« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

コガモ VS ハンター

 今日は久し振りに近所の十勝川を訪れました。

 分流には相変わらずコガモが群れていましたが、珍しい種は入っていないようです。

 着水した直後のコガモは綺麗な翼鏡が見えていてます。この後、羽を整えると翼鏡は隠れてしまいました。

Dsc09250t

 何故か、オナガガモとヒドリガモのメスだけがいました。

Dsc09259t

 暫く観察していると、オオタカがやってきて奥の柳の中に姿を隠しました。コガモは気付いていないようです。

 姿を隠した場所は、コガモが本流と分流の間を行き来するルートになっているところで、目の前を通過するのを待っています。

 寒風の中オオタカのハンティングを待ち続けると、ついに本流のコガモが飛び立ち、オオタカの前を通過して分流へ飛来しました。

Dsc09295t

 その直後をオオタカが追って来ます。

Dsc09296t

 コガモよりも小回りが効かないようで、コーナリングでコガモから大きく引き離され、目の前を通過して行きます。

Dsc09301t

 突然のオオタカの飛来に、分流でのんびりしていたコガモは大パニック!!

Dsc09307t

 しかし、若いオオタカは狩に失敗し、また柳の中に身を隠して次のチャンスを待っています。

Dsc09323t

 その後も何度かコガモを追うシーンが見られました。

 1対1のバトル。

Dsc09337t

 1対34のバトル。(オオタカは左下)

Dsc09356t

 残念ながらコガモの狩に失敗したオオタカは下流へ飛び去り、コガモ達はまたのんびりと寛いでいます。

 オオタカの狩のシーンは、ズームを50mm、ピントを約40mの状態のままでで撮影したため、ほとんどがピンボケでした。距離が大きく変化する飛び物の撮影は本当に難しいですね。AFじゃ追い付かないし、MFでピントを合わせ続ける余裕なんてありません。(^^;

 いつの間にか晴れ渡り、青空をバックにカワラヒワを撮影して帰宅しました。

Dsc09418t

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

十勝川中流域

 ハクガンが去ってしまったので、今日は十勝川の下流域ではなく中流域に行ってきました。

 訪れたのは、エコツアーの時と同じく千代田新水路。オオワシが増えてきたとの情報があり、目の前にわんさか・・・・と思ったのですが、タイミングが悪かったのか皆対岸の木々に留まっていました。

 よく鷲が集まる木には、オオワシが2羽と、オジロワシが4羽。

Dsc09031t

 左側のオオワシが飛んだので追って行くと、別の木にもオジロワシが2羽留まっていました。

Dsc09035t

 対岸の遠くの林に白く輝く点がいくつも見えるので、双眼鏡で確認すると沢山のオオワシが留まっています。

 こちら側にはオオワシの成鳥が9羽と幼鳥が4羽います。

Dsc09049t

 こちら側にはオオワシの成鳥が4羽とオジロワシが1羽います。

Dsc09050t

 合計、オオワシ19羽、オジロワシ7羽が一ヶ所で観察出来ました。

 暫く眺めていましたが動く様子がないので諦め、十勝川水系の帯広川へ向かうことにしました。

 順光で撮影可能なポイントには、今日も釣人が入っているために鴨類は皆無。(--#

 逆光になる上流に移って群れている鴨たちを見ていると、先々週には見られなかったミコアイサが随分と増えていました。

 このミコアイサはどちらも雄ですが、左側は換羽が遅れているようです。

Dsc09101t

 少しだけアメリカの血が入ったヒドリガモ。

Dsc09118t

 ここでのお目当てはクビワキンクロですが、キンクロハジロ自体も少ないし、寝ている個体が多くてなかなか見つかりません。

 しかし見つけました。最大の識別ポイントである嘴は見えませんが、体側の黒い部分の波打ち形が大きいこと、境目のクッキリしていることはクビワキンクロの特徴ですし、何と言ってもマウンテンゴリラのような頭部は隠しようがありません。(^^;

Dsc09126t

 車内でロクヨンを一脚で支えながらの無理な姿勢でしたが、嘴を確認するまではと頑張っていると、一瞬だけ顔を上げてくれました。でも、よほど眠いのかまた顔をうずめてしまいました。

Dsc09131t

 今日はどの鳥も距離がありすぎて、きれいな写真は皆無だったのが残念です。

SONYα700
MINOLTA AF600/4 APOTELE G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

アオシギGET

 GETと言っても生け捕りにした訳ではありません。(^^;

 昨日の朝、通勤のため駐車場から勤務先へ向かう途中、いつもなら直進する交差点の信号が変わりそうになりました。ダッシュすれば渡れましたが、急ぐ必要も無いかなと左側の歩道に渡ったところで素晴らしいお宝に遭遇したのです。

 歩道際の建物の下に、シギが横たわっているではありませんか!

 暫くフリーズして見ていましたが、持ち帰ろうと慌てて鞄の中を探してもシギを入れられるような袋はありません。時間はあまりないけれど車に戻ろうと振り返ると、信号で止まっている車の運転手が何を見つけたんだろうと不思議そうに私の足元を見ています。(^^;

 駐車場に戻り、薄いポリ袋を見つけてシギの死体を回収し、職場の冷蔵庫のフリーザーに入れようと思いましたが、ポリ袋を突き破って飛び出している嘴が見つかってしまって女性職員に拒絶されてしまいました。(^^; たまたま氷点下8度と冷え込んでいたので、職場の建物の北側の壁にぶら下げて保管することにしました。

 すぐに日本野鳥の会の支部長に電話したところ、お昼休みに回収に来てくれるとのこと。

 実は私はシギの識別が苦手で、せいぜい一桁位しか判らないのですが、支部長は一目見るなり「アオシギです」と言うではありませんか。どうして判るんだろう。
 私の所属している支部では野鳥の死体を集めて標本を作っているのですが、アオシギは無いそうで、支部長は「素晴らしい!!」と喜んでいました。(^^)

 これがGETしたアオシギです。

Cimg4307t
Cimg4308t

 アオシギが死んでいた建物は川沿いにあり、以前にもハシブトガラが衝突して死んでいたので野鳥の通り道なのかもしれません。

 この日から、鞄には回収用の袋を常備し、行き帰りに必ず地面をチェックするようになりました。(^^;

CASIO EXILIM EX-Z3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

モニターが・・・その後

 地元に出店している家電量販店でビデオカードを探したが、まったく置いていない。
 唯一の自作パソコン専門ショップに行くとAGP対応のカードは2種類しかなく、そのうちで性能が高い方を選ぶしかなかった。

 購入したのはASUS AH3450、Made in Chinaである。(^^;

 CPUはATI RADEON HD3450 メモリ256MB DDR2。

 さて早速カードを取り替えてドライバをインストールすると、一応画面は綺麗に表示されるようになった。
 しかし、今一つピリっとしない。

 何と言うか、文字がぼやけていると言うか、滲んでいると言うか、目が疲れるのである。

 それよりも、写真もぼやけているいるのには困った。

 モニターとの相性? 設定が合っていない?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

ハクガン去る?

 今日も十勝川下流域を訪れた。目的はハクガンの動向。

 途中、昨年まではオオワシがお気に入りだったようだが、今年はオジロワシがお気に入りにしてしまったトドマツをチェックすると、やはり2羽のオジロワシが留まっていた。

Dsc08838t

 この写真のすぐ下にもう一羽いたが、枝被りが酷いのでトリミングしてカット。(^^;

 午前9時過ぎにいつものM沼の水面をチェックしたが、オオハクチョウと少数のオオヒシクイが見えるだけで、ハクガンもマガンも見当たらない。

 先週降りていた牧草地に行ってみたが、ガン類は一羽もいないし飛翔する群も皆無という状況から、21日に確認されていた24羽のハクガンは、21日午後~22日あたりに南へ渡ってしまったようだ。

 ハクガンを諦めて海岸へ出ると、女房がホバリングしているノスリを見つけた。

Dsc08893t

 距離があったのと逆光のために写真は酷いものとなったが、トリミングして明るさを調整すると、脇の暗色部、尾羽の先の暗色帯から、どうもケアシノスリのようだ。

Dsc08914t

 ただ、図鑑に載っている情報だけからの判断であり、ノスリとケアシノスリの識別にはまったく自信が無い。(^^;

 きれいな青空をバックにしたカワラヒワ。

Dsc08923t

 キタキツネの体形は厳しい冬に備えてふっくらしてきた。

Dsc08927t

 雪を被った日高山脈を背景に飛ぶカワアイサの群。

Dsc08941t

 タンチョウは珍しくなくなってしまった。(^^;

Dsc08961t

 Y沼を訪れると、対岸の森にオオワシが飛来した。しかし距離がかなりある。

Dsc08969t

 600mm+2Xテレコンの35mm換算1,800mmで撮影してトリミングしたのでこんな写真になってしまった。(^^;

Dsc08972t

 帰宅途中、たまにはスズメも撮影。

Dsc09022t

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG
MINOLTA AF600/F4 APOTELE G + SONY 2.0X TELE CONVERTER

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

モニターが・・・

 昨夜会合から帰って寝ようとしたら、女房がメインのパソコンの画面が変で使えないと言う。先日来、内臓バッテリーの電圧が低下しているとのアラームが出ていたので、関係あるかなぁと思いつつ寝てしまった。

 今朝目が覚めて、ふと昨夜の会話を思い出した。パソコンの電源を入れると、こんな画面になる。

Delldisp

 さて、モニターだろうか?ビデオカードだろうか?

 モニターがもう1台あれば繋げてチェック出来るのだが、今のところ確認する手立てが無い。

 どなたか、こんな画面の経験者はいないだろうか。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

十勝川下流エコツアー

 11/14,15,16と日本野鳥の会十勝支部主催の「十勝川下流エコツアー」があり、まだ新人である私は「現地参加者」の立場で参加させていただいた。

 ただ、何もしないでお客さんとしているのも申し訳ないので、講師と参加者の出迎えまではスタッフとしてちょっとだけ働かせてもらった。(^^;

 11/14は、帯広空港へプロカメラマンの叶内拓哉氏を迎えに行かせていただいたが、野鳥撮影を趣味(証拠写真ばかりだけど)にしている私には雲の上の方であり、このうえない幸せであった。

 午後から再度帯広空港へ向かい、東京便、名古屋便で到着されたお客様を出迎えて宿泊地の十勝川温泉に入り、ここから先は私も純粋な参加者としてお世話になる立場に。

 地元食材による夕食時には、叶内拓哉氏のスライドショーと講演を楽しみ、翌朝はAM6:00から行動開始であるために早々に床に就いた。

 11/15,いよいよエコツアーの開始。5:00少し前に起床して準備を整え、朝食前に向かったのは市内の高校に隣接する柏林。

 柏林に入る前に構内を散策したが、シロハラゴジュウカラとエゾリス、そして散歩している市長に遭遇。(^^;

 柏林とカラマツ並木の間の道を進み、シジュウカラ、ハシブトガラ、シロハラゴジュウカラ、キクイタダキ、ヒガラ、ツグミなどを観察。
 柏林を抜けて小川のある場所に出るとシマエナガの群、ミヤマカケス、遠方にノスリなども見られた。
 ちなみに、今回はカメラを持って来てはいるが、できるだけ観察に徹しようと、見慣れている野鳥は撮影しないことにした。

 朝食の時間のこともあり、7:20に観察を切り上げて十勝川温泉に戻り、もちろん地元のパン、チーズ、牛乳などの朝食を楽しむ。

 朝食後、今回のツアーのメインイベントである十勝川流域の探鳥へ出発。

 最初に訪れたのは十勝川河川敷に設置されたタンチョウの給餌場。

Dsc08343t

 ニオのような形に組んだものの中に給餌のための容器が入っており、この辺りが繁殖地、冬場の塒として定着することを目指しているとのこと。

 この橋の写真のどこかにハヤブサが写っています。さて見つかるでしょうか。(^^;

Dsc08356t

 下流へ進むと反対側の河畔林にオオワシが佇んでいたので歩いて近付くと、川面にいたホオジロガモの群が飛び立った。

Dsc08385t

 そんなことには動じないオオワシ。

Dsc08398t

 千代田新水路下流のオジロワシ(幼鳥)とオオハクチョウ。

Dsc08422t

 上流に向かって飛翔するオジロワシ(幼鳥)。

Dsc08455t

 その後、下流域まで一気に進みガン類を観察。

 ガハハン、ガハハンと鳴きながら通過していくオオヒシクイ。

Dsc08479t

 牧草地には24羽のハクガンと、数百のマガン、オオヒシクイが降りていた。

Dsc08484t

 来週からは気温が下がるので、年内のハクガン観察もそろそろ終りかもしれない。

 近くの港に行くと、漁船が戻っているためか大量のカモメが乱舞している。

 港に入ることは珍しいと思われるミツユビカモメ。

Dsc08546t

 ゼニガタアザラシのコロちゃんがいる近くの岸壁の上にはおびただしいカモメの群。

Dsc08552t

 オオセグロカモメ、セグカモメロ、ワシカモメ、シロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、カモメがごちゃ混ぜ状態。(^^; そして奥の岸壁からもカモメが湧いてくる。

 ちなみに、コロちゃんはあまりにもだらしない姿だったので掲載不能。(^^;

 日没時間が迫ってきたので、タンチョウを探しながら宿泊地へ戻ることに。

 このタンチョウを観察した後に参加者で記念撮影。

Dsc08573t

 そして撮影が終わると、スタッフから「コアカ!」と声が。

 えっ?ホオアカ?と思ってすぐ横のイタドリの幹に目をやると、何とコアカゲラが。

 残念ながら撮影する前に飛び立ってしまったが、初めてであり、見られただけでも幸運だったと思う。

 戻る途中にも数羽のタンチョウに出会い、目的としていた鳥種+αを観察することが出来て充実した行程となった。

 この夜は、もちろん地元食材による夕食。そして食事後は叶内拓哉氏、北海道大学大学院地球環境科学研究院小野有五教授、NPO法人タンチョウ保護研究グループ百瀬邦和理事長によるトークショーとなったが、参加者の皆さんは早朝からのハードスケジュールでかなりお疲れの様子。(-_-)zzz (^^;

 11/16,AM5:00に起床して外の様子を見ていると、ツアー主催者の日本野鳥の会十勝支部長も起きていて、天候が悪いので予定していた然別湖方面は止めようと思っているとのこと。

 取り敢えず6:20からの探鳥会に出るための準備をしていると、時間を6:00と間違えて先にロビーに行っていた同室のフランス人F氏が戻ってきて、ロビーには誰もいないと訴える。(^^;

 結果的にロビーに集まったのは5人。昨日は全員出席だったのに。(^^;

 仕方がないので私が案内して十勝川の親水護岸でカモ類を観察し、戻る途中では至近距離でエゾリスを観察してホテルに戻った。

 朝食はイクラ丼とマツカワのアラ汁。美味かった。

 天候不良のために予定の然別湖を中止し、十勝川流域で野鳥とサケを観察することになり、千代田新水路に到着すると至近距離の木にオジロワシが留まっていた。

Dsc08599t

 やがて飛び立ったオジロワシの後ろ姿。

Dsc08608t

 飛び去るところをMFで追ったためにピンボケの写真しか無かったのだが、尾羽の黒い2つの点に注目。
 このオジロワシは成鳥だと思っていたが、この点が消えたものが成鳥で、4歳(多分)で消えるとのこと。
 多分とは、説明を受けたのにメモをしないという私の悪い癖で、うる覚えのため不確実。m(_ _)m

 サケが産卵のために浅瀬に来ている場所を観察し、小野教授からとても勉強になる話を聞く。

 少し下流に向かうと、霧が残って視界は良くなかったが、オオワシが飛翔し、側の木にはオジロワシが2羽という贅沢なシーンが見られた。

Dsc08618t

 河原ではオジロワシの幼鳥がサケの死骸を食べていたが、もう一羽の幼鳥が横取りしようと襲いかかる。

Dsc08682t

 取られてならじともう一羽が迎撃。

Dsc08684t

 この後、昼食のために帯広市内へ向かうことに。
 
 愛知県から参加の同室のS氏を含む7名は、レンタカーを利用して然別湖のナキウサギを堪能する予定だったが、悪天候のために然別湖が中止となったために別行動とし、クビワキンクロの飛来地に寄ってサホロへ向かうことになった。

 昼食を食べているとS氏よりクビワキンクロを観察できたとの一報が入った。
 10/8に観察されたという情報はあったが、その後の情報は無いし、私もしばらく現地には行っていなかったので場所を紹介した手前心配だったが、観察出来て本当に良かった。

 昼食後は帯広市内を散策という予定だったが、叶内拓哉氏がクビワキンクロがいるのならそちらの方が良いと提案し、またまた予定を変更して観察ポイントへ向かう。

 いつものポイントには釣り人が入っていたためにカモ類は皆無だったが、上流には大量のカモやオオハクチョウがいたのでそちらへ移動。

 バスの中から水面を探すと、すぐにクビワキンクロは見つかった。

 名前の由来となった首の茶色い輪が見える。

Dsc08765t

 ちょっと怖い正面顔。(^^;

Dsc08766t

 キンクロハジロとの比較。嘴の白い縁取りが明瞭で目立つ。

Dsc08776t

 ホシハジロも入っていた。

Dsc08764t

 叶内拓哉氏の話では、クビワキンクロは多分日本に一羽しか来ていないはずとのことで、参加者は珍鳥に出会えたことを喜んでいた。

 ここを最後に帯広空港へ向かい、空港に置いてあった私の車に荷物を積んでロビーに戻ると只ならぬ雰囲気だ。

 何と、霧のために最終便を除いて午前から全て欠航になっており、最終便は満席とのこと。

 急遽千歳-羽田便を押さえ、帯広から南千歳まではJRでの移動となってしまった。

 ツアーでは多くの野鳥に出会えて素晴らしかったのだが、羽田便の7名が最後に大変な目に会ってしまったのは残念だった。

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

ハクガン まだ24羽

 今日は日本野鳥の会十勝支部主催の「十勝川・天然記念物の野鳥観察会」があり、スタッフとして参加してきた。

 その中で、十勝川下流域を訪れた際にハクガンのポイントをチェックしたが、今日も元気に24羽のハクガンが飛び回っていた。

Dsc08217t

 来週は本州からのお客さんを迎えてのエコツアーがあるが、何とか週末まで本州に渡らずにいて欲しいものだ。

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

デジタル水準器 返品交渉

 商品説明が不足していたために、誤って買ってしまったベルボンのデジタル水準器アクションレベルだが、今日購入したヨドバシカメラ札幌マルチメディア店に電話してみた。

 話したのは以下の内容。

1.デジキャパ11月号に掲載されていたベルボンのデジタル水準器の広告には、対応機種についての記載は無かった。

2.ヨドバシドットコムで商品説明を確認したが、対応機種についての記載は無かった。

3.購入する時点で商品現物のパッケージをつぶさに読んだが、対応機種についての記載は無かった。

4.そのため、どの一眼レフでも使用可能と判断した。

5.購入後に装着しようとしたら合わなかったので、ベルボンのホームページを確認した結果、初めてコニカミノルタ、ソニーαには使用できないことが判った。

6.札幌から遠く離れているため、次に店舗に行けるのは12/13になってしまう。

 担当の方は上司に確認していただき、購入から1ヶ月を過ぎてしまうものの、快く返品に応じてくれた。

 良かった良かった。(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

久し振りの十勝川

 札幌へ出発する朝、ちょっとだけ近所の十勝川を覗きに行ってきた。

 前回訪れたのは8/31なので、随分とご無沙汰である。(^^;

 いつもの分流には、いつも通りコガモが群れている。

 中洲の枯れたヨモギに留まっているのはオオジュリンだろうか。この季節、ホオジロ科は鳥見初心者には見分けづらくて困ってしまう。

Dsc07722t

 着水前のコガモ♀。

Dsc07772t

 手前の枯れ草が晩秋って感じ。

Dsc07782t

 変身中の汚い顔。(^^;

Dsc07805t

 オナガガモって、他のカモと比べると首も長いんだなぁ。

Dsc07814t

 実は、この分流に到着した時にコガモが一斉に飛び立ったのだが、群が通り抜けようとした藪の中からオオタカが飛び出して見事にコガモを捕らえる瞬間を目撃した。

 オオタカの狩は何度も目撃しているが、成功したのは初めて見た。

 しかし、残念なことに車を運転していてカメラを準備する前の出来事だった。

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタル水準器

 伯父のお見舞いのため両親を連れて札幌へ行ってきたのだが、そのついで?にヨドバシでベルボンのアクションレベルというデジタル水準器を購入してきた。

 KX2_Birderさんの記事によると電池の持ちが20時間ということでちょっと悩んだが、コマめに電源を切ればいいだろうということで購入に踏み切った。

 前から見るとこんな形。

Pict0017t

 後ろ側にはLEDランプが5つ並び、水平だと真ん中のグリーンのランプが点灯し、斜めだとそちちらのランプが点灯する仕組み。

Pict0020t

 さてカメラのホットシューに付けてみよう・・・・・あれれ? 何だか形状が全然違うぞ??

 αシリーズのホットシューの形状はこんな形。(ホコリだらけで恥ずかしい(^^;)

Pict0024t

 製品には対応機種のことは全く触れていないし、説明書にも何も書いていない。

 ホットシューって特定の形状のことを言う言葉なのかい?

 知らなかった私が悪いのかい?

 これから買おうと思っている方、シューの形状を良く確認しましょうね。

 ああ、無駄遣いしちゃった。誰か私の買値で買い取ってくんないかなぁ。(^^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »