« ロングランキャンプ2008 No.06 利尻富士 | トップページ | U‐SPEAK バードボイスセット »

2008年7月22日 (火)

ロングランキャンプ2008 No.07 ヒグマ

 キャンプ最終日七日目の2008/07/12、今日は長距離になるので朝食は途中のコンビニで調達することにし、午前6時前に6泊7日お世話になったキャンプ場を出発。

 天気は曇りで時折霧雨がある程度で、未練たらしくサロベツビジターセンターに立ち寄ってみた。

 暫く駐車場で待機したが、期待する野鳥の姿も見えないのでいよいよサロベツ原野とお別れすることに。

Pict9520

 豊富町のセイコーマートで朝食を食べ、ひたすら南下。

 道の駅で休憩をとりながら走り、名寄市で燃料補給と昼食を調達。

 昼食は大雪湖畔の防災ステーションでとり、のんびりと休憩したが、この辺りは青空が見えていた。

Pict9524

 昼食後、三国峠へ向けて走行中、ユニ石狩川を越える橋で女房が叫んだ。「熊がいる!!」。

 左側の取り付け道路のような斜面に、結構大きい羆(ヒグマ)が地面に顔を突っ込んでいた。

 少し行き過ぎたのでバックし、恐ろしいのでフロントガラス越しに撮影。

Dsc05303

 折角のチャンスなので、運転席から身を乗り出して撮影するが、こちらの存在に気付かないのか無視しているのか顔を上げてくれない。

 勇気を出して大声を上げると、ムクっと顔を上げた。

Dsc05317

 おおっ!こちらに向かって来るのか?

Dsc05321

 しかし、よほど美味しい物を見つけたのか、また地面に夢中になって顔を突っ込んでいる。

Dsc05327

 写真は500mm、ノートリ。距離は30mほど。

 クラクションを鳴らしても無視されたので、この羆は人を恐れていない危険な固体なのかもしれない。

 警察に通報しようと思ったが、携帯は圏外だし、撮影している間に通過する車両もいないので諦めて出発した。

 私は学生時代に山岳部にいたり、若い頃は渓流釣りをしていたのだが、野生の羆に遭遇したことは無かった。

 北海道は羆の巣窟のように思われているが、実際に遭遇するチャンスはほとんど無いに等しく、人生50数年で初めての経験だった。

 最近、羆目撃のニュースが増えており、その度に女房と「見てみたいね、行ってみようか」などと話していたのだが、遂に念願が叶った。

 もっとも、車に乗っていたから悠長なことを言っているが、これがトレッキングの最中などだったら生きた心地はしなかっただろうし、下手をすると命を失っていたかもしれない。

 興奮冷めやらぬまま峠を越え、十勝に入ると天候は一変して激しい雷雨となった。

 途中で稲光を撮影しようと試みたが、ことごとく失敗。(^^;

 自宅に到着する頃には雨も収まったのだが、ふと気付くとトレーラーのバックアイカメラの信号が途切れている。

 帰着してから断線かと思って調べると、何と105Ahのサブバッテリーが過放電となっている。

 冷蔵庫をACで作動させたことが原因なのだろうけれど、走行充電は追い付かなかったのだろうか。

 良く考えるとヘッドを入れ替えてから、走行充電時の電流量などを調べていなかった。

 冷蔵庫のオリフィス清掃など、次回キャンプまでの課題が増えた。

 本日の行程 389.7Km、8時間59分 By DL/G*201

KONICA MINOLTA α-7 DIGITAL
SONY Vario-Sonnar T*DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

SONYα700
SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG

|

« ロングランキャンプ2008 No.06 利尻富士 | トップページ | U‐SPEAK バードボイスセット »

コメント

おおっ!熊ですね!
三国峠ですが、自分の知り合いも21日に目撃したそうです。(^^ゞ
かなり人に慣れているようですね。
それにししてもデカイ!5歳以上ですね。

投稿: サダ吉 | 2008年7月23日 (水) 06時41分

すごい、すごすぎます

投稿: おおたに | 2008年7月23日 (水) 19時05分

サダ吉さん、おおたにさん、お晩です。

足元のタンポポモドキの背丈から類推すると、背中までの高さは80cm程でしょうか。

昭和45年に日高山脈で福岡大生3名を食い殺した羆の剥製よりも、はるかに大きかったです。

昔読んだ本に、肩が金毛の羆は獰猛で危険だと書いてあった記憶があるのてすが、その本が何だったかも覚えていないので、この説はかなり曖昧ですが、大声を上げ人間の存在を知らせ、更にクラクションを鳴らしても退散しなかったということは、かなり危険な固体ではないかと思います。

天候に恵まれなかった一週間でしたが、最後にクライマックスを迎えることが出来、思い出深いキャンプになりました。(^^)

投稿: ちょんぱぱ | 2008年7月23日 (水) 21時58分

桂沢湖の熊みたくそのうち追いかけてくるかもしれませんねぇ。
こわいこわい、

でも、ラッキーですね。

投稿: 呂比須 | 2008年7月25日 (金) 18時00分

呂比須さん、毎度。

羆を撮影出来たのは本当にラッキーだったと思います。
各地で目撃しているニュースは有っても、写真に撮ったという話は無いですからね。

投稿: ちょんぱぱ | 2008年7月25日 (金) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157207/41941578

この記事へのトラックバック一覧です: ロングランキャンプ2008 No.07 ヒグマ:

« ロングランキャンプ2008 No.06 利尻富士 | トップページ | U‐SPEAK バードボイスセット »