« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月22日 (日)

カードリーダー速度比較

 古いカードリーダーでCFカードからコピーするのにやたらに時間が掛かるため、サンワサプライのマルチカードリーダライタADR-MLT111BLを購入しましたが、果たしてどの位速くなったのか実測して比較してみました。

 沖縄での探鳥会では全てRAWで撮影し、撮影枚数のこともあってやっぱりJPEGで行こうと思っていますが、テストはRAWで行いました。

 コピーしたファイルはRAW×419枚 7.43GBです。

1.昔買ったメーカー不明のカードリーダー(Vics RD6と表記されています)

コピー先  SanDisk SONY
USB外付HDD 38分20秒 59分13秒
内蔵HDD 38分15秒 59分03秒

 古い方は、カードリーダーの読込み速度が遅いため、外付、内蔵HDDへの転送速度の違いには影響されず、コピー時間に差は僅かしか現れませんでした。

 しかし、古いカードリーダーでSONYよりもSanDiskの方が速い理由は何なんでしょうねぇ?両方ともUDMA 300x 45MB/sなんですが。(゜゜?

2.サンワサプライ マルチカードリーダライタADR-MLT111BL

コピー先  SanDisk SONY
USB外付HDD 13分35秒 13分35秒
内蔵HDD 9分00秒 8分59秒

 やはり新しく購入したカードリーダーはかなり速いことが判ります。そしてSONYとSanDiskの速度差はまったくありません。1秒の差は時計を目視したための誤差と思われます。

 もうひとつ、普段は撮影データを外付HDDにコピーして保存していますが、当然の結果ではありますが、内蔵HDDの方が格段に速いことが数値にも表れました。

 パソコンの内蔵HDDは容量の少ないものを整理してあげれば増やすことは可能ですが、買うなら1TB以上の内蔵HDDにしたいですし、現在のインターフェースはUltraATA8台分のため、増設したUltraATA/133カードを外してSerial ATAにしなくてはならず、先立つものと暇がありません。(^^;

 欲しいものがどんどんと増えて困ったものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

地吹雪

 昨夜から降りだした雪は大したことはなくて夜半にはやんだので、朝起きてから雪よけしようと思っていましたが、今朝になって外を見てびっくり。猛烈な地吹雪です。
Cimg4463_2 

 風が強くなるのは分かってはいましたが、こんな風では外に出る気になれません。

 車の屋根も、右側に見えるお向かいの屋根も雪が飛ばされています。写真には写ってはいませんが、車の下は雪が飛ばされてアスファルトが露出していました。

 のんびりと朝食をとり、少し風が弱まった頃に雪よけしましたが、除雪機が飛ばす雪の多くは強風で風下へ飛んで行ってしまいました。(^^;

CASIO EXILIM EX-Z3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

小物を色々と

 コンデジのCASIO EXILIM EX-Z3ですが、買ってから随分と経っているためにバッテリーが持たなくなってしまいました。

 2泊3日の沖縄旅行位は持つだろうと思ったら、3日目で電池切れとなってしまいました。撮影枚数は111枚です。
 純正品は高いのでサードパーティーを探し、ロワジャパンのバッテリーを購入することにしました。

 ついでに、女房のSONY DSC-H50も予備バッテリーを買っていなかったので、ロワジャパンで買いました。

 左がCASIO EXILIM EX-Z3用のNP-20-SA 1,200円、右がSONY DSC-H50用のRW-BG1-C 1,585円。
Pict0094t

 お次はサンワサプライのマルチカードリーダライタADR-MLT111BL。

 満杯になった8GBのCFカードからHDDに移すのに、SanDiskで40分、SONYだと60分(゚゚)なんて表示されます。

 かなり昔に買った安物のカードリーダライタ(一応High Speedとは書いてある)のせいかなと思い調べると、最近のはUDMA16GBに対応と書いてあるし、女房のDSC-H50のメモリースティックPRO Duoも読み込めるということで購入しました。
Pict0100t

 はたして速いのかは、まだ満杯のカードを読んでいないので判りません。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

沖縄みやげ

 今回の沖縄は短期間でスケジュールびっしりのため、おみやげを買う時間はあまり有りませんでしたが、それでも一応少しは買いました。ちなみに、オリオンビールは持ち帰らずに現地で消化しちゃいました。(^^;

 まずは大宜味村の「笑味の店」で購入した「シークワーサードレッシング」と「たれ」です。
 「たれ」は撮影前に使ってしまいました。(^^;
Pict0103t

 「たれ」は結構あっさりしています。ドレッシングはシークワーサーの酸味と甘味が何とも不思議な味でした。

 続いてシークワーサー入り「こうれいぐぅすー」と「ふりかけマース」。マースとは塩の意味です。
Pict0106t
 ふりかけは3種類あって、「シークワーサーとウッチン」をチョイスしました。ウッチンはウコンのことらしいです。他にパパイヤも入っています。
 こちらは両方とも賞味していないので味は不明です。(こうれいぐぅすーは知ってます。辛いです。)

 国頭村の道の駅「ゆいゆい国頭」で購入したのは、何と言っても泡盛の「山原くいな」(古酒 35度)です。
Pict0108t
 前回は2合壷入を買いましたので、今回は「だちびん」というのを買いました。容量は同じく2合です。
 野鳥の会の新年会で飲んじゃいました。

 これはマルちゃんの沖縄限定販売のインスタント「沖縄そば」です。
Pict0112t
 これも前回行った時に買って、意外に美味しかったので今回も買いました。
 沖縄の人が聞いたら怒るかもしれませんが、北海道人の口に合うと思います。(^^;

 他に「塩ちんすこう」も買いましたが撮影前に食べちゃいました。(^^;

 ホテルの近所のスーパーで買ったのは「山原くいな」(30度 720ml)で、部屋で飲むためでおみやげではありませんが、残ったので自宅まで連れ帰りました。
Pict0111t

 許田の道の駅で見かけ、「沖縄限定」に釣られて買ったのはタバコ3個セット。
Pict0115t
 銘柄が見えないので袋から出しました。
Pict0118t

 いずれもタール17mg、ニコチン1.2mgと、私にはかなりキツイです。

 写真はありませんが、御菓子御殿のおみやげが多数。ただし、出発前にネットで注文し、出発当日に届きました。(^^;

 現地で買う余裕が無いのが分かっていたのと、荷物になると大変ということで事前に注文しましたが、これは楽でいいです。数に関わらず送料1,000円ですから、現地で苦労することを考えると安いものです。

 それから那覇空港で海ぶどうも買いました。美味しかったぁ。(^^)

KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL
KONICA MINOLTA AFズーム 28-75mm F2.8(D)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

新春探鳥会

   2月7日、8日と日本野鳥の会十勝支部の総会、新年会、新春探鳥会に参加してきました。

 会場となったのは十勝川温泉のはずれにある民宿「田園」で、薄茶の振る舞い、まじめな総会と楽しい新年会、そしてプロジェクターで会員の持ち寄った野鳥の写真を楽しんだり、お琴の演奏を聴いたりと盛りだくさんでした。

 写真は十勝支部で所蔵している野鳥の仮剥製の一部ですが、ハシブトガラスの下は私が拾ったアオシギ、さらにその下はヤマシギですが、比べてみるとなるほど蒼いのが判ります。
Cimg4442t

 翌日は探鳥会ですが、ワシの調査日と重なったために支部長他数名は調査に向かい、集合場所に集まった8名で開催されました。

 最初は十勝川温泉の護岸ですが、いつもの顔ぶれが集まっていました。

 カワアイサのペア。
Dsc00891t

 ホオジロガモのイナバウアー。(古い?(^^;)
Dsc00896t

 喧々諤々のオオハクチョウ。
Dsc00897t

 マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ。
Dsc00904

 スズメも可愛いですね。
Dsc00907t

 十勝中央大橋の主塔ではハヤブサが獲物を探しています。
Dsc00912t

 オオセグロカモメは、この辺りでは良く見かけます。
Dsc00918t

 続いて千代田新水路に向かい、オオワシ、
Dsc00948t

 ベニヒワ約200羽を観察しました。
Dsc00969

 管理棟へ向かう途中にオオタカがいたそうですが、先頭で新雪をかき分けて走っていたので気付きませんでした。(^^;

 帯広川下流ではアメリカヒドリ、クビワキンクロ、ヨシガモ、ミコアイサなどが目を引きました。

 アメリカヒドリ♂とヒドリガモ。
Dsc00992t

 着水体勢のオオハクチョウ幼鳥。足が大きいですねぇ。
Dsc01003t

 中央にクビワキンクロ♂、右上にミコアイサ♂、左上にヨシガモ♂。
Dsc01031t

 ヨシガモ♂が3羽。
Dsc01044t

 そこから徒歩で相生中島の十勝川本流を目指し、対岸にいるイカルチドリを観察しました。

 本流を目指します。
Dsc01070

 ガイド役となったIさんが1羽いると言うのですが、ファインダーを覗くと2羽います。私とIさんは少し違う場所を見ていたようで、結果的に3羽いました。

 後方に2羽。
Dsc01076t

 前方に1羽。
Dsc01092t

 行く手を阻むハクセキレイを威嚇?
Dsc01105t

 後ろの2羽が追いつきました。先頭はハクセキレイです。
Dsc01108t

 帯広川に戻ったところではカシラダカを観察しましたが、イカルチドリもカシラダカも私は初観察でした。
Dsc01115t

 観察中は風もなくて天気に恵まれていましたが、帰宅と同時に地吹雪となりました。

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG
CASIO EXILIM EX-Z3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

CFカード追加

 沖縄へ行く直前にCFカードを1枚追加しました。

 購入したのはSanDisk ExtremeⅣ 8GB 45MB/sです。
Pict0096t

 旅行にはSanDiskの他に、SONY CompactFlash 300X (8GB)、Lexar CF2GB-80-380 (2GB)の計18MBで臨みましたが、8GBを2枚とも使い切り、予備の2GBを含めての撮影枚数は914枚でした。

 少ない撮影可能枚数に怯えて連写も控えたのですが、実は今回初めてRAWで撮影したのです。

 確かに、撮影モードそのままなら現像も苦にならないし、ホワイトバランスなどの変更も出来て便利なのですが、使ってみて、果たして私のような証拠写真程度にRAWは必要なのか?と思ってしまいました。

 PCのディスプレイが小さくて横長ではないのも現像しずらい原因だし、1枚18MBにもなるファイルのデカさも気になるし。(^^;

 やっぱりJPEGでいいや。

 でも、今まではラージ/ファインで撮影していたけれど、ラージ/エクストラファインにグレードアップすることにします。(^^;

 ちなみに、同じ8GBでも表示される撮影可能枚数は若干異なります。

SONYα700での撮影可能枚数

  SanDisk SONY
RAW 416 406
エクストラファイン 748 730
ファイン 1,396 1,363

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

ドカ雪

 十勝名物のドカ雪が降りました。

 昨日夕方から降り出した雪ですが、今朝起きると40cm程積もっています。
Cimg4449

 湿った重い雪のため、除雪機で2時間以上掛かって自宅、隣の親の敷地、両隣を含めた4軒分の歩道、町内会のゴミステーションまで完璧に除雪しました。

 使っている除雪機は、数年前に中古で購入したヤマハのSA560Eという機種でとても小さいのですが、実家の狭い通路などにも入れて使いやすい機種です。
Cimg4452

 バッテリーは死んでいてセルは回らないのでエンジン始動は手動だし、走行クラッチがへたっていて時々前進を拒んだりするし、バッテリーが死んでいるので電動シューターの回転はやたら遅いけれど、腰痛で2回入院している私には力強い助っ人です。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

沖縄やんばるエコツアー 3日目

2009/01/23 (日)

 もう最終日です。(T_T)

 ホテルで朝食を食べ、8時少し前に出発し、最初の目的地にはトイレが無いために道の駅許田に寄りました。
 駐車場ではハクセキレイとイソヒヨドリが歩き回って楽しませてくれました。
Dsc00618

Dsc00596t
 最初の目的地は金武町の億首川河口周辺です。

 水田にはシギチがいっぱいいますが、識別が苦手なんです。(T_T)

 これはムナグロの冬羽ですね、多分。(^^;
Dsc00645t

 セッカも群れていました。北海道にはいないので、もちろん初観察です。風が強くて御髪がちょっと乱れていますが、足を広げてセッカらしさを見せてくれました。(^^)
Dsc00694t

 ツメナガセキレイ(冬羽)も群れていました。サロベツ原野で苦労したのが嘘のようです。(^^;
Dsc00711t

 タイワンシロガシラは何故かあまり好きではないのですが、北海道では観察出来ないのでパチリ。
Dsc00733t

 泥も逆光で輝くと綺麗ですね。コチドリは可愛いなぁ。
Dsc00735t

 イソシギも久し振りに見ました。ヒバリシギもいたそうですが、判りませんでした。(T_T)
Dsc00743t

 ちょっとピンボケですが、シロハラです。
Dsc00760t

 億首川のマングローブとキアシシギ。沖縄らしい景色ですね。
Dsc00763t

 田圃の縁にはこんな看板も設置されていました。
Dsc00787t

 コサギって綺麗ですねぇ。
Dsc00791t

 続いて訪れたのは豊見城市の漫湖水鳥・湿地センター。
Cimg4410t

 センターで湿地の説明を受け、ビデオを見た後に工事中の木道を見学し、とよみ大橋の下を抜けて野鳥観察です。

 ズグロカモメが一羽、沖縄らしい町並みを背景に飛んでいます。
Dsc00809

 近くにはアカアシシギ。
Dsc00814t

 遠くにはダイシャクシギとミサゴ。
Dsc00824t

 近くにズグロカモメが降りました。
Dsc00864t

 ズグロカモメの後姿です。
Dsc00870t

 漫湖での観察風景。晴れていますが寒いのです。(^^;
Cimg4418t

 今日のお昼は那覇市識名の「てんtoてん」。香友会沖縄県支部長の安次富(あしとみ)さんに紹介していただきました。

 メニューから
Cimg4433
 「木灰すば」(手ブレ)
Cimg4430
 「古代米おにぎり」
Cimg4432
 「あまがし」
Cimg4436
 そして「ぶくぶくー茶」です。
Cimg4439

 木灰すばは、今まで食べた沖縄そばの中で一番美味しかったです。

 昼食後、空港へ向かう前にクロツラヘラサギが10羽集結している場所に寄る予定でしたが、時間が押してしまい飛行機に間に合わなくなるために断念しました。

 漫湖水鳥・湿地センターにあった剥製を写しておくんだった。(^^;

 空港で慌しくお土産を追加し、羽田では乗り継ぎ時間が無いためにバスで運ばれ、とかち帯広空港に到着すると車は雪に埋もれていました。

 たった2泊3日の沖縄でしたが、とても充実したツアーでした。

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG
CASIO EXILIM EX-Z3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沖縄やんばるエコツアー 2日目

2009/01/24 (土)

 朝食前に野鳥観察ということで7時に出発したと記憶していますが、GPSロガーの記録は少し進んだ所で6:38となっていました。今回のツアーでは、時々GPSロガーが電波を受信出来ないことがありましたが、位置を測位した時点での時刻は正確だと思うものの、機械に頼ってメモしていなかったので自信がありません。6時出発予定だったかな。(^^;

 バスに乗っているとどこを走っているか分からないものですが、前回訪問の記憶が残っていて、県道2号線に入り安田方向に向かっていることが分かります。

 時間も位置も判りませんが、バス前方の道路の法面をヤンバルクイナが掛け上がって行きました。座席の位置によって明暗が分かれ、ヤンバルクイナの姿を見ることが出来たのは数名だけだったようです。

 途中から安田方向とは違う道に入りました。そこは私も初めての場所で、多分ヤンバルクイナの個体数が多い所なのでしょう。
 牧草地の縁に姿を現すことがあるということでバスを降りて暫く観察しましたが、残念ながらヤンバルクイナは観察出来ませんでした。
 ここでは、南部にはいないリュウキュウハシブトガラスが多数見られました。こちらのハシブトガラスより少し小さい感じです。

 前回沖縄に来た時には「キジバトかぁ」と思っていましたが、リュウキュウキジバトということで撮影。(^^;

Dsc00091t
 草地の縁に何かがいるとのことで止まって見るとシロハラクイナでした。
 あっという間に藪に入ってしまい、何とかシロハラクイナと分かる程度の酷い写真でした。(T_T)
Dsc00107t

 この辺りには、ヤンバルクイナを守るための色々な看板がありました。
Dsc00102

Dsc00114

Dsc00116
 

 一旦ホテルに戻り、遅い朝食の後は奥間林道、大国林道へ入ります。

 最初に訪れたのはこの場所。
Dsc00125

 やっぱりいるのかなぁ。(^^;
Dsc00128

 アカヒゲの鳴き声が聞こえるものの、姿は見えませんでした。
Dsc00131

 カンヒザクラとリュウキュウメジロ。
Dsc00203t

Dsc00242t

 皆、リュウキュウメジロに夢中です。
Dsc00262

 花の蜜を舐めています。
Dsc00296

 国指定天然記念物のオカヤドカリ。冗談で久高さんに「食べられないのですか?」と聞くと、勿論冗談で「黙っていますからどうぞ」と言われてしまいました。(^^; 天然記念物を食べられる訳がありません。(^o^)
Cimg4375t

 林道に戻ると、ススキ?と紅葉に気づきました。沖縄の植物ではあまり紅葉は見られないとのことでしたが、この一角だけは秋のような景色でした。
Dsc00318

 ここへの道も、これら行くであろう場所も、一昨年たった一度、しかも車に乗せていただいていたのですが、何となく記憶に残っています。

 やはりここに到達しました。やんばるの森を一望できる、比地川に架かる長尾橋です。
Dsc00320

 残念ながら今回もカラスバトには会えませんでしたが、素晴らしい眺望を楽しみました。
Dsc00321

 林道にある注意書き。当然のことを書かなくてはいけないのは寂しいですね。
Dsc00327

 道の駅ゆいゆい国頭でトイレとお土産購入です。今回はあまりお土産屋さんに行く時間は無いので、皆さん色々と買われていました。私も前回お気に入りだった数品を買いました。

 道の駅の横の電柱にサシバがいましたが、すぐに飛ばれてしまいました。(T_T)
Dsc00344t

 昼食は大宜味村の「笑味の店」です。
Cimg4379

 経営者の金城さんは香友会の会員で、料理の説明を受けながら沖縄の伝統的な家庭料理を盛り込んだという「長寿膳」をいただきました。
Cimg4396

 午後からは大宜味村にある水田(米ではなくてアヤメ科の植物)で野鳥観察です。水田の上をリュウキュウツバメが飛び交いますが、なかなか撮影することが出来ません。何とかツバメらしき姿を捉えたのはこの1枚のみです。
Dsc00364t

 畦にいるのはタカブシギと教えていただきました。
Dsc00384t

 こちらはアマサギです。
Dsc00441t

 久高さんが畝の間にリュウキュウヨシゴイがいるのを見つけました。良く見つけるものだと感心してしまいました。
Dsc00453t

 飛翔するコサギ。実ははっきりとコサギを観察したのは今回が初めてですが、足が黄色いので識別しやすいですね。
Dsc00514

 はっきり写っていませんが、カンヒザクラの中にいるのはリュウキュウヒヨドリです。こちらで観察されるヒヨドリよりもかなり色が濃い感じです。
Dsc00536t

 リュウキュウツバメに挑戦しているCさん。上手に撮れたのでしょうか。
Dsc00553

 続いて向かったのは国頭村安波にある「やんばる学びの森」です。到着が遅かったけれど久高さんの案内でネイチャートレイルの一部を見学しました。
Dsc00567

 キャノピーテラスの上で、学びの森を作るに至ったお話や、キャノピーテラスの目的など、興味深い話を聞かせていただきました。そしてキャノピーテラスにいるとヤンバルクイナやノグチゲラの鳴き声が聞こえてきます。姿は見えませんが感激しました。

 さらにトレイルを進み、吊橋の上にいると前方の茂みにアカヒゲがいたのですが、一列に並んでいたので姿を確認出来たのは前の方の数人だけでした。薄暗い場所でしたので、撮影はしませんでした。

 少し進むと、かなり近くでノグチゲラが鳴いていましたが、やはり姿は見えませんでした。

 フイールドセンターアタビーを見学した後は一旦ホテルに戻り、今夜の夕食も「居酒屋シーサーズ」ですが、夜も観察に出かけるために昨夜ほどの宴会にはなりません。そそくさと食べて飲んでホテルへ戻ります。

 20時過ぎにバスで出発し、先に出発していた久高さんと合流しました。観察するのはヤンバルクイナです。

 人数が多いので2班に別れ、私は最初の班に入りました。途中で懐中電灯を消し、双眼鏡で久高さんが照らす森の中を見ると、少し高い枝にヤンバルクイナがいました。濃いオレンジ色の嘴と足、特徴的な体の模様も確認出来ました。でも照らした時間は3秒程でしょうか。警戒されるので一瞬だけの観察でした。

 第2班が戻って来ましたが、ヤンバルクイナは警戒して木から降りてしまったようで観察出来なかったとのことです。見ることの出来なかったメンバーには申し訳ないと思いました。

 お腹がすいたのでホテルに帰ったら隣の寿司屋さんにでも行こうと思っていましたが、21時40分に戻るともう閉まっていました。(^^; 近所のスーパーで買っておいた泡盛とおつまみで済ませましたが、良く考えたら居酒屋シーサーズなら営業していたのかもしれません。失敗したなぁ。

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG
CASIO EXILIM EX-Z3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄やんばるエコツアー 1日目

 年が明けてから、天候に恵まれなかったり、何かと忙しかったりして野鳥観察に行く時間が取れなかったのですが、今年最初の野鳥観察は地元十勝ではなく、何と沖縄になってしまいました。(^^;

 沖縄やんばるエコツアーは、日本野鳥の会十勝支部と女子栄養大学香友会沖縄県支部提携で1/23(金)~25(日)の2泊3日で開催され、十勝から12名、羽田から7名、琉球大学観光産業科学部から4名が参加しました。
 また、日本野鳥の会やんばる支部副支部長、林野庁・森林国有林利活用策定委員会委員、沖縄県教育庁文化財保護指導員、環境庁自然公園指導員、環境省環境カウンセラーである久高将和氏と、日本野鳥の会主席研究員である安西英明氏をガイドとしてお招きするという、とても贅沢なツアーとなりました。

 ちょっと長くなりますがお付き合い下さい。(^^;

2009/01/23 (金)

 朝9:30にとかち帯広空港に集合しましたが、この日の帯広は-7.1度、小雪がちらつき、視界不良で飛行機の就航が心配だったものの、一便が無事に到着したので一安心です。
 フリース一枚と限界の薄着で空港に入りましたが、ダウンジャケットを着たままの参加者もいて邪魔じゃないの?と心配したものの、沖縄は寒波の影響でフリースを着ていても寒いくらいで、ダウンジャケットが羨ましいほどでした。

 定刻に出発し、羽田では関東からの参加者と合流してジャンボの2階席で昼食を摂りながら歓談していると、曇ってはいるものの那覇空港に無事到着、那覇空港からは先発していたIさんが合流しました。
 この日の那覇の最高気温は20.7度。何と27.8度の差ですから、参加者の一部は暑くてTシャツ一枚になった者もいました。もちろん私も。(^^;

 出迎えのマイクロバスに乗り換え、最初に向かったのは那覇空港の南側の豊見城市字瀬長。
 飛行機をバックに佇んでいるのはダイサギ。Dsc09972t
 中ほどの干潟にはダイゼンの群。Dsc09975t
 ここでもTシャツ一枚で外で観察しましたが、飛ばされそうな強風でちょっと寒いかな。(^^;

 次に向かったのは同じく豊見城市の通称S池。
 ここでは、何と日本に1羽しか飛来していないと思われるソリハシセイタカシギに出会いました。
Dsc09989t

Dsc09995t

Dsc09997t
 他にはダイサギ、コサギ、アオサギ、コガモ、オナカガモ、ハシビロガモ、バン、オオバン、アカアシシギ、コアオアシシギ、アオアシシギ、セイタカシギ、リュウキュウキジバト、リュウキュウツバメ、リュウキュウメジロなど、しょっぱなから素晴らしい観察会となりました。Dsc09984
 ちなみに、私はシギチの識別が大の苦手なので、上記リストの一部は見たのか見ていないのか不明です。(^^;
 ここでもTシャツ一枚で観察しましたが、流石に寒さを感じまして、以後は長袖シャツ着用となりました。(^^;

 那覇近郊での観察を終え、一路宿泊地の国頭村へ向かいます。途中の道の駅許田で先に沖縄入りしていた2名が合流し、宿泊地の地元国頭村の「ホテルみやしろ」に到着です。
 近隣にはリゾートホテルもありますが、今回のツアーの目的の一つに「お金は地元に」という考えがあり、やんばるの森の入り口に位置するホテルが選定されました。
 ホテルは4階建てですがエレベーターはありません。重い荷物を持って4階まで移動です。(^^;
Cimg4373t

 夕食は久高さんお勧めのホテルから200mほどの「居酒屋シーサーズ」。Cimg4353t

Cimg4351t
 メニューはお任せで出していただきましたが、どれも安くて美味しくて大満足でした。料理よりも飲みもの代の方が高くなっちゃいました。(私だけ?)Cimg4342t

 夕食後には久高さんを講師に、プロジェクターを使用してやんばる地域の自然環境や地域文化について勉強しましたが、集落ごとに異なる祭などとても興味深いものでした。

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG
CASIO EXILIM EX-Z3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

愛犬との別れ

 忙しくてblogに書き込めない日々が続いていますが、久し振りの書き込みは悲しいお知らせになってしまいました。

 我が家の愛犬、ヨークシャーテリヤのクッキーが、2月2日(月)10時20分に他界しました。11才3ヶ月と、室内犬としては少し早かったと思います。

 昨年の8月に心臓発作で心肺停止となり、女房が胸を叩いて甦生させ、その後は心臓の薬を飲ませていましたが、その後2度の発作があり、3度目だった1月31日(土)は私が甦生させたものの、かなり重篤で苦しそうでした。

 発作の度に体力が低下して歩いてもふらつく状態で、3度目の発作後はトイレに行くのもやっとの状態でしたが、私が出勤した後、「くっ」という小さな声をあげ、もう二度と息をふき返すことはなかったとのことでした。

 仕事を早く切り上げて19時30分頃に帰宅すると、居間のソファの上でいつもと同じように寝ている姿がありましたが、頭を撫でても、冷たくて、固くて、死を受け入れるしかありませんでした。

 24時間営業というペット霊園に電話すると、帰宅して風呂をあがったばかりという社長さんが快く引き受けてくれ、車で40分程のところにある施設で火葬していただき、もともと小さな犬でしたが、小さな小さな骨箱に入れて、自宅に連れて帰って来ました。

 生前は、多くの知人やキャンプ仲間の皆さんに可愛がっていただき、ありがとうございました。

Dsc00109
生前のクッキー 2008/11/16撮影

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »