« mont-bell カモワッチブラインド | トップページ | コウモリ »

2008年6月 8日 (日)

LOGOS クイックスクリーン3030・プラス FR-G

 子供達がキャンプについて来なくなってから、夫婦2人でのキャンプはタープだけで、スクリーンテントを建てることは無くなっていた。

 しかし、先月のキャンプでは蝿の大群に見舞われるし、来月のロングランキャンプは蚊・ブユ・アブの季節でもあることから、標題のロゴスのスクリーンテントをナチュラムから購入し、この週末に使ってみた。

 このスクリーンテントを選んだ理由は、クイックタイプであること、そして夫婦2人での利用には最適なサイズ(3m×3m)であると思われたから。

 取扱説明書では2人で設営することとなっていたが、1人で建てられなくては意味が無いので、今回初めての設営であったが1人で挑戦してみた。

 ケースから取り出すところから始め、テント本体の立上げまでは4分。
 ペグダウンに6分。
 張り綱を張って完了まで5分の計15分。

 ロゴスのスクリーンテントは、おおたにさんのLOGOS SPACE BASE 600FR-Gの設営を手伝ったことがあることから、ジョイント部の差し込み方法のコツを知っていたために苦労はしなかった。

 しかし、4本のポールに2箇所のジョイントがあるのだが、1本のポールの2箇所のジョイントを差し込み、それを順番に4本という順序にしようとすると、中央部が上手く立ち上がらずに難儀した。

 結局、最初に頭頂部側のジョイントを4本差し込み、続いてサイド部のジョイントを順に差し込みながら立ち上げれば1人で建てることは可能であった。

 この思考錯誤を含めて4分で立ち上がったのだから、次回は何分で立ち上げられるか楽しみである。

 ちなみに、付属のペグはプラスチック製であり、中札内園地では使うことは無理である。
 スノーピークのソリッドステークでないと打ち込むことは出来ない。

 設置すると結構大きく感じる。

Cimg1084t

 内部の配置は、イスを対角線に置くことによって足元を広く出来る。

Cimg4222

 虫が来ないのでクッキーも安心。

Cimg1070

 食事の時も一緒にいられるようになりました。

Cimg1079t

 このスクリーンテント、サイド側のフライシートを開ける時、ファスナーを上から下へ下げてフライシートが上側から開いてくるようになれば完璧だろう。

 下から開けるこのタイプだと、全開か全閉かのどちらかしか選べないが、逆にすれば好きな位置でフライシートの開き具合を調節出来るため、寒い時でも温度調整が可能になる。ロゴスさん、よろしく。

 ちなみに、撤収時間はペグ・張り綱の始末まで7分、畳んでケースにしまうまで3分の計10分であった。

 ポールを束ねるゴムバンドを車のトランクに置いてあったため、一度取りに戻ってポールが開いてしまったが、最初から手元に用意していれば更に時間短縮が可能となるだろう。

 それから、内側の頭頂部にランタンをぶら下げるフックがあることを期待していたのだが、残念ながら付いていなかった。

 今日、ランタンスタンドも購入することにした。(^^;

|

« mont-bell カモワッチブラインド | トップページ | コウモリ »

コメント

いいなぁ!NEWなST。
我が家も、このくらいのが欲しいです。
で、ロゴスはやっぱりランタンフックが無いんですね。(^^
いっそのこと、天井に穴を開けてロープをポールに結んだらどうでか?(^^ゞ

投稿: サダ吉 | 2008年6月 8日 (日) 23時14分

>いっそのこと、天井に穴を開けてロープをポールに結んだらどうでか?(^^ゞ

とんでもありません。(^^;
ランタンスタンド、以前より欲しいとは思っていたのですが、やっと踏ん切りがつきましたです。

投稿: ちょんぱぱ | 2008年6月 9日 (月) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157207/41475128

この記事へのトラックバック一覧です: LOGOS クイックスクリーン3030・プラス FR-G:

« mont-bell カモワッチブラインド | トップページ | コウモリ »