆赤茶けていますが、ダム湖の向こう側の落葉松などの木々が黄葉していて、それが写り込んでいるためです。

 最初に目に付いたのは、何とユリカモメ(冬羽)でした。仙美里ダムは、海岸から直線で70kmほどでしょうか、結構上流まで飛んでくるんですね。
Dsc06872t

 ホオジロガモを見ると、冬が来たんだなぁと思います。
Dsc06875t

 流木の上でまどろむマガモ達。足寄のこの日の朝は-2.3度だったので、寒かったのかな。
Dsc06917

 他には、カワアイサが大量に入っていました。

 湖の西側に、湖面に沿って道があったので進んでみました。

 河畔林で見かけたエゾアカゲラ♀ですが、枝に被る位置から出てはくれません。
Dsc06941t

 更に上流に進み、もうすぐで足寄町市街というところまで来て、この道は途切れていました。

 結局ダムまで戻るしかありませんでした。(T_T)

 ブログの写真の表示方法をまた変えてみました。どちらが使いやすいか悩んでいます。

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大失敗

 先日、GPSロガー「DL/G*201」とフリーウェアの「轍」でRAWから現像したJpegとはリンクしないので、SONY GPSユニットキットGPS-CS3Kを買ったと書きましたが、原因は私でした。(^^;

 昨日、所用で足寄へ向かったので、テストを兼ねてGPS-CS3でログを取り、撮影した写真で試してみました。

 ところが、CASIO EXILIM EX-FC100で撮影したJpegには位置情報が書けるのに、SONYα700で撮影したRAWには書けません。

 どうしてだろうと、マニュアルやQ&Aを調べましたが原因が分かりません。

 そして、何気なくファイルの上にカーソルを置いたときに表示される文字を見て愕然としました。

 「写真の撮影日:2008/10/31」と表示されています。ファイルのタイムスタンプの日付も2008/10/31じゃないですか。(T_T)

 いつも撮影に出発する前に電波時計とカメラの日時を合わせるのですが、10月24日の朝、たまたま00秒に近かったので慌てて設定した時に、うっかり年まで変えてしまっていたようです。(^^;

 RAWデータの撮影日時を修正するソフトは見当たりませんが、現像した後にJpegのExifを書き換えるフリーウェアで日付だけを修正すれば、きちんとGPSログとリンクしました。

 「轍」が使う日時は、ファイルのタイムスタンプなのか、Exifの日時なのかもう一度確認しなくては。

 (※その後調べましたら、轍はExifの日時を使用していました。)

 GPS-CS3と付属ソフトも少し使ってみましたが、DL/G*201 + 轍とどちらが使いやすいか比較するまでは使いこなしていないので、現時点ではあまり言及しませんが、今のところ轍の方が使いやすい感じがしています。

 無駄な買い物にならなければいいけれどなぁ。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »