« 久し振りのキャンプ その1 2007/09/15 | トップページ | 札内川園地(ピョウタンの滝) »

2007年9月25日 (火)

久し振りのキャンプ その2 2007/09/16-17

 のんびりと朝食をとって寛ぐが、雨は激しく振り続き、風も吹いてタープの中まで雨が入ってくる。
 しかし、その雨も9:30にはピタリと止んだ。

 しもさん、サダ吉さんの到着は夕方になるようなので、まずは茅沼温泉で汗を流す。
 その後、昼食に洒落た店はないかと探しながら標茶町方面へ走る。
 塘路に雰囲気の良さそうなレストランがあったので、他の買い物をしてから12:30に戻ってくると何と店は満席だった。

 店を覗いていると、赤ちゃんをおんぶした奥さんらしき方が出てきて15分程度の待ちとのことなのだが、駐車場も一杯なので電話をしてくれることになった。
 とても感じの良い方で親切なので嬉しくなった。(^^)

 塘路駅に立ち寄り、そろそろ時間かなと走り出すと電話が鳴った。
 席は予約席なのでゆっくりどうぞとのことだが、2分ほどで到着すると他にも待っている人がいて、なかなか人気のある店のようだ。

 店の名前は、Prezzemolo(プレッツェモーロ)と言い、客席は4人掛けテーブルが5つ、2人掛けテーブルが1つ、カウンターが4~5席あり、地元の常連さんも多いようだ。

Cimg3804

 メニューはパスタがメインで、ピザ、グラタン、ドリア、(酒の)おつまみなど。
 パスタはとても種類が多く、麺は細麺(1.6mm)と太麺(2.0mm)がチョイスでき、どれにしようかと悩んでいるとメニューとは別に壁に「おすすめパスタ」があるのに気付いた。

 そのおすすめから私は「カキとマッシュルームのパスタ(オリーブオイル)」、女房は「エビチリと白ごまのトマトソース(ちょい辛)」を選んだ。
 写真は、食べ出してから思い出して、慌てて形を整えて撮影したために少し減っているが、最初はもっと美しい盛り付けだった。(^^;

Cimg3800
Cimg3801

 味良し雰囲気良し応対良しと文句なしの三ツ星で、達古武オートキャンプ場は年に1度は利用するので、今後はこのPrezzemoloでの食事が定番となりそうな予感。(^^)

 食事に満足して達古武に戻ると、何としもさんが到着しているではありませんか。
 そしてサイトには謎のテントが?

Cimg3806

 まずは再会を祝して乾杯。しもさんは昼食がまだとのことだったが、昼食は根室で調達したサンマの刺身だった。(^^;

 さて、ちょっとお昼ね・・・・・・。

 目が覚めて外を見ると、既にサダ吉さんが到着してスクリーンテントも設営している。
 誰の姿も見えないので、写真を撮りに行っているのかと思ったとのこと。(^^;

Pict6869

 夕食の準備、と言っても炭を熾すだけだけど、たっぷりと熾してしもさんも起こす。
 昨夜に続いて百萬里のホルモンなのだが、なんたって百萬里はタレが素晴らしいのだ。

 ところが、タレを三つの器に分けようと袋を開けていて事件が起こった。
 手が滑り、タレの袋が逆さになったのだ。

 慌てて元に戻したが、タレの98%はサイトの地面に吸い込まれて行ってしまった。(T_T)
 僅かに残った2%のタレを三つの器に分け、少しずつ付けて食べたがやはり旨かった。(^^)
 しかし、たっぷりと付けるともっと旨いのに、とても残念なことをした。(T_T)

 持ち寄った食材を分け合い、満腹になった後はサダ吉さんのスクリーンテントに移って歓談。
 やっぱりなまらerは落着くねぇ。(^^)

09/17

 朝からしもさんはサンマの一夜干し。(^^;
 我が家はパス。(^^;

 朝食後にカメラ談義と記念撮影。
 我が家とサダ吉家はJUSCOに、しも家は帯広経由で旭川へ向かうことに。

Cimg3812

|

« 久し振りのキャンプ その1 2007/09/15 | トップページ | 札内川園地(ピョウタンの滝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157207/16564671

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのキャンプ その2 2007/09/16-17:

« 久し振りのキャンプ その1 2007/09/15 | トップページ | 札内川園地(ピョウタンの滝) »