« 沖縄やんばるエコツアー 1日目 | トップページ | 沖縄やんばるエコツアー 3日目 »

2009年2月11日 (水)

沖縄やんばるエコツアー 2日目

2009/01/24 (土)

 朝食前に野鳥観察ということで7時に出発したと記憶していますが、GPSロガーの記録は少し進んだ所で6:38となっていました。今回のツアーでは、時々GPSロガーが電波を受信出来ないことがありましたが、位置を測位した時点での時刻は正確だと思うものの、機械に頼ってメモしていなかったので自信がありません。6時出発予定だったかな。(^^;

 バスに乗っているとどこを走っているか分からないものですが、前回訪問の記憶が残っていて、県道2号線に入り安田方向に向かっていることが分かります。

 時間も位置も判りませんが、バス前方の道路の法面をヤンバルクイナが掛け上がって行きました。座席の位置によって明暗が分かれ、ヤンバルクイナの姿を見ることが出来たのは数名だけだったようです。

 途中から安田方向とは違う道に入りました。そこは私も初めての場所で、多分ヤンバルクイナの個体数が多い所なのでしょう。
 牧草地の縁に姿を現すことがあるということでバスを降りて暫く観察しましたが、残念ながらヤンバルクイナは観察出来ませんでした。
 ここでは、南部にはいないリュウキュウハシブトガラスが多数見られました。こちらのハシブトガラスより少し小さい感じです。

 前回沖縄に来た時には「キジバトかぁ」と思っていましたが、リュウキュウキジバトということで撮影。(^^;

Dsc00091t
 草地の縁に何かがいるとのことで止まって見るとシロハラクイナでした。
 あっという間に藪に入ってしまい、何とかシロハラクイナと分かる程度の酷い写真でした。(T_T)
Dsc00107t

 この辺りには、ヤンバルクイナを守るための色々な看板がありました。
Dsc00102

Dsc00114

Dsc00116
 

 一旦ホテルに戻り、遅い朝食の後は奥間林道、大国林道へ入ります。

 最初に訪れたのはこの場所。
Dsc00125

 やっぱりいるのかなぁ。(^^;
Dsc00128

 アカヒゲの鳴き声が聞こえるものの、姿は見えませんでした。
Dsc00131

 カンヒザクラとリュウキュウメジロ。
Dsc00203t

Dsc00242t

 皆、リュウキュウメジロに夢中です。
Dsc00262

 花の蜜を舐めています。
Dsc00296

 国指定天然記念物のオカヤドカリ。冗談で久高さんに「食べられないのですか?」と聞くと、勿論冗談で「黙っていますからどうぞ」と言われてしまいました。(^^; 天然記念物を食べられる訳がありません。(^o^)
Cimg4375t

 林道に戻ると、ススキ?と紅葉に気づきました。沖縄の植物ではあまり紅葉は見られないとのことでしたが、この一角だけは秋のような景色でした。
Dsc00318

 ここへの道も、これら行くであろう場所も、一昨年たった一度、しかも車に乗せていただいていたのですが、何となく記憶に残っています。

 やはりここに到達しました。やんばるの森を一望できる、比地川に架かる長尾橋です。
Dsc00320

 残念ながら今回もカラスバトには会えませんでしたが、素晴らしい眺望を楽しみました。
Dsc00321

 林道にある注意書き。当然のことを書かなくてはいけないのは寂しいですね。
Dsc00327

 道の駅ゆいゆい国頭でトイレとお土産購入です。今回はあまりお土産屋さんに行く時間は無いので、皆さん色々と買われていました。私も前回お気に入りだった数品を買いました。

 道の駅の横の電柱にサシバがいましたが、すぐに飛ばれてしまいました。(T_T)
Dsc00344t

 昼食は大宜味村の「笑味の店」です。
Cimg4379

 経営者の金城さんは香友会の会員で、料理の説明を受けながら沖縄の伝統的な家庭料理を盛り込んだという「長寿膳」をいただきました。
Cimg4396

 午後からは大宜味村にある水田(米ではなくてアヤメ科の植物)で野鳥観察です。水田の上をリュウキュウツバメが飛び交いますが、なかなか撮影することが出来ません。何とかツバメらしき姿を捉えたのはこの1枚のみです。
Dsc00364t

 畦にいるのはタカブシギと教えていただきました。
Dsc00384t

 こちらはアマサギです。
Dsc00441t

 久高さんが畝の間にリュウキュウヨシゴイがいるのを見つけました。良く見つけるものだと感心してしまいました。
Dsc00453t

 飛翔するコサギ。実ははっきりとコサギを観察したのは今回が初めてですが、足が黄色いので識別しやすいですね。
Dsc00514

 はっきり写っていませんが、カンヒザクラの中にいるのはリュウキュウヒヨドリです。こちらで観察されるヒヨドリよりもかなり色が濃い感じです。
Dsc00536t

 リュウキュウツバメに挑戦しているCさん。上手に撮れたのでしょうか。
Dsc00553

 続いて向かったのは国頭村安波にある「やんばる学びの森」です。到着が遅かったけれど久高さんの案内でネイチャートレイルの一部を見学しました。
Dsc00567

 キャノピーテラスの上で、学びの森を作るに至ったお話や、キャノピーテラスの目的など、興味深い話を聞かせていただきました。そしてキャノピーテラスにいるとヤンバルクイナやノグチゲラの鳴き声が聞こえてきます。姿は見えませんが感激しました。

 さらにトレイルを進み、吊橋の上にいると前方の茂みにアカヒゲがいたのですが、一列に並んでいたので姿を確認出来たのは前の方の数人だけでした。薄暗い場所でしたので、撮影はしませんでした。

 少し進むと、かなり近くでノグチゲラが鳴いていましたが、やはり姿は見えませんでした。

 フイールドセンターアタビーを見学した後は一旦ホテルに戻り、今夜の夕食も「居酒屋シーサーズ」ですが、夜も観察に出かけるために昨夜ほどの宴会にはなりません。そそくさと食べて飲んでホテルへ戻ります。

 20時過ぎにバスで出発し、先に出発していた久高さんと合流しました。観察するのはヤンバルクイナです。

 人数が多いので2班に別れ、私は最初の班に入りました。途中で懐中電灯を消し、双眼鏡で久高さんが照らす森の中を見ると、少し高い枝にヤンバルクイナがいました。濃いオレンジ色の嘴と足、特徴的な体の模様も確認出来ました。でも照らした時間は3秒程でしょうか。警戒されるので一瞬だけの観察でした。

 第2班が戻って来ましたが、ヤンバルクイナは警戒して木から降りてしまったようで観察出来なかったとのことです。見ることの出来なかったメンバーには申し訳ないと思いました。

 お腹がすいたのでホテルに帰ったら隣の寿司屋さんにでも行こうと思っていましたが、21時40分に戻るともう閉まっていました。(^^; 近所のスーパーで買っておいた泡盛とおつまみで済ませましたが、良く考えたら居酒屋シーサーズなら営業していたのかもしれません。失敗したなぁ。

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG
CASIO EXILIM EX-Z3

|

« 沖縄やんばるエコツアー 1日目 | トップページ | 沖縄やんばるエコツアー 3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄やんばるエコツアー 2日目:

« 沖縄やんばるエコツアー 1日目 | トップページ | 沖縄やんばるエコツアー 3日目 »