2019年1月 3日 (木)

今日の鳥見その2千代田新水路 2019.01.03

 相生中島を後にして、こちらも超久し振りの千代田新水路へ行ってみました。

 もう鮭の遡上の季節は終わっていて、ワシ類も少なかったのはちょっと残念。

 ワシのなる木と言われるドロの木には、オオワシ2とオジロワシ1が羽を休めていました。

Dsc08564

 そして対岸斜面の林にもオオワシが1羽。

Dsc08568

 ここではオオワシ3羽、オジロワシ1羽だけと、最盛期を外すと寂しい限りです。

 これはドロの木を飛び立ったオオワシが着地しようとしているところです。

Dsc08575

 カラ類はいないかなと河畔林をソロリソロリと走り、もうこれで林を抜けるというところで10羽ほどの混群に出会うことが出来ました。

 忙しなく飛び回るカラ類をMFで追いかけるのは大変で、なるようになれとシャッターを切ったものの、やはり悲惨な結果となりました。(^^;

Dsc08596

ハシブトガラ

 久し振りに出会ったシマエナガも、枝被り、後姿、ピンボケばかりで満足の出来る写真は撮れませんでした。(T_T)

Dsc08640

シマエナガ

 最後に、たまには鳥見の相棒の写真も。(^^;

P1040080

愛用のスコープ Kowa SPOTTING SCOPE TSN-884 + 30倍ワイド接眼レンズ TE-17W

P1040083

鳥見の力強い足

 日高山脈を雪雲が越えはじめました。

Dsc08581

 風が強まる前に撤収です。

Panasonic DMC-TZ60
SONYα700 + SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の鳥見その1帯広川下流・相生中島 2019.01.03

 今年のお正月休みは6連休なので、何日かは野鳥観察に行けるかなと思っていましたが、連休最後の今日、やっと今年の初観察が出来ました。(^^;

 昨年は何かと忙しくて野鳥観察の時間を取れませんでしたが、今年は何とか復活したいと思っています。

 最初に訪れたのは帯広川下流域ですが、以前はオオハクチョウや鴨類が沢山いたのに、今日は何とまったく姿が見えません。

 平成28年に台風に連続して襲われて十勝が甚大な被害を受けた後、この地域を訪れたのは初めてでした。

 川底まで流されて、オオハクチョウや鴨類の餌になる水草が流されてしまったのでしょうか。

 また、向い岸の河畔林も風で倒れたのか流されてしまったのか、見通しが良くなりすぎています。

Dsc08490

水鳥の姿が消えてしまった帯広川

 最下流の橋よりも上流で見かけたのはカイツブリが1羽だけでした。

Dsc08492

カイツブリ

 最下流の橋から河口部を見ると、カワアイサの雄が2羽いました。

Dsc08496

カワアイサ♂

 気温は氷点下10度ほどですが、川霧が立ち込めています。

 橋の欄干に流木が激突したのか、大きく曲がっていました。

Dsc08499

 中州で草の実を啄んでいるのはベニマシコ冬羽。

Dsc08520

ベニマシコ♂冬羽

 相生中島もすっかり様相が変わり、以前はなかった流れにはカイツブリが2羽。

Dsc08533

カイツブリ

 更に先へ進むと道路が流されていて、昔大きな池のあった所へは行けなくなっていました。

Dsc08552

 車から降りて見渡すと、遠くにタンチョウが5羽いて採餌しているようでした。

Dsc08550

 明らかな幼鳥の姿はなく、この5羽が家族なのかは不明です。

SONYα700 + SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

Colemanツーバーナー MODEL5435 レストア

 友人から無償でいただいたプロパン仕様のツーバーナー、貰ったときからかなりの使用感があったものの、使うには支障がないので私は満足していました。

 ところが、今年6月のキャンプ時に女房が繁々と覗き込んで一言、「悲しいね」。

 確かにレンジは油汚れが激しく焼け付き、ケースもサビとか塗装の剥げが目立ちます。

 レストア前に写真を撮っていなくて、キャンプ時に偶然写り込んでいたのが下の写真です。

P1030021

 レンジ部分の汚れが凄いですね。

 で、分解してワイヤーブラシでこすってみると、意外と簡単に汚れが落ちます。

Dsc_3444

 この時点で「しまった、レストア前の写真を撮っていない」と気付きました。(^^;

 ワイヤーブラシで焼き付いた汚れを落とした後、純石鹸と重曹で磨きましたが、黒いシミは錆なのか取れません。

Dsc_3460

 ケースも油汚れが酷かったので純石鹸でこすったら、何と塗装が剥げてしまいました。(T_T)

Dsc_3462

 仮に組み立ててみましたが、あんまりです。

Dsc_3464

 こうなったら全塗装しかありません。(^^;

 レンジ部分には、アサヒペンのつや消し銀の耐熱塗料を買いました。

P1030989

 バーナーと点火装置をマスキングして塗装すると、何ということでしょう、まるで新品のような輝きが戻りました。(^^)

P1030991

 ケースもマスキングして塗装します。

P1030993

 オリジナルの塗装はかなり暗いグリーンで、ホームセンターで探してみましたが同じような色は見つかりませんでした。

 そんな中、一番暗い緑だったのがアスペン(アサヒペン)のローングリーンです。

P1030996

 下の写真、左側がオリジナルの塗装で、右側がローングリーンですが、かなり明るくなってしまいそう。(^^;

P1030999

 塗料が乾いたところで組み立てて着火してみました。

P1040012

 まるで新品じゃないですか。(^^)

 色についても、こんなコールマンあるよねと思える色合いです。(^^)

 来月、再デビューします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

FIAMMA Rain Guard

 キャンピングトレーラーのサイドオーニング、壁との間に若干の隙間があるために雨が降ると隙間から雨が入り、トレーラーの壁際に置いたバーナーや踏み台、靴などが濡れることがあります。

P1030946

 色々とオーニングのパーツなどをショップのサイトで見ていて、これはいいかもと思ったのがフィアマレインガードでした。

Rainguard

 トレーラーに付けているオーニングはFIAMMA F1s 2.6mですが、レインガードは1m単位の切り売りのため3m購入しました。

P1030944

 ちょっと苦労しつつも付け終わると、何とレインガードが浮き上がっていて隙間がたっぷりあります(^^;

P1030949

 FIAMMAの画像と比較するとオーニングの取り付け位置が大きく異なり、オーニング本体の上部が屋根の高さとほぼ同じで、しかも少し外側に傾いています。

 真っ直ぐ上からとか、写真の右方向からの雨ならいいけど、左から吹き付けると雨を集めるかも。(^^;

 今は寒くてレインガードの素材がカチカチだけど、夏になると柔らかくなって屋根にくっ付くかなぁと淡い期待。(^^;

 重石を載せて強制的に癖を付けなきゃだめかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

ヒヨドリの悲劇

 昨日(2018.01.13)の朝、我が家の台所のすぐ前の木で、ヒヨドリがハイタカに捕食されました。

 台所にいた女房が異変に気付き、雪の上に羽毛が散らばっていると言います。

 窓から外を見ると、散らばった羽毛の右手、我が家の家庭菜園の裏手にある借家の前にハイタカが降りていました。

 足元にはヒヨドリらしき鳥が捕まっていたので、慌ててコンデジで数枚撮影し、その後動画に切り替えました。

 手持ちではグラついて酷いのでミニ三脚をセットし、あらためて動画での撮影をしつつ、一眼レフでの撮影もしたのですが、窓ガラス越しで綺麗に撮影出来ないため、動画は止めてそおっと窓を開けて一眼レフでの撮影を続けました。

 08:41 台所の窓ガラス越しにコンデジで撮影。

 ヒヨドリを捕らえた直後でヒヨドリはまだ生きており、必死にもがいています。

P1030629

 08:50 これ以降は窓を開けて一眼レフで撮影。

 羽毛をむしり取り、肉をむさぼっています。

 幸いにもヒヨドリの骸は見えませんでしたが、時折持ち上げこともありました。

Dsc07504

 09:50 捕らえてから70分を経過しました。

 素嚢がパンパンに膨らんでいて、この時は完食してまどろんでいるものと思いました。

Dsc07622

 09:57 立ち上がりました。いかにも猛禽らしい脚です。

Dsc07652

 10:08 また食べだしました。

 この後、尾羽をむしり取って肉を啄んでいました。

 厳しい冬を乗り切るためなのか、何一つ残さずに食べるようです。

Dsc07685

 この後も10:30までは観察を続けていましたが、出かけなければならなかったので断念しました。

 11:40頃に帰宅すると既に姿は見えませんでした。

 このハイタカは我が家近辺を狩場にしているようで良く見かけますし、時折小鳥の羽毛が散乱しています。

 自然の掟とは言え、小鳥が可哀そうな気もします。

 以下に動画を載せますが、かなり残酷なシーンがありますので見たくない方はスルーしてください。

 

Panasonic DMC-TZ60
SONYα700 + SIGMA APO 50-500mm DG OS HSM

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«HOPE MANASLU 121